本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
笛吹川温泉 坐忘の口コミはこちら

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

夕食は食事場所の変更によって 
18:30の一択になりました

P1100376 (Custom) (Custom)














「懐石 まる喜」

神奈川県から移築した古民家を
改装した建物
元はお蕎麦屋さんだったそう

カウンター席もあって
真新しい木の香り
清潔感が漂う空間

P1100288 (Custom) (Custom)













ワタシ達は個室の掘りテーブル席へ

2組入れる個室だったけど
お隣は誰もいらっしゃらず。

P1100351 (Custom) (Custom)













食事が始まる前に
館主さんが挨拶に来てくださり
丁寧に「茶料理」の説明をしてくれます

公式サイトにちらっとお姿がありますが
俳優さん
と見まがう 渋い容姿の十八代目館主さん

にわかに緊張してくる。。。。

と同時に  すっごく楽しみ

焼物で出される「鶉(うずら)」が苦手なら
寒ブリにも替えられます、とのこと。

ワタシ達はそのままでお願いしました

P1100292 (Custom) (Custom)














お品書き

さすがの達筆   
ワタシでもなんとか判読可能(;^ω^)
一組に一枚だったので
連れはスマホで撮影して
それを手元で見てた。

P1100295 (Custom) (Custom)












期待通り まるき葡萄酒のワインがたくさん

料金もちょっとのせてるけど
頼みやすい価格設定

フランス産のブランドワインや
ヴーヴクリコ等シャンパンもあり

P1100296 (Custom) (Custom)












P1100299 (Custom) (Custom)












ソフトドリンクも充実

ビール、日本酒、焼酎なども揃ってますー

P1100303 (Custom) (Custom)














一汁三菜

これが「茶料理」の始まりらしい
今までにないパターンでわくわく

P1100304 (Custom) (Custom)











P1100305 (Custom) (Custom)











P1100307 (Custom) (Custom)











武川米   丁字麩の白味噌仕立て 

一番下の向付は 
てっぱい(烏賊・赤蒟蒻・葱・辛子酢味噌)

ほんのひと口のご飯の
甘さがじんわり・・( ・´ω`・ )

器も美しいし、
どれも繊細なお味

P1100309 (Custom) (Custom)













ほんの少しだけど
ご飯を入れたことで
落ち着いたお腹でワインを吟味

まるき葡萄酒 「いろ 甲斐ノワール」
3000円とは思えないバリューなワイン

P1100311 (Custom) (Custom)













煮物椀  蛤の潮仕立て

木の芽のいい香り
蛤はすり身になってます
しみじみ味わうお出汁。。。

P1100315 (Custom) (Custom)













お造り  平目 赤貝 ひらたけ

薄口と濃口を混ぜた加減醤油で
赤貝の食感がすごく良いですー

P1100317 (Custom) (Custom)














P1100320 (Custom) (Custom)










焼物  鶉の山椒焼き

取り分けていただきます
器の色合いがステキ。。。

P1100322 (Custom) (Custom)










山椒は適宜お好みで

大好物なので
たくさんかけた


普通の鶏肉より味が濃くて
なんとも滋味深い山の恵み


連れはもうちょい量が欲しそうだった

P1100325 (Custom) (Custom)














P1100328 (Custom) (Custom)










預鉢   こちらも取り分けます。

ふわっふわの穴子の白焼き

それが絶品お出汁に
たっぷり浸かってます
お、おいしい。。。。。。。


一緒に入った蕪や菜の花、湯葉にも
しっかり味がしみてて最高(*≧ω≦)


P1100332 (Custom) (Custom)














P1100334 (Custom) (Custom)










和牛焼き   

小さな焜炉で軽く炙って


何このおにくーー
うますぎる!


味噌をつけてもつけなくても
悶絶の美味しさ


P1100343 (Custom) (Custom)













箸洗い   のし梅

興奮さめやらぬまま
昆布茶に梅寒天が入ったもので一息

この時点で
連れと再訪を誓うんでした


P1100344 (Custom) (Custom)














P1100347 (Custom) (Custom)










P1100348 (Custom) (Custom)











八寸  鰯の卯の花  蕗の薹白菊揚げ

春の味覚・蕗の薹
この苦味が好ましくなったのは
いつ頃からだろう

鰯の卯の花というのも珍しいですー
軽く酢漬けになってるけど
酸っぱすぎない
なんだろう?すごく軽い食感なんです

P1100352 (Custom) (Custom)














P1100361 (Custom) (Custom)










湯斗   焦がし候

お焦げを薄いお出汁で煮たもの
ほんのりお焦げの香り
味はごく薄目なので
香の物と一緒にいただきます。

このあとご飯もでるんだけどね
こうしたメリハリがあるのも
茶料理の楽しさなのかも

それはそうと、美味しい漬物です。。

P1100363 (Custom) (Custom)














帆立ごはん   

柔らかめに炊いてある
帆立のうま味が染み込んでますー

2人前のうち半分よそってもらって
半分はお稲荷さんにして持たせてくれるそう


ゆっくりいただくせいか
一つ一つのボリュームは多くないのに
不思議とお腹いっぱいに

P1100367 (Custom) (Custom)













P1100368 (Custom) (Custom)













抹茶    練り切り

この桃の練り切り
ものすごく美味しい
梅味の餡が入ってますー


思わずスタッフのおねえさんにお店を聞いてしまった
宿の近くにある
「早川製菓」さん という小さな和菓子やさんの物だそう
ウェルカム和菓子の栗饅頭もそちらのもの。

もちろん翌日チェックアウト後に寄りました

P1100371 (Custom) (Custom)













水菓子   苺と林檎

市内で収穫された苺は
色はまだ薄かったけど、しっかり甘かった

P1100373 (Custom) (Custom)












自家製バニラアイス

きな粉がかかって信玄餅風

甘味もたっぷり出て
大満足


お料理も器も見事でした
いつもの会席と一味も二味も違うので
新鮮だった

3時間近く食べてたけど
全く飽きず、疲れず
素晴らしかったわあ( ・´ω`・ )

P1100385 (Custom) (Custom)













お部屋へ帰ると お布団が敷かれてます。

また大浴場へ行って、、、

P1100389 (Custom) (Custom)












帆立ごはんの入ったお稲荷さんを
堪能したんでした


次回の朝食・感想編でラストですー

【笛吹川温泉 坐忘の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

スポンサーリンク


ステキ温泉ブログがたくさん♪




Instagram

本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
笛吹川温泉 坐忘の口コミはこちら