本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
藍染と懐石料理の宿 たてしな藍の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

今回は母とふたり旅。
長野県は蓼科の
「たてしな藍」さん へやってきました
全17室のお宿です。

チェックイン時間より
20分も早く着いてしまったけど

駐車場まで
スタッフさんが小走りで来てくれて
すぐ案内してくれた
P1190278 (Custom)














苔むした石段のアプローチがステキ
collage_photocat



















広いお庭には
スタッフさんが丹精した
高原の植物がいっぱい

途中で石段が枝分かれして
休憩場所や
藍染工房が点在してます。

このお宿を選んだのは
母が一時期
藍染に凝ってたからなのです


工房では
ハンカチや日傘などの
藍染体験もできます。
(前日までの要予約)


でも今回の旅の目的は
あくまで、リンゴの収穫 
(詳細は1つ前のカレー屋さん記事に)


藍染体験は原則として
宿泊の翌日になるようなので
翌朝はやく出発するワタシ達は
時間が合わず。。。残念

collage_photocat









玄関の脇に喫煙場所あり。

客室も喫煙可能なようだったけど
臭いは全くしませんでした
collage_photocat



















玄関をはいると
お香のかおり。。(・´ω`・)


ピシッと並んだ草履や番傘
P1190087 (Custom)














ロビーへ
P1190088 (Custom)














純和風な宿かと思ってたら
ロビーはホテルのような雰囲気
collage_photocat



















ロビーからテラスへ出られます

夜はお庭がライトアップされて
幻想的に
collage_photocat









ロビーの一角に
ライブラリー的なスペースが

雑誌や書籍を少し置いてます。
P1190058 (Custom)














このロビーが結構活用されてて

・お風呂上りのところてん
(15:30~17:30)
・夕食後のワインやジュース
(20:00~21:00)
・朝食後のコーヒー
(8:00~10:30)

などのサービスあり

ロビーのソファーで
まったり過ごせる時間が
たくさんあった(・´ω`・)

P1180958 (Custom)














ウェルカム茶 と 宿オリジナルの水菓子

寒天?葛?の中に
こしあんが入った上品なお味

記帳をしてる間に
ロビーにいらした
全てのスタッフさんが
代わる代わる挨拶しにきてくれた

それが全然マニュアルっぽくなくて
1人1人、ちょっとした会話があって
個性を感じる接客なんでした

ワタシがあちこち写真を撮ってる間も
母とずっとおしゃべりしてくれたから
すっかりご機嫌になってた母
助かったわあ~
P1190109 (Custom)














売店は もちろん藍染めの品ばかり
collage_photocat



















藍色だけなのに
色んな風合いがあるんですねえ

さっそく食いつく母

じっくり眺めて

「これはかなり技術がいるわね

「この布でこういう色を出すには何年もかかるのよ

とか言いながら
夢中になって見てたんでした

・・・やっぱり
藍染体験させてあげたかったなー
段取りが悪くて申し訳ない


ちなみにワタシは
それほど興味ないんですが
藍染にハマると
家の中がどんどん藍一色になりますよね。。
コースターやランチョンマットから始まって
布団カバーや靴も染まり
最終的に父のジャケットも絞り染めに

いっとき、実家は藍色でした

なので
藍染フリークの方には
たまらないお宿なのかも
collage_photocat









さっきいただいた
オリジナル水菓子がおいしかったから
母もワタシも帰りに購入


長野のりんごジュースや
地元のお菓子も
上質そうなセレクトだった

P1190061 (Custom)














客室へ向かい途中
階段にあった掛け軸風の藍染め。

藍色以外も入ってて
華やか

館内のあちこちに
大作が飾ってあるんでした


お部屋編につづきますー

【たてしな藍の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪




本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
藍染と懐石料理の宿 たてしな藍の口コミはこちら