本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
藍染と懐石料理の宿 たてしな藍の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

本館のゲストは基本的に
部屋食のようでしたが
食事処の個室に空きが出たようで
そちらでいただくことに

18:00~19:00の間で選択
間をとって18:30にお願いしました
collage_photocat



















個室の席は
掘りごたつで楽ちん(・´ω`・)


新館は自動的に個室になるようですが
空いてる事も結構あるのかも
希望する場合は
早めに伝えておくと良いですよー。
collage_photocat



















最初に あたたかい紫蘇茶

ホッとするわあ

食前酒は 苺の微炭酸カクテル
collage_photocat



















お品書き

母はお酒を飲まないので
この日はワインは頼まず。

日本酒を使ったカクテルとか
オリジナルのメニューが豊富だった
P1190162 (Custom)














錦秋和え

焼いたシメジや蟹、菊菜などの白和え
ザクロが散らしてあって彩がキレイ~

P1190165 (Custom)














旬菜  ふたりぶんです
collage_photocat



















落鮎の一夜干し 木の子芋 塩入り銀杏
銀杏豆腐 焼き馬鈴薯鴨ロース重ね
イカと茸のワサビ和え


黄緑色の銀杏豆腐は
そのまま銀杏を固めたような濃さ

鴨ロースには粒マスタード

イカのワサビ和え、
舌がビリビリする刺激

秋らしい盛り付けですねえ
P1190173 (Custom)














舞茸真丈 芽蕪

柚子のいいかおり

ちっちゃな蕪がかわいい

美味しいお出汁ですー(*´∀`)
P1190176 (Custom)














信州サーモンの昆布〆 刺身湯葉

厚切りの信州サーモン

湯葉刺し、好きなんですよね~

とろっとしてうまーい(・´ω`・)

器も盛りつけも華やかでうっとり

それを、ものの1分で
パクパクっと食べちゃう母( ;∀;)


いや、好きなように食べていただいて良いのだけど

もうちょっと味わうとか、余韻とかさあ。。(ノД`。)
collage_photocat



















特選牛のワイン蒸し焼き

その場で焼けた石に
ワインをじゅばっとかけます


玉ねぎや、リンゴと一緒に蒸し焼きに

・・・当然、事前に蒸してあるので
箸で切れるほど柔らかい

肉厚なしいたけもうまし
P1190189 (Custom)














高原野菜と海老のすり身包み

キャベツロールのなかに
ふわふわの海老すり身団子


べっこう餡が濃すぎずいいあんばい
collage_photocat



















秋鮭クリーム焼き 

茶蕎麦イガ栗の中にはサツマイモ

まだ中盤だけど
品数おおいのですねえ


だいぶお腹いっぱいになってきました

母はまだまだいけそうな様子( ̄‥ ̄)=3

たぶん、ワタシよりたくさん食べられると思う
P1190199 (Custom)














山里秋の恵み盛り合わせ

これも2人ぶん

ちょっとずつ小皿にとっていただきます。
collage_photocat



















刺身こんにゃく  

きのこ3種和え
(おろし・お浸し・昆布〆)


白くてひらひらしてるのは
山伏茸というのだって

おもしろ食感

どれもさっぱりしてて
お腹にひびかない

黄色いほおずきは食用だというのを
聞く前に食べてる母

とにかく、早食いなのですよ昔から

お酒を飲みながらまったり食べる
連れとの食事に慣れてしまって
なかなか追いつけず。。
P1190209 (Custom)














里芋と鰊の田舎煮

ニシンは焼いてあって香ばしい

お出しがちょっと変わってて
うっすら甘めだった

それがまた里芋に合う

collage_photocat



















松茸ときのこの炊き込みご飯

赤出汁  香の物


母は普通盛り、ワタシは小盛り

いやー
予想よりボリュームありました


最後の方は苦しいぐらいに・・(;´Д`)

でも松茸ご飯は完食
おいしいんだもの~(*´艸`)

collage_photocat









デザートは 柿とマスカット

羽二重餅の中にキウイと小倉あんと生クリーム

手作りのようです
しっとり、上品な甘味


どれも彩が美しくて
ちょこちょこと色んな食材を食べられる

女性ウケしそうな懐石料理なんでした
collage_photocat



















食後はロビーに案内されて
ライトアップされたお庭を見ながら
ワインかグレープフルーツジュースをいただけます

母はジュースで
ワタシはワインをもらった

意外とカラフルなイルミネーション

躍動感ある音楽と連動して
どんどん色が変わります


ワタシ 「おいしかったね~(・´ω`・)あのワイン蒸し。。 」

母 「え?そんなの出たっけ?(・ω・ ) 」

ワタシ 「 Σ(゚д゚ )!! 特選牛のやつだよ!石にワインをじゅばっとかけたやつ!」

母 「あーー  そういえばあったね(・ω・ ) 」

まあ、そんなものよね・・・(ノω`*)

親というのは、喜ばそうとすると反応せず

意外な物に食いついたりして

予定通りにはいかないものです
collage_photocat









お部屋へ戻るとお布団が敷かれてて
冷水ポットも用意されてた

布団カバーはもちろん藍染
P1190253 (Custom)














お夜食の 蕎麦寿司

かんぴょうと玉子焼きが巻かれてる

蕎麦は軽いので
夜食にぴったり

母に食べられる前に
自分のぶんを平らげておいたんでした(≡ω≡.)



次回の朝食・感想編でラストですー

【たてしな藍の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪




本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
藍染と懐石料理の宿 たてしな藍の口コミはこちら