本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
旅館 心乃間間の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
熊本2泊目のお宿は

阿蘇山をのぞむナイスビューな宿
「旅館 心乃間間(このまま)」さん

遠霞さんのレポを読んで
そのユニークすぎる外観や
絶品イタリアンに
衝撃を受けたお宿です

いつか必ず、と思ってたから
到着したときは嬉しくて嬉しくて.+:。(´ω`*)゚.+:。

P1120402 (Custom)












お宿の入口は 小高い丘の上に

周囲を山に囲まれた盆地のような地形。
抜けるような青空と
唐突感のある建物が
なんだか現実感を欠く感じ
P1120403 (Custom)












何処からか見てたのか
スタッフさんがやってきて
ささっと荷物を持って案内してくれます

そういえば・・・・
心乃間間さんは 完全禁煙のお宿 です。
喫煙コーナーもなく
公式サイトにもその徹底した規約が書かれてました。
ダメ、絶対!というキビシイ姿勢なので愛煙家の方は充分ご検討ください

煙草が苦手なワタシ達はむしろ有り難く
安心して泊まれますー
collage_photocat
















ラウンジ兼ライブラリーで 柚子茶をいただきます

阿蘇山が一望
このフロント棟が最も高い位置にあるようなので
一番眺めが良いんじゃないかなー

野焼きの季節みたいで
あちこちから煙が上がってました。
P1120408 (Custom)












フロント棟の反対側へ出て
お部屋へご案内。。。。。。。

とても旅館の風景とは思えない
ワクワクしますー


天気が良すぎたのもあって
白昼夢を見ているよう・・・・
P1120548 (Custom)












館内図

中央の「大通路」の先にあるのは大浴場のようです

その周囲に点在する客室。

ワタシ達が泊まるのは 
右端にある「雲の音」というお部屋
P1120434 (Custom)












よく見たら 芝生の中にお部屋の案内版が

これに気がつく人がいるんだろうか
collage_photocat
















客室は4つのカテゴリ(離れ和室・モダン和室・メゾネット・洋室)
分かれてます。

ワタシ達は メゾネットのタイプにしてみました
全てのお部屋で温泉を楽しめますが
こちらは、内湯と露天風呂が付いてるそう

ドアのデザインが変わってるわあ

ちなみに・・・・・・・
玄関の脇にある磨りガラスは
お手洗いなんでした
もちろん外から見えたりしないけど
夜は影が映るかも?
collage_photocat
















玄関を入ると  
右に数段下りて1階リビングへ
左は2階ベッドルームへの階段です。
collage_photocat
















リビング    
P1120509 (Custom)












こぢんまりしてるけど
一面がガラス窓なので、すごい開放感


目の前のテラスは
露天風呂に続いてて
湯上がりにくつろぐのにピッタリなんでした
collage_photocat









足元にはホットカーペットであたたか
ソファーに座って
のんびり本を読むのが至福
collage_photocat
















冷蔵庫の中にミネラルウォーター(無料)
伊右衛門のティーバッグ・ドリップコーヒー
タオル掛け
P1120428 (Custom)












お手洗い 
とってもキレイ
でも磨りガラス。。。

まあ、めったに人は通らないけどね。
P1120487 (Custom)












2階へ
P1120464 (Custom)












P1120470 (Custom)












ベッドルーム

こちらも窓を向いてるので
阿蘇山を眺めながらゴロ寝できます
三角屋根の天井が
ちょっと屋根裏っぽくて落ち着くかんじ。

シモンズベッドは下にスノコが敷いてあって
通気性が良さそうでした
collage_photocat









絵本「にじいろのみち」
熊本出身の作家さんの本でした
collage_photocat









作務衣・足袋
そして 超あったかい半纏
P1120476 (Custom)












窓から  他の客室の入口が見えるんですが

防空壕?
古墳?


斬新ですー
よくぞこんなオモシロイ宿を造ってくださったわあ


長くなったので
お部屋のお風呂は次回に続きますー

【旅館 心乃間間の予約・基本情報】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪




本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
旅館 心乃間間の口コミはこちら