本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
淘心庵 米屋の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─

伊豆は伊東のお宿に
数年ぶりに再訪してきました

全17室、すべてに
温泉の内風呂や露天風呂を備えてます

以前の訪問はもう7~8年前だけど
(過去レポは公開終了)
再訪チャンスを待ってました

「淘心庵 米屋」さん

共立リゾートの中では
ハイクラスな方だと思います。

夜鳴きラーメンのサービスがあるので
連れも乗り気(。-∀-)

・チェックイン15:00/アウト11:00
・『別邸』恵季~源泉かけ流し半露天風呂
ダブルベッド(34㎡)/月替り米屋会席
平日に2名利用で1名あたり24000円
・客室でWi-Fi利用できます
・ひとり泊OK

P1420260 (Custom)
五月雨に濡れて
風情を感じるエントランス

駐車場は坂道の下にあって
スタッフさんが荷物を運んでくれます。

collage_photocat
玄関まで続く敷石。

樹木が生い茂る敷地に一歩入ると
外界とは別世界の静けさ。。

この隠れ家的雰囲気、好きです

P1420267 (Custom)
玄関

お香の良いかほり。。

collage_photocat
ガラス越しに滝が見えるカウンターで
ウェルカム抹茶と和菓子を

カウンターの後方あたりに
ネスカフェのバリスタあり
滞在中いつでも自由にいただけます。

collage_photocat
お部屋へはエレベーターで移動

ここは省スペースで
お土産コーナーも兼ねてます。

梅干しや梅シロップ、
抹茶と一緒に出された和菓子など。

P1420081 (Custom)
客室は【本邸】【別邸】【離れ】とあって
我々はオレンジに塗られた
【別邸】の『恵季(とき)』のお部屋

建物はちょっと入り組んだ造りで
部屋によっては階段使用が多いです。

今回、部屋の位置は気にせず予約しましたが
『恵季』は貸切風呂や食事処が近くて
けっこう良いかも
(他の部屋よりややコンパクトだけど)

collage_photocat
『恵季(とき)』

生花や稲穂があしらわれて
ステキな誂え

P1410979 (Custom)
踏込

右手に居室。
左手に水屋とお手洗い。

P1410994 (Custom)
新しめのウォシュレット。

collage_photocat
水屋スペース

ぐり茶の淹れ方を書いてくれてたので
飲んでみたら、まろやかで美味しかった

collage_photocat
冷蔵庫はフリー
(但し夕食時の飲用は不可)

ビールがあって、連れ歓喜

伊豆みかんゼリーも冷やしてあります。

館内に市価で帰る自販機もあるので
飲物の入手には困らないとおもう。

P1410995 (Custom)
P1410997 (Custom)
琉球畳の8畳和室+ベッドルーム

広くはないけど
我々は充分くつろげました

ただ、ちょっと暗めなのと
食事処や配膳室に近いから
物音が気になることも

玄関からちょっとのぞけば
貸切風呂の空きを確認できるのが
利点なのだけどね~。

P1420004 (Custom)
ダブルベッドは板の間に。

ベッド幅170センチで
特別狭くはないけど
寝相が悪いと転げ落ちる可能性も

collage_photocat
作務衣と足袋靴下。

薄手のパジャマもあり。

どちらも柔らかい生地で着心地良し

collage_photocat
洗面スペース

バスタオルは1枚ずつだけど
大浴場や貸切風呂はタオル完備なので
持参の必要なし

タオル掛けも幅広で干しやすかった

基礎コスメはボトルの物と
トラベルサイズの用意あり。

P1410964 (Custom)
半露天風呂

パッと見ちいさく見えたけど
2人で入れるサイズ

写真だとわかりにくいですが
木の塀と腰壁の間、上部は隙間があいてて
ちゃんと外気が感じられます

ただ、眺望はないので
少し閉塞感あるかも。

開放感が欲しい方は
「露天風呂」を備えてるお部屋を推奨。

collage_photocat
洗い場あり。
バスアメはポーラ。

狭いので
シャンプーは大浴場でしました。

なみなみと張られた湯船は
浸かるとザバザバお湯が溢れて
気持ち良いですー

やっぱりお部屋にお風呂があるの、
うれしいですね(´ω`★) 

collage_photocat
鍵は1つ。

茶香炉があったので
焚いてみました

落ち着くわー( ・´ω`・ )


貸切風呂・大浴場編につづきます

【淘心庵 米屋の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
淘心庵 米屋の口コミはこちら