本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
今井浜温泉 桐のかほり 咲楽の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

「波の詩」の露天風呂と
貸切風呂のご紹介です

P1310900 (Custom)
「波の詩」の洗面スペース。

椅子あり。広くて鏡も大きい

collage_photocat
ちょっと暗めなんですが
手元を照らせるスタンド照明があるので
メイクも問題なくできました

collage_photocat
ドライヤーはパワフル

アメニティも一通り揃ってます。

基礎コスメは
資生堂のトラベルセット。

特にこだわりがなければ
手ぶらで来られそう

P1310913 (Custom)
バスローブがある(*´ω`)

雪白の物と薄いラベンダー色の2着。

どちらもやわらかいタオル地で
ナイスな着心地

collage_photocat
タオル掛けがちっちゃくてねえ・・( -д-)ノ

でもバスタオルが1人3枚ずつあるので
それほど困らなかった(・∀・)

ベッドルーム→シャワールーム→露天風呂
という造り

collage_photocat
シャワールームは横に長くて
両サイドに洗い場あり。

背中合わせに座るかんじです

P1310970 (Custom)
バスアメニティ

たまに旅館で見かけるやつね

P1310974 (Custom)
「波の詩」露天風呂

背中が少しカーブしてて
4/3ほどが浅くなってます。

これが寝湯にぴったりで
おもいのほかくつろげたわあ


特に長椅子のように
寝そべれる方が最高


他の客室は陶器など
露天風呂の形状が違うようです。
寝湯好きの人は「波の詩」、おすすめ

P1310977 (Custom)
引き戸を開けると
外気が流れこんできます

入浴目線で海は見えないけど
寄せてはかえす波の音が
ザバーン・・と聞こえてくる

collage_photocat
テラス側から見たところ。

浴室内に坪庭的なのがあって
和むわあ

温度調節はフロントにお願いしますが
この日はワタシ好みのぬるめで
そのままずっと入れたんでした

collage_photocat
お風呂上りはテラスに出て
潮風を感じながらビールなど

ここからはバッチリ海が見えますよー

collage_photocat
貸切風呂は階段を上がった2階にあります

「波の詩」のドアを開けて
上をチラ見すると
空きがわかるランプがあるので
いちいち目の前まで行かなくてOK

貸切風呂は空いていれば
夜通し自由に利用できます

collage_photocat
貸切風呂の前室に
マッサージチェアが2台。

ここは貸切風呂の空きにかかわらず
いつでも来られるので
夕食後にブルブルされに行きました

collage_photocat
貸切風呂の脱衣所。

タオルは部屋から持参します。

collage_photocat
バスアメと同じメーカーの基礎コスメ

シャワーキャップ・綿棒などあり。

源泉温度は94.6℃

河津のあたりは高温ですねえ

でもお部屋も貸切風呂も
どちらかというとぬるめで長湯できました

P1320038 (Custom)
貸切風呂

大胆に浅くなってますー(*´∀`)

というか・・ほぼ寝湯?(;^ω^)

座って半身浴するには
実にちょうど良いかんじ

P1320039 (Custom)
洗い場は3つ

貸切風呂はどのゲストも
1度は使用したっぽいけど
ずーっとランプが付きっぱなし
なんてことはなかったです

椅子の上に
スノコのようなのが敷いてあった。

P1320110 (Custom)
内湯なので眺望はないけど

ひたひたと腰まで浸かってられるので
わりとのんびりできました

連れは興味なかったみたいで
結局入らず
ワタシだけ2度利用


夕食編につづきますー

【今井浜温泉 桐のかほり 咲楽の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
今井浜温泉 桐のかほり 咲楽の口コミはこちら