うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

2017年07月

伊豆三津浜 松濤館 大浴場 ②


最上階にある大浴場は
それぞれ内湯と露天風呂があって
深夜に男女入替になります
(14:00~24:30  朝5:30~10:00)

P1130623 (Custom) (Custom)
エレベーターを降りてからの通路が
なぜかめちゃくちゃ狭かった
向こうから人が来たら
すれ違えないかも。

collage_photocat
鍵付ロッカーあり。

バスタオルも小タオルもどっさり

collage_photocat
脱衣所   

お部屋と同じ基礎コスメ。
ウォーターサーバーもあり

collage_photocat
洗い場は8つぐらい
この日は他のゲストを見かけず。
翌朝、年配のグループと一緒になっただけ

バスアメはクラシエ。
この価格帯の宿なら
もうちょいこだわって欲しいかも

P1130642 (Custom) (Custom)
「愛鷹の湯」  内湯

collage_photocat
窓ガラスが白く汚れてるのは残念だけど
この内湯が
超ぬるくて気持ち良かった~

たぶん、38~9℃ぐらいだったと思う。
何時間でも浸かってられそう

P1130654 (Custom) (Custom)
「愛鷹の湯」  露天風呂

P1130658 (Custom) (Custom)
完全にオープンエアなので
雨がポツポツ降ってきてしまったけど
山並を流れる雲がダイナミックで
なかなかいいかんじ

collage_photocat
もう一つ 露天風呂
こちらは屋根あり

露天風呂はどちらも熱めで
ほぼ半身浴状態

collage_photocat
湯上り処

マッサージチェアが自由に使えます

P1130681 (Custom) (Custom)
湯上り処から
隣の三津シーパラダイスがチラ見え
イルカショーの歓声が聞こえてきた

collage_photocat
「モーモー牛乳」の自販機
伊豆産のようですが、、初めて見ました。
湯上がりにコーヒー牛乳を購入。
おいしいですー

P1130783 (Custom) (Custom)
翌朝、男女入替後の 「富士の湯」  内湯

P1130787 (Custom) (Custom)
湯気がもわもわ
内湯は5~6人サイズ

P1130792 (Custom) (Custom)
露天風呂

collage_photocat
竹垣のギリギリまで浴槽なので
7~8人入れそう

立ち上がると
港を行き交う観光船や漁船が見えますー

collage_photocat
晴れ間が見えた瞬間
富士山がお目見え


海越しの富士山、キレイですねえ

P1130879 (Custom) (Custom)
湯上がり処からも見えます

有料で貸切風呂もあるようでしたが
位置的に、富士山ビューではなさそうだった
(1組45分・2000円)

確実に富士見風呂を楽しむなら
露天風呂付のお部屋が一番良さそう

花より団子の我々は
チラ見富士山で満足です。。( ̄ー ̄)


夕食編につづきますー

【伊豆三津浜 松濤館の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



2016.4 伊豆三津浜 松濤館 お部屋 ①


伊豆旅行2泊目のお宿は
「伊豆三津浜 松濤館」さん

オーシャンビューと富士山ビューが
同時に望めるお宿
三津シーパラダイスのすぐ隣です

P1130897 (Custom) (Custom)
海岸にせり出すように建てられてます。
なんとわかりやすい

全24室の中規模旅館。
予約サイトの口コミ評価も高かったから
楽しみですー

collage_photocat
ラウンジ    天井高くて開放感あります

collage_photocat
残念な曇天だったけど。。。。。。。。

天気が良ければ
ここからも富士山ビューなんだそう

ウェルカムドリンク
連れは ビール
ワタシは りんごジュース

スタッフさんも、ゲストも少なくて
なんだか閑散とした感じ
この日の宿泊客は少なかったようです。
すれ違うスタッフさんも
なんとなく覇気がないような。。

collage_photocat
客室は3~5階にあって
エレベーターで移動します

今回予約したのは
最もリーズナブルな「音」タイプのお部屋。
何故お安いかというと
「音」タイプからは
富士山が見えない角度なのです。

大浴場やロビーからは見えそうだったので
今回は価格重視でこちらに
お部屋の階数はお任せですが
5階の「松音」になりました。

6階が大浴場なので
エレベーターを待つのが面倒なときは
階段で行けて便利でした

collage_photocat
和室11畳    

これといって特徴のない和室
でも畳が新しくて、こざっぱりしてます
テレビはやや小さめ。

collage_photocat
松濤館さんの最大の魅力は
この眺望(´ω`★)


・・・・・しかし、この日はどよ~~ん。。

P1130780 (Custom) (Custom)
これは翌朝
晴れてるとスバラシイ眺めなのですー


眺望重視な方は
富士山側の部屋を選ぶと
もっと大パノラマだと思います

collage_photocat
お部屋でも お茶とお菓子をいただきます
自家製のプリン
ちょっと固めだけど玉子感が濃厚。。
おいしいプリンでした

P1130583 (Custom) (Custom)
お饅頭も 甘さが程よくて美味しかった

お土産用に注文できるようでしたが
個数も値段も不明。。。
結局注文せず。

collage_photocat
お茶セット  
冷蔵庫の飲物は有料です。

collage_photocat
ペットボトル2本がサービス
(追加は有料なのでご注意を)

加湿器がありましたが
乾燥してなかったので使用せず。

collage_photocat
浴衣2枚ずつ・足袋・羽織

collage_photocat
ユニットバスは沸かし湯です。
使用せず。

collage_photocat
洗面所    鏡が大きくて明るい

タオルは大浴場にどっさりあるので
手ぶらで行けます

collage_photocat
基礎コスメ
   男女ともにしっかり揃ってます

P1130712 (Custom) (Custom)
ラウンジでフリードリンクのサービス
(14時~19時・朝8時~11時)


ソフトドリンクをいただけるそうなので
湯上りに行ってみたんですが・・・
スタッフさんが常駐してるわけではなく、無人。
通りかかったスタッフさんも
忙しいのか、足早に通り過ぎてしまった

諦めて、お部屋へ戻ってきたんでした
スタッフさんもゲストも
とにかく少なかった印象。
ホントにオフシーズンだったんですね~

P1130686 (Custom) (Custom)
お部屋の窓から真下を見ると
半分海にせり出してる民家が見えます
波が高いときとか
津波とか、いろいろ心配になってしまう

でも最高のオーシャンビューですね~( ・´ω`・ )


大浴場編につづきますー

【伊豆三津浜 松濤館の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



2016 玉峰館 朝食・感想 ④

2016 玉峰館 夕食③
2016 玉峰館 大浴場・3つの貸切風呂②
2016 玉峰館 露天風呂付客室①


朝食は8時から
昨夜と同じダイニングでいただきます

collage_photocat
安定の雨女ぶり。。。
朝から小雨模様なんでした

collage_photocat
お漬物いろいろ

最初はこの状態でセッティングされてたんですが
後で副支配人さんがやってきて
各テーブルに挨拶に回ってきた時に
さりげな~くワタシのお箸を
左利き用に置き替えてくれた

全てのゲストの情報が
頭に入ってるんだろうか
びっくりしましたー

P1130512 (Custom) (Custom)
出汁巻き玉子

P1130521 (Custom) (Custom)
めひかり   大根と薄揚げの出汁餡

めひかり、頭からいったら
結構硬くて苦かった
薄揚げは上品なお出汁でおいしい

P1130525 (Custom) (Custom)
ちりめん山椒  梅干し  キノコ和え  ほうれん草

P1130526 (Custom) (Custom)
サゴシ (鰆の前?) 昆布締め

P1130518 (Custom) (Custom)
朝のご飯も 炊きたての「つや姫」

collage_photocat
白味噌湯豆腐

お味噌汁がわりにもなりますね
たっぷりアツアツでいただけますー

汁好きで
何か飲んでないと気が済まない連れは
大喜び


P1130533 (Custom) (Custom)
杏仁葛豆腐

普通の杏仁豆腐より
もちもちして美味しい

定番の干物系は出なかったけど
たっぷり味噌汁とご飯で満足

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

チェックイン 14時   アウト 11時

1人  22000円

お部屋の露天風呂、とても贅沢でした
アップグレードしてくれて
有り難かったわあ

お風呂の無いお部屋だとしても、
湯処いっぱいの玉峰館さんなので
湯浴み三昧できたと思いますー

再訪なので
全部わかってるつもりでしたが
なんだか前より洗練されたというか・・・

満足感の高い滞在でした
東府やさんのように
総合的に優れたお宿だと思いますー

今回は特に
お料理レベルが底上げされた印象だったなあ
フォアグラ味噌、また食べたいですー

collage_photocat
玉峰館さんを後にして
「東京ラスク」さんへ行ってみました

ところが、お目当てのラスクパンは
焼き上がりの時間が合わず。。。。(;´Д`)

諦めて普通のラスクを購入。

collage_photocat
東府やさんカフェへ

スープセットで軽めのランチ
人気の「箱ね」もゲット
スイートポテトのパンも美味しかった

時間調整のつもりが
意外と時間がなくなってしまった
2泊めのお宿へ向かいますーー

【玉峰館の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



2016 玉峰館 夕食 ③


夕食の時間は二部制になっていて
17:30~19:30~と選びます。

このパターン、早すぎるし遅すぎるしで
結構悩むんですが
今回は早めの時間にしました。
窓際の席が良いならお早目に、、、
との事で17:30ぴったりにダイニングへ

collage_photocat
とってもステキなダイニング
暮れ行くお庭が見えて、いい雰囲気
・・・・もうワイン頼んじゃってます

collage_photocat
ボトルで5000円ぐらいから
事前にワインセラーで吟味しました。
もちろん、日本酒や焼酎もあり

我々は白ワインを頼んだんですが
ボトルを開けてくれた男性スタッフさんが
まだ新人だったらしく

ナイフで栓をガリガリして
妙に苦戦してた。

「それ、、スクリューキャップなのでは?

って言ったら
( ゚д゚)ハッ!
となって恥ずかしそうにしてたんでした

緊張が増したのか
ワインは注ぎこぼすし
説明は超早口になってしまって
あらら・・・・
と思ったけど
中盤あたりから
落ち着きを取り戻せたみたいで良かったわ~

P1130311 (Custom) (Custom)
お品書き    
メインの「魚料理」と「肉料理」を
それぞれ3種類から選べます

悩むんですが・・・・・
実はワタシ、前回食べてその美味しさが忘れられず
お肉料理は心に決めていたんでした

ちなみにメイン料理は
+2500円で追加も可能
選びきれない時のワガママチャンスです
そして+2300円で増量も可能
自由度高いですー

でも結構ボリュームあるコースなので
追加・増量してる方は見当たらず。。(;^ω^)

P1130313 (Custom) (Custom)
先付   碓井豆 海老 セルフィーユ ラレシ

柚子が散らしてあってサワヤカ
お出汁が美味しい

collage_photocat
中皿  鰹 イクラ 行者にんにく 赤茄子 新玉ねぎ 茗荷

器の中に桜の枝が
キレイ~

ハラペーニョ入りの醤油でいただきます
ピリ辛で鰹に合うわーー

collage_photocat
旬菜  平貝 蛍烏賊 白アスパラ こごみ 長芋

これまた涼しげ
細工のキレイなグラス

出汁ジュレと三杯酢がかかってます
たくさんお風呂入ったから
酸味を欲してたみたいで
めちゃくちゃおいしい

collage_photocat
椀  茄子 大尼子 鯵

揚げ茄子の入ったすり流し
鰹出汁と白味噌

アラレが香ばしかった

お寿司は真アジとアマゴ
アマゴは初めて食べたかも
とろけるような軽さ

collage_photocat
お造り  石鯛 縞鯵 

石鯛のうすづくりは、桜の香りをつけた煎り酒で。
縞鯵は胡麻醤油で。


P1130342 (Custom) (Custom)
連れの魚料理  稲取産金目鯛の炭焼き

雲丹とムール貝のソース添え

P1130345 (Custom) (Custom)
ワタシの魚料理  沼津産イトヨリ菜種焼き

雲丹と卵黄のソース添え
左は うるい
後からスタッフさんが削りトリュフをかけてくれました

どちらも雲丹が濃厚で
日本酒もらいたくなる感じ

P1130351 (Custom) (Custom)
連れの肉料理  和牛ロース

予想外の酢の物風
山葵の葉にお肉が巻かれてます
美味しいけど
ちょっとあっさりし過ぎてたみたい

P1130350 (Custom) (Custom)
ワタシの肉料理  和牛ヒレ肉網焼き

これを楽しみにしてたんですーー

ひとくちサイズのヒレ肉を
フォアグラ味噌につけていただきます。

からみつくように濃厚。。。。。。

人気メニューだそうで、
こちらの定番になってるみたい
お肉につけきれなかったフォアグラ味噌は
連れとわけあってワインのつまみに

多分また来てもこれを頼むと思う

collage_photocat
穴子の炊き込みご飯  赤出汁 

おいしそうーー

お米は山形の「つや姫」
穴子の他に、蕗もたっぷり入ってます
食べきれなかった分は夜食にしてくれるそう

collage_photocat
小果実と春のシブースト

凍ったシブーストはカチカチで
溶けるのをしばし待ちました
オレンジのソースに
ベリーがたくさん

アイスケーキみたいで
満腹でもペロリと入ってしまう

大満足(*≧ω≦)

なんだか前回よりも
器や盛り付けセンスが上がってるかんじ

連れも
「こんなに美味しかったっけ?」
と言ってた

collage_photocat
腹ごなしに お庭を散策
ライトアップされてムーディーですー

夜に見る源泉櫓も迫力あるわあ

collage_photocat
バー 「とてしゃん」

ワンドリンクサービスがあったので
静岡ビール と バージンブリーズ

このバーだけはあまり手をくわえてなくて
以前は蔵だったものを使用してるそう
クラシカルな雰囲気にうっとりしてたら
連れ、眠くなったらしい
・・・・・まだ22時前なんですが

collage_photocat
しぶしぶお部屋へ戻ると

お夜食が届いてますーー

水筒にはお出汁がはいってて
炊き込みご飯おにぎりを入れて
お茶漬けに

しみじみ、おいしい。。。。

P1130483 (Custom) (Custom)
後はお部屋で 湯浴み三昧


次回の朝食・感想編でラストですー

※この記事は予約投稿しています。
7/21~26の間は不在のため
コメントのお返事が遅れるかもしれません

【玉峰館の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



2016 玉峰館 3つの貸切風呂・大浴場 ②


玉峰館さんには大浴場と
3つの貸切風呂があります

湯処いっぱいで楽しい
・・・のだけど
今回は期せずして
風呂付きのお部屋になったので
にわかに忙しい事に

collage_photocat
大浴場は本館「吹花(すいか)」と
新設「風花(かざはな)」とあって
15時~25時・翌朝6時~10時に入れます
(深夜に男女入替)

前回来た時は
朝11時まで入れたのだけど
ちょっと短くなってた
やっぱり管理が大変なのかしら

「風花」と貸切風呂2つは新設で
お庭をぐるりとまわれる
外廊下を通っていきます

collage_photocat
大浴場「風花」   
ウォーターサーバーやセキュリティボックスあり
新しいのでピカピカ

collage_photocat
内湯  
 
P1130253 (Custom) (Custom)
露天風呂  

「風花」は断然、露天がおすすめ
伊豆石がキレイなんですー
前の訪問時は総檜風呂だったんですが
この2年の間にもう取り替えたんですね

collage_photocat
玉峰館さんは立地上、
どこも壁に囲まれてるんですが
ちょっとしたお庭やウッドデッキで
開放感を演出

たくさんある湯処で分散されるのか
いつ来ても結構すいてます
この日も一瞬他のゲストにかち合ったのみで
ほぼ独泉

collage_photocat
翌朝、男女入替後の大浴場「吹花」

脱衣所は小さめ。
ちなみに、どの湯処にもタオルが用意されてます

collage_photocat
こちらは露天風呂のみ。

転倒注意の看板。。。
確かにすべります

P1130495 (Custom) (Custom)
すっごく広いですー
そして全部屋根がかかってる

泳げそうな岩風呂ですが
ちょっと熱かった・・・
5分ぐらいで退散

P1130505 (Custom) (Custom)
創業当時の露天風呂の様子。

まさに湯治場、といった雰囲気だったんですねえ
旅の途中でひょいっと入ってる感じ

collage_photocat
湯上がりに お庭を散策
2年前と変わらず
きちんとお手入れされてますー

ソフトドリンクのミニ缶を冷やしてあって
自由にいただけます

collage_photocat
風がそよそよ吹いて
気もち良かったーーー


ワタシ、一日中ここにいられる。。( ・´ω`・ )

collage_photocat
3つの貸切風呂のうち、
2つは同じ場所にあります
40分毎の予約制(無料)
フロントに電話で予約します。

時間になったら札を「入浴中」に変えて
内鍵をかけるだけ
タオル・基礎コスメなど全て備えてます。

collage_photocat
ワタシの一番のお気に入り  「光風(こうふう)」

P1130270 (Custom) (Custom)
眺望がとれないのを逆手にとって
わざと下半分しか開口してない造り

昼間でも暗いんですが
なんとも陰影を感じるお風呂

。。。。。。瞑想できそう
ここは1人でも来たいわあ
(そんな時間なかったけど )

collage_photocat
もう一つの貸切風呂   「薫風(くんぷう)」

P1130541 (Custom) (Custom)
こちらは陶器の浴槽

2人だとちょっと窮屈かも
1.5人風呂。

加水のバルブがないので
熱い場合はひたすら湯もみして入ります

P1130266 (Custom) (Custom)
源泉温度は90.1℃
激熱ですが、、、それぞれの湯処は
40~41℃ぐらいでまずまず適温

collage_photocat
本館の貸切風呂    「夕凪(ゆうなぎ)」

こちらは夜に入りました。
本館のちょっと奥まった所に
ひっそり隠されたお風呂

collage_photocat
塀に囲まれてるんだけど
浴槽の縁に腰掛けると
隣の「噴湯公園」の櫓が見えます

蒸気と、お湯の噴き出す音が響いて
なかなかの迫力

再訪だけど
結局全部のお風呂を巡ってしまった
楽しいですーーー

夕食編につづきます♪

※この記事は予約投稿しています。
7/21~26の間は不在のため
コメントのお返事が遅れるかもしれません

【玉峰館の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド