夕食は18時・18時半・19時 から選択。

私達は18時半からお願いしました。


離れのお部屋に配膳するのはとっても大変そう。

玄関先まで男の人が運んできて

それを仲居さんがお部屋に持ってきてくださってるみたいでした。

雨の日とか、、どうなっちゃうのかしら(;´・ω・)

「温かい物を温かいうちに」

ってよく色んな宿のページで目にするけど

離れ + 部屋食  が最も難易度高いのでは?

P3035279















お品書きはくるっと丸めて千代紙でとめてありました

ここにも手作り感。

P3035281
           うひょー  達筆(・∀・)

           なんとか読めるぐらいですー。   毎月変わるお献立。


P3035282














食前酒は梅酒  日本酒で作っていて度数は低めだそう。

飲みやすいです

先付  桜胡麻豆腐  手前のお皿。 綺麗な桜色で目が楽しめます( ´∀`)

味は、、、、、フツウの胡麻豆腐。

P3035284














後ろにあった前菜  イカの酒盗  これはかなり濃い  お酒のアテですね~

サーモンの木の芽寿司  これもしっかりした味

数の子 いくら浸し

河豚の煮こごり  

穴子の八幡巻き  

などなど  お酒がすすみそうなものばかり

P3035236













  五一さんの梅酒

塩尻のワイナリーで、甘めのワインが多いです。

女性が好みそうな梅酒を

たくさん置いてくれてますね~( ´∀`)

P3035234



















ビール各種。  今日はお酒やめといて、、

お料理に集中(*・ω・)

P3035287















お椀  蛤真丈  うぐいす菜 ウド  

貝のお出汁で白濁してます。

とっても美味しい  好みです

P3035289
          ステチなお皿*:.。☆..。.(´∀`人)  

          お造り   伊豆近海で獲れた海の物  イカ 尾長鯛 鮪  

P3035292P3035290          









お酒を飲まなかったので仲居さんがお茶をまめに注いでくれました。


底の絵が七福神なの。


ちょっと可愛かった

P3035291















焼物  鰆胡麻醤油  敷大根 針葱 パプリカ

胡麻醤油と書いてあったけど     あっさり(。・ω・)

前半濃い味が多かったからメリハリあって良いです

空豆って久しぶりに食べたなあ。。

これまた器が渋くて・・( ´∀`)

次が楽しみになります~


P3035294














さて中身は、、、、?

P3035295P3035296









黄色い器が煮物  早筍含め煮 双見椎茸 

青い器が合肴   金目鯛  百合根  玉地蒸し


玉地蒸し。。。 


茶碗蒸しに近いんだけど、もっとなめらか(*´ェ`*)

鼈甲餡にちょびっと山葵アクセントで。。。   

これが美味しいんです(ノω`*)


餡のかかった蒸し系は最近ドはまりしやすいみたい(・∀・)

P3035297















強肴   子持ち公魚   やわらかい~(*´∇`*)

たらの芽  白魚  

酢橘をたくさん搾って、紅塩でいただきます。

P3035298














デフォルトには蟹爪もあったのです~(アレルギー対応バッチリ)

カラフルなあられが華やかね( ´∀`)  

写真は食べかけですが、連れのは子持ち公魚を足した感じで

たくさん乗ってました。

差し替えるなら、せっかくだからこっちも食べてもらおう  ってことかしら?

お腹パンパンだったみたいだけど良かったね~( ̄m ̄〃)

P3035300














酢の物   蒸し鮑  とり貝  甘海老  酢味噌

揚げ物の後の酢の物でさっぱりと。。

P3035302
           筍ご飯《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛   あ~でもお腹いっぱいだよ~

           赤出汁   香の物   

P3035304















お釜ごとやってきました。

まだまだたくさんあるでよ~

でももう入らない~

P3035305















水菓子   メロン 苺  

和三盆をつけていただきます

メロン、実はあんまり好きじゃないのだけど

この崩壊寸前に熟れてるのは美味しくいただけました(*´∀`*)

P3035307













白玉の綺麗なうぐいす色

満足です(●´ω`●)


お料理、すごく楽しかったし美味しい物ばかりで

期待以上でした(*´ェ`*)


仲居さんに今さらながら、強肴の意味を教えてもらったり・・(=ェ=`;)
(何となく字ヅラから、メインっぽいイメージだったのだけど、「強いる肴」でおしまいのお料理という事だったんですね~。一つお利口になったよ。。。)

このあたりは7月31日がお盆だそう。
昔は養蚕業が盛んで、繁忙期に当たらないようにずらしていたとか。

お盆って地方によってまちまちですねえ。


P3035311














筍ご飯はおにぎりにしてくれました( ´∀`)

寝る前にむさぼり食べたわ。。。。

P3035308P3035309









側室にお布団しいてもらった。

寝る時用の浴衣も用意してくれます。

枕は高いのと低いのとくっついてるタイプ。

「枕、要らないんじゃない、、?」

てぐらい低くないと眠れないのワタシは広げて低い方を使いました。


助かるわあ(*´ -`)



布団の固さもちょうど良かったし


暑くも寒くもならなかったので朝までぐっすり。。

                    
【修善寺石亭 鬼の栖の基本情報・予約】




ブログランキングに参加してマス

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗  
スポンサーリンク