本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
湯本富士屋ホテルの口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

夕食をいただけるレストランは

・「姫沙羅」「桂」(和食・寿司)
・「ヴァンヴェール」(フレンチ)
・「桃華樓」(中華)


があって

予約したプランは中華でしたが
フレンチに変更可ということで

「ヴァンベール」でいただくことに

collage_photocat
平日は各レストランとも
混んでなかったので
素泊まりにして
当日の気分で選んでも良いかもですね

ワタシ達がいただいたのは
7000円のコースです。

和食や中華を選んでも
同等のコース料理になるそう。

P1460195 (Custom)
「ヴァンヴェール」

P1460244 (Custom)
ガラガラでした(;^ω^)

常連らしい女性のおひとり様と
ビジネス利用っぽい男性2人と
我々だけ。

館内ですれ違う宿泊客は
結構多い感じだったので
外で食べる人が多いのかも

それに19:00過ぎと
時間が遅かったから
すでに1回転してたのかもですね。

P1460219 (Custom)
コースメニュー

collage_photocat
ドリンクメニュー

ビールやソフトドリンクもありますが
やっぱりワインが中心

P1460225 (Custom)
お料理とのペアリングもあるので
いつもグラスで2~3杯、という人は
楽しめると思います

P1460257 (Custom)
我々はいつも通り
フルボトルで

北海道ケルナー 
たしか6000円ぐらい。
キリッと辛口でおいしい

ワインは少々お高めな設定だけど
グラスの質も良いし
サーブのタイミングもばっちり

P1460220 (Custom)
別注のサラダやチーズがあったので・・

P1460238 (Custom)
ワインのアテに注文

P1460233 (Custom)
イカと帆立のテリーヌ 
プロヴァンス風


イカ墨とトマトのペーストで
味の変化を楽しめます

驚きはないけど
普通においしい(・´ω`・)

P1460241 (Custom)
トウモロコシのクリームスープ

思ったよりとろみは少なくて
あっさりしてます

スープが来ると
欲しくなるのが・・

P1460236 (Custom)
パンですね(*´∀`)

フランスパン
米粉パン
トマトバジルパン


添えてあるのは
オリーブオイルですが
ちらっと「バターってあるかしら?
と聞いたら

P1460239 (Custom)
快く持ってきてくれました(´ω`★) 


店内がすいてるせいか
我々のテーブルには
3名のスタッフさんが付いてて
つかず離れずのサービス

普段なら気詰まりになりそうですが
どのスタッフさんも
雰囲気がふんわりしてて
「見られてる」感が薄く
リラックスしていただけました

P1460245 (Custom)
サーモンのポワレ
オリーブとアーモンドバターのソース


ふっくら仕上がった鮭に
濃厚なバターソースが合います

添えてあるアスパラもおいしい

P1460250 (Custom)
牛フィレステーキ

粒マスタードが入った
甘めのソースで

ナイフがスッと入る柔らかさ(´ω`★) 

お肉の下には
玉ねぎを煮詰めた物が
隠れてました

パンのおかわりをもらって
ソースの1滴までぬぐい去ります

P1460251 (Custom)
フランボワーズムース
ヨーグルトのソルベ


P1460258 (Custom)
なめらかで
ベルベットのような舌触りのムース

おいしい~(*´艸`)

P1460259 (Custom)

P1460256 (Custom)
連れはコーヒー
ワタシはミルクティー


パンをおかわりしたので
満腹です


全体的に
オーソドックスなフレンチで
斬新さはないけど
どれもおいしかったなあ


オーベルジュなどでいただく
凝り凝りのフレンチも良いけど
こういう正統派も捨てがたいですねえ



連れは中華に興味津々だったので
次に来た時は中華にしてみようかな

レストランがたくさんあると
選択肢が増えて良いですね


次回の朝食・感想編でラストですー

【湯本富士屋ホテルの基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
湯本富士屋ホテルの口コミはこちら