本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
昼神の棲 玄竹の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━

夕食は17:30か18:00の選択

P1330326 (Custom) (Custom)
食事処「おあがりて」
でいただきます。

P1330406 (Custom) (Custom)
入口に日本酒ディスプレイ

種類豊富ですー

collage_photocat
1本180ml 一律800円

すべて長野の地酒。

注文しやすいサイズとお値段

P1330405 (Custom) (Custom)

P1330404 (Custom) (Custom)
時代を感じさせる
趣たっぷりの食事処

どっしりしたテーブルが
クラシカルで素敵( ・´ω`・ )
渋めのジャズが流れてます

この日は我々を入れて6組だったので
離れた席で落ち着いていただけました

collage_photocat
食前酒は
ノンアルコールの林檎カクテル

お酒が出ないってめずらしい

実りの秋 とお品書きに記された
前菜が運ばれてきます。

P1330336 (Custom) (Custom)
これが1人ぶん

左は鰻の茶碗蒸し・とろろがけ
真ん中が柿釜白和え
右がカラスミ 柚餅子


collage_photocat
鰻のとろろがけは
ほんのり温かくて出汁がうまー

柿釜の中は海老や黒豆など。
器の果肉もあまさず食べてしまう

柿、すきです(´ω`★)

collage_photocat
ドリンクメニュー(※クリックで拡大)

ワインもあるけど
どちらかというと日本酒推しみたい
満遍なくそろってます。

P1330349 (Custom) (Custom)
泡泉花・微発泡日本酒

最初は泡っぽいものが
欲しくなるのよね

すずやか( ・´ω`・ )

P1330354 (Custom) (Custom)
蕪のすり流し

P1330356 (Custom) (Custom)
みぞれ鍋のようなかんじ

大根よりもしっかりした蕪は
煮ても消えず
微かな辛味とお出汁が絶妙にマッチ

ズワイ蟹、海老芋など入ってます

うまー(* ´ ▽ ` *)

これを知ってから
我が家のみぞれ鍋も
大根から蕪に変更されました

P1330360 (Custom) (Custom)
お造り  ふたり分です。

伊豆あたりのとは
一味違う雰囲気

collage_photocat
信州サーモン イトウ 馬刺し
白キクラゲ サラダ南瓜 
スティックフェンネル


イトウって初めて食べたかも
あっさりしてる。

生ワサビが、、
思いきり鼻にくるわ。。

馬刺しは生姜をたっぷりのせて

collage_photocat
刺身用・馬刺し用の醤油
真ん中のはパウダードレッシング

料理長さん自家製のパウダーで
舌先で溶ける不思議なドレッシング
野菜やサーモンに合います

スティックフェンネルは
なかなかインパクトある見た目

かじると、間違いなくフェンネル。。
香り強めですー

P1330376 (Custom) (Custom)
スズキの松笠焼き 
ふたり分です。

パリパリ食感は
上に乗せたアーモンドスライスね

八丁味噌が塗ってあって
ご飯がほしくなるかんじ

P1330361 (Custom) (Custom)
地酒の中から
おすすめというのを注文。

スッキリ辛口

P1330379 (Custom) (Custom)
特選A5和牛炙り握り は
料理長さんと一緒に登場


なんと、目の前で炙ってくれますー

けっこうな火力。。。
しかし焦げないのは
それだけのサシがあるってことか(・ω・ )

P1330383 (Custom) (Custom)
炙りたてをいただきます(*≧ω≦)

むめーーー(*´Д`)

たまらーん

しかもこれ、、、

おかわりできるんだぜ。。。。(゚ω゚;)

P1330386 (Custom) (Custom)
いかがですか?と言われて
断るわけもなく・・・

2貫ずつおかわり

今度は炙られたのが
調理場から運ばれてきます。

やっぱりおいしいーー

P1330384 (Custom) (Custom)
適宜、スダチとお塩で
変化をつけつつ。。。

もうこれが〆でもいいや、
というぐらい満足(*´Д`*)


P1330388 (Custom) (Custom)
鮑と地野菜のアンチョビバター焼き

七味と味噌を合わせた
ソースが添えられてます。

これまた濃厚だけど
なぜか食べられてしまう

collage_photocat
炙り握りのあたりでセットされてた
ご飯が炊き上がります

collage_photocat
キノコの炊き込みご飯
赤出汁 香の物


すっごく良い匂い。。(*≧ω≦)

いいあんばいにお焦げができてて
がっつきたいんですが

さっきの炙り握りがきいてて
けっこう苦しい状態

ちなみに香の物の
赤ワインのラッキョ漬けとか
奈良漬けとか野沢菜

超上品な絶品だったので
もりもり食べられないのがくやしい。。(>ω<。)

P1330396 (Custom) (Custom)
デザート
林檎ゼリーのカスタードとコンポート乗せ
黒糖のアイスクリーム←満腹を忘れるおいしさ
自家製ようかん


これは得意の別腹があるのでね・・
( ̄ー ̄)

甘さ控えめだし
どれもおいしくてスルスルと完食

黒糖アイスがねっとり濃厚で
忘れ難いおいしさ

独創的な食材選びや
盛付、演出も凝ってて
すばらしい夕食なんでした( ・´ω`・ )

大・満・足

いやー来てみて良かったわあ

他の季節の夕食も
ぜひいただいてみたいです

夕食を終えて
ロビーでフリードリンクを楽しみ
お部屋へ戻ってまったり。。

そこで、読書灯がないのに気がついて
フロントへ連絡したんですが
なんだか要領を得ない返答で
2、3度やりとりした末に
もってきてくれました

P1330428 (Custom) (Custom)
これまたレトロな。。。(・ω・ )

これだけいろいろ充実してるのに
読書灯だけないのも不思議。

でも用意してくれてたすかりました


次回の朝食・感想編でラストですー

【昼神の棲 玄竹の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
昼神の棲 玄竹の口コミはこちら