一向にスピードが上がらない宿泊レポです、、( ´∀`)アヒー

なまあたたかい目で見守ってくださると嬉しいです。。


3月初旬に修善寺の 「鬼の栖(おにのすみか)」 さんへ行ってきました~。

http://www.sekitei.co.jp/oni/


石亭グループさんだったのだと

行ってから気がつきました

(あたみ石亭・ゆがわら石亭・桜岡茶寮さんなど)

宿名がちょっと恐ろしげというか怪しげですが

隠れ家的雰囲気満載で

興味津々(。・ω・)


全12室(内、露天付客室1室)

今回宿泊するお部屋は

数寄屋造り離れ家Aタイプになりました。



になりました。 というのは一休マーケットのチケット利用だったので

お部屋が3タイプから選べるようになっていて
(数寄屋造り離れ家Sタイプ 数寄屋造り離れ家Aタイプ 洋館 )

電話をしてみたら(チケット利用は電話予約のみなんです)

老練で上品なオジサマが


どっしりと対応してくださり


あれよあれよというまに


そのお部屋になってたのでした(´・ω・)


「洋館」以外ならどちらでも良かったのだけど

どうやらSタイプの方がちょっと広めだったようです。

2名利用だと自動的にAタイプになるのかな?


お部屋は全て離れになっていて

露天のないお部屋にも

檜の内風呂(源泉掛け流し) が付いてるそうです(*´∀`*)




こんな感じで、お庭に点在したお部屋。

私達が泊まったのは東棟1にある「東山」です。


玄関前は坂を上りきったところにこじんまりとありました。

車を寄せたら、すぐに仲居さん達がわらわらと出てきて

荷物を運んでくれたりして

ロビーを通過してチェックインはお部屋で、となりました。

P3035239

















日本庭園さね   お庭もよくお手入れしてありました。

しかし、、なんというか

「人目を忍ぶ感」 がある気がする。。^^;

そそくさとお部屋に案内して、朝夕ともお部屋食。

大浴場に行く以外はお部屋から一歩も出なくて済むんです。

ワケアリのカップルにはぴったりじゃんか。。(。-∀-)モウソウ。。。


P3035240P3035245









寒椿かしら。。 もうちょっとしたらきちんと咲いてくれそう。

ところどころに、水が流れてて(小川というほどではない)置石があったりする通路。

バリアフリー仕様では全くないですー。

そして印象が天候によってかなり左右されそうな宿^^;
(晴れててヨカタ♪)



人目を忍んできた不倫カップルの若いOLさんが


ハイヒールで敷石に蹴躓いて部長の腕につかまるところなど想像しながら・・・(またモウソウ)


P3035241















到着ですっ。(・∀・)

まるで人様のおうちにお邪魔するような感覚。

とっても静かでサワサワと揺れる葉っぱの音しか聞こえません。

修善寺でも少しはずれた方だからかな。

ゆっくりできそう


P3035185P3035186









お抹茶をいただきながら記帳します。

違う器が どちらもいい感じに手になじんで

ほっこりします(●´ω`●)


担当の仲居さんがそれはそれは丁寧に挨拶してくださるの。


ベテランなんだけど押し付けがましさは全然なくて


お客さんを緊張させない雰囲気がある方(*´∀`*)


パブリックスペースがほとんどないこのお宿では


仲居さんの接客次第で居心地が変わってしまうと思います。


着物をビシッと着てらして


相当頭の回転早そうな(でも柔らかい喋り方)


素敵な仲居さんが担当で良かったわあ


P3035184

















ウェルカムお菓子は 自然薯を使ったもの。

「かるかん」みたいなお味。

お抹茶に合います


        
【修善寺石亭 鬼の栖の基本情報・予約】              




ブログランキングに参加してマス


人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗 
スポンサーリンク