うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

2019年04月

赤谷温泉 小鹿荘 朝食・感想 ④

赤谷温泉 小鹿荘 夕食③
赤谷温泉 小鹿荘 大浴場②
赤谷温泉 小鹿荘 お部屋①
──────────────────────

朝食は7:30~8:30の間で選択

早起きな母に合わせて
7:30にいただきました。

P1390325 (Custom)
朝食は別館の大広間で

P1390323 (Custom)
着席するときに
焼物に火をつけてくれます。

P1390327 (Custom)

collage_photocat
胡桃味噌 海苔 ちりめんじゃこ

P1390335 (Custom)
浅漬けのなめこがけ

P1390345 (Custom)
鮭と玉ねぎ、銀杏の味噌焼き

collage_photocat
切り干し大根 蒟蒻
とろろ


P1390339 (Custom)
温泉玉子

P1390343 (Custom)
なめこ汁のお椀

普通の倍ぐらいおおきい

たっぷり飲めて
身体があたたまるわあ( ・´ω`・ )

collage_photocat
ワタシはとろろと温泉玉子で
とろたま丼に

うまーい(*≧ω≦)

10分で食べ終えた母は
先にお部屋へ戻ったので
1人でゆっくりいただきました

collage_photocat
食後は喫茶室で
コーヒーを注文できます(350円)

collage_photocat
喫茶室の中のお土産コーナー

お味噌の美味しさが際立つ夕食だったので
秩父みそを購入

==============

・チェックイン15:00/チェックアウト10:00
・本館2F「8~14畳和室(禁煙)・猪鍋プラン」
2名利用で1人あたり10800円
・客室でWi-Fi使えます
・現地でのクレジットカード決済は不可

旅の目的になるような
観光地ではないけど
静かな田舎の風景をながめて
のんびり過ごせるところです

本館は一番お安いので
少々古さを感じたけど
別館や祭館はもう少し新しいとおもう

特筆すべきは
土地の食材を使った夕食の美味しさ


評価が厳しめの母も
後で料金を聞いて驚いてました

スタッフさんの対応も良くて

夜中に部屋にカメムシが数匹出たときも
男性スタッフさんがすぐ除去してくれたし

帰りに母の希望で写真をお願いしたら
女将が館内・玄関前・お庭と
場所や構図を変えながら
何十枚も撮影してくれてびっくり
(それも、母のスマホ・ワタシのスマホ&カメラ
全部で撮ってくれるという。。)


本当に優しい方ばかりで・・
何かと慌ただしい母との旅も
つつがなく終えられました

今度は鹿とか猪とかが大好きな
連れと一緒に再訪したいです


いつもお付き合いありがとうございます
(●´ω`●)

平成最後の更新かな
連休中で実感ないけど
新しい元号に慣れなくては

みなさま、ナイスなGWを~(。´∀`)ノ


【じゃらん】赤谷温泉 小鹿荘の基本情報・予約

楽天トラベル




──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

赤谷温泉 小鹿荘 夕食 ③ 


夕食は18:00~19:00の間で選択
ワタシ達は18:00からいただく事に

BlogPaint
夕食は祭館1階の囲炉裏席で

雰囲気ありますね~( ・´ω`・ )

囲炉裏を活用したお料理も
たくさん出るので楽しいんですが

お膳がそれぞれ外向きに置いてあるので
会話がしにくかったです

collage_photocat
ドリンクメニュー

秩父と言えば、の原作印ワイン
地酒なども揃えてます。

collage_photocat
猪鍋コースのお品書き

食前酒は梨酒

宿のシンボル梨の木の実を焼酎に漬けて
炭酸で割ったもの。

スッキリしておいしい

P1390246 (Custom)
えびし

この地方の祝い膳の定番で
うどん粉に木の実や青海苔を練り込み蒸したもの。

ねっとりしたソーセージみたいな・・
初めての味

collage_photocat
桜豆腐・美味汁 厚焼き玉子・おぼろ昆布と山菜
ブロッコリーとからし菜 小松菜と桜海老

ちいさなお菜がちょこちょこと( ・´ω`・ )

なめらかでうっすら甘い桜豆腐、
お出汁もおいしい

P1390258 (Custom)
春野菜の茶碗蒸し

蕪と海老入りの茶碗蒸しに
そぼろの餡がたっぷり


アツアツです~
これまた出汁餡が絶妙でうまい

P1390255 (Custom)
紅マス 海老 刺身こんにゃく2種

山のお宿らしいお造り
下手に冷凍マグロなど出さないあたり
好感がもてます。

P1390244 (Custom)
頃合いをみて、囲炉裏に岩魚を

他のものを食べてるうちに
あっという間に焼けてしまう

P1390260 (Custom)
岩魚の塩焼き

小ぶりで骨もやわらかく
塩もキツくないので食べやすい

串に刺さったままパクパクいきました

P1390256 (Custom)
鹿の味噌漬け 葱香味焼き

鹿ね・・・
今まで何度か食べたことあるけど
これはどうだろう?

恐る恐る口に運ぶと

まろやかな甘味噌が野生味を消してて
普通においしい(=゚ω゚)


玉ねぎ&青ネギのW使いも合ってますー

P1390262 (Custom)
「もうご飯お持ちします?」と聞かれて
持ってきてもらうことに

早からず遅からず
テンポのいい配膳ペースです。

(母はかなりの早食いなので
途中、手持ち無沙汰っぽかったけど

collage_photocat
いよいよメインの猪鍋

2人分を鉄鍋でぐつぐつ

実はワタシも母も
ジビエ系が得意じゃないんですが

こちらのは味付けがいいのか
まったく抵抗なく食べられます

地元商店の味噌を使ってるんだそうで
汁自体がおいしいんだと思う

具材を食べ終わったら
雑炊にしていただきました

おいしいなあ・・( ・´ω`・ )
これは連れにも食べさせたい。


P1390285 (Custom)
道明寺の春キャベツ巻き天ぷら
フキノトウ 椎茸


天つゆではなく
下のほうにある味噌ダレでいただきます

ちょっと胡桃?のペーストが入ったような
甘い味噌で濃いけどおいしい

collage_photocat
自家製の餅とアンコ

猪鍋とお櫃のご飯を
キレイに食べきったので

絶対はいらない( ;∀;) 

と思ったんですが・・

炭火で炙ったお餅は香ばしいし
アンコも甘さ控えめで思いのほかおいしい


特にお餅がね、市販の物とちがって
お米のつぶつぶ感がある


くるしいーとか言いつつ、完食

P1390293 (Custom)
温州みかんプリン

アンコ餅で
すっかりデザートが終わった気分でしたが
これはこれで美味しい

甘い物ってほんとに別腹だわあ

特別豪華な食材はないけど
「秩父ジビエ」を堪能

満足なんでした(*'ω'*)

P1390305 (Custom)
お部屋へ戻ると
お布団が敷いてあります。

翌朝も敷いたままなので
ずっとごろごろできました

ただね、本館は壁が薄いらしく
隣の部屋からイビキが聞こえてきた

静かな山の中だから、、余計響くのかも(;^ω^)

collage_photocat
冷水ポットが用意されてます。

テラスに出ると
祭館の提灯がいいかんじに見えた



次回の朝食・感想編でラストですー

【じゃらん】赤谷温泉 小鹿荘の基本情報・予約

楽天トラベル



──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

赤谷温泉 小鹿荘 大浴場 ②



P1390212 (Custom)
大浴場は1階の渡り廊下の先にあります。

P1390215 (Custom)
湯上がり処

collage_photocat
冷水のサービス

マッサージチェアは「調整中」で
使用できず。

P1390214 (Custom)
大浴場の利用時間は
15:00~24:00/翌朝6:00~9:30
(20:30に男女入替)

どちらも造りはほぼ同じで
左右反転した感じでした。

P1390357 (Custom)
脱衣所。

コインロッカーあり。
11:00~15:00の宿泊者がいない時間に
日帰り入浴も利用できます(600円)。

P1390358 (Custom)
洗面スペース

P1390224 (Custom)
ドライヤーはお部屋になくて
大浴場に2台ずつあります。

混んでると使えない時もあって・・
ワタシは人のいない深夜にゆっくり乾かしました。

collage_photocat
一応オールインワン美容液がありますが
クレンジングや他の基礎コスメはないので
持参がいいと思います。

セーフティーボックスもあり。

温泉はここで湧いてるわけではなく
タンクローリーで運ばれてくる運び湯なんだそう

源泉温度18.7℃なので加温してます。

ph9.9の強アルカリ性なので
多少のつるつる感はあれど
無色透明で温泉らしさは薄め。

P1390222 (Custom)
男女入替前の大浴場

洗面器やイスが
左の柱の影に隠されたように置いてあって
しばらく探してしまった

初めて入るゲストはみんな探してたから
もっと目立つところに置けばいいのに(;^ω^)

P1390354 (Custom)
これが翌朝の男女入替後

P1390348 (Custom)
内湯は7~8人サイズ

朝はたくさん光が入って
気持ちよかったですー

collage_photocat
バスアメは資生堂。

カジュアル旅館によくある
炭洗顔とピーリングジェル。

メガネをはずすと視界がぼやける母は
隣に座った人をワタシと間違えて
「夕食、何時だっけ?」と聞いてた


P1390349 (Custom)

P1390350 (Custom)
露天風呂

ゆったりだと2~3人サイズというところ。

P1390352 (Custom)
結構深さがあって肩まですっぽり

だいたい41℃ぐらいで
半身浴がちょうどいいかんじ

浴槽の中の石に座ってたんでした。

シンプルな大浴場だけど
清潔感があってキレイ
洗面や脱衣所の清掃もマメにされてました。

par002_picA
※写真お借りしました

今回は利用しなかったけど
貸切の露天風呂もあります
(45分/1080円/15:00~22:00)


夕食編につづきますー

【じゃらん】赤谷温泉 小鹿荘の基本情報・予約

楽天トラベル



──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

2018.3 赤谷温泉 小鹿荘 お部屋 ①


今回の旅行は久しぶりの埼玉県は

秩父にある温泉宿

「赤谷温泉 小鹿荘」さん

秩父は箱根並に自宅から近いので
気軽に行けて良いです

今回の同行者は連れではなく・・

数年ぶりの登場、うひひ母なのでした。

母の人となりに関しては
ここ でちらっと書いてます。

さて、、どうなることやら

・チェックイン15:00/チェックアウト10:00
・本館2F「8~14畳和室(禁煙)・猪鍋プラン」
2名利用で1人あたり10800円
・客室でWi-Fi使えます
・現地でのクレジットカード決済は不可

周囲は山しかないというか、
観光施設はおろかコンビニもないので
買い物は街で済ませてくると良いです

電車利用の場合は
西武秩父駅・秩父鉄道秩父駅から送迎あり

1人1万円という料金のわりに
食事が美味しいらしいので楽しみ


collage_photocat
とうちゃく

正面が本館と別館で
右上のが祭館かな

18室にしては大きな建物。

P1390196 (Custom)
玄関

collage_photocat
フロントで記帳します φ(・ω・ )

建物は年季を感じるけど
ちょこちょこ改装されてるようでした。

女将らしき方が
お部屋へ案内してくれます

BlogPaint
客室はすべて2階にあります。

エレベーターはないので
階段使用

我々は本館の「217」へ

collage_photocat
玄関脇の階段から近いお部屋なんだけど

めっちゃ急角度( ゚Д゚)

幅もせまいし
足腰不安な方はもう1つの
大浴場側の階段の方が使いやすいと思いますー
(健脚な母は平気で上り降りしてたけど)

本館はいちばん古そうで
ドアとか壁とかに年月が出てました。

P1390147 (Custom)
「本館217」

collage_photocat
和室8畳ですが広縁があるので
2人なら十分な広さ

テレビの横に生花が飾られてます

collage_photocat
トイレの位置は昔の間取りっぽいけど
トイレの型は新しくてキレイ

洗面まわりはシンプルで
ハンドソープと手拭きペーパーのみ。

collage_photocat
逆サイドにクローゼットと冷蔵庫。

古いタイプの冷蔵庫ですが
飲物は入っておらず自由に使えます

P1390178 (Custom)
このお部屋の特徴は
広いテラスがあること。

椅子も何も置いてませんが
眺めが良かったですー

P1390177 (Custom)
宿のシンボルだという
梨の木を避けて作ってある

かなり古木のようで
女将が寿命を心配してました。

collage_photocat
浴衣・羽織あり。
大小タオルは1人1枚ずつ。
歯ブラシ・クシ。

読書灯の前にあるのは
使い捨てスリッパシート。

これがまた歩いてると取れちゃって・・
使いにくかったです

collage_photocat
このお菓子、どなたかのブログで見たような・・
おいしかったです。

鍵が1つなのが
今回は困る場面が多かった~


母、何も言わずに出かけてしまうので。。

P1390233 (Custom)
別館の方には
池が見えるロビーがあったりして
ちょっと豪華な雰囲気

廊下も広いし明るいし
古いのが苦手な方は別館がおすすめ

collage_photocat
館内や外観の写真を撮りにいって
お部屋へ戻ったら・・


1649915131009af5aa7e954c8930265d065fd948_4524729981168
ワタシがおやつ用にコンビニで買っておいた
大好物の甘栗の空袋が。。。(≡ω≡.)

「え・・これ全部たべちゃったの??

母「うん。少なかった」

( ;∀;) 

1個ぐらい残してよー

P1390205 (Custom)
お部屋にある手書きの周辺案内のとおり
まわりには本当に何もなくて
超のどかなところ

近くに川が流れてるので
夏場はお子様連れが川遊びに来るそうです

じっとしてられないタイプの母が
散歩に出かけるというので
周囲をぐるっと歩いてきたけど
実に牧歌的な風景なんでした

ひたすらのんびり読書したりするには
良い環境ですね


大浴場編につづきますー

【じゃらん】赤谷温泉 小鹿荘の基本情報・予約

楽天トラベル



──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

飯能@ムーミンバレーパーク・メッツァビレッジでランチ


連休前のお出かけ小ネタです

埼玉は飯能市にある

「ムーミンパーク メッツァビレッジ」

に姉と一緒に行ってきました

宮沢湖の湖畔にあるのだけど
以前の寂れたイメージが一新されて
すごくキレイになってたからびっくり

collage_photocat
メッツァビレッジ内は
思ったより広大な敷地で

ムーミンパーク(マップB)まで
20分ほど歩きます

GW前の平日だったので
そんなに混んでないし
お天気も良くて気持ちよかった( ・´ω`・ )

collage_photocat
チケット売り場

今日は窓口1つしか開いてない。

そして・・・

ムーミン屋敷ツアー、
すでに終了してる(゚ω゚;)


collage_photocat
ムーミン屋敷ツアーは
原作を忠実に再現したハウスを
じっくり見てまわれるツアーのようで
人気アトラクションっぽいんですが・・

午前中で売切れちゃう事が多いみたい

collage_photocat
その他に
「海のオーケストラ号」の体感型シアターや
「リトルミィのプレイスポット」など
ムーミンの世界観を楽しめそうな
アトラクションがあるんですが・・

別料金がおおいなあ

入園チケット大人1500円/小学生以下1000円

各アトラクションが
1名700円~1000円と
なんだか割高感あり。

姉もワタシもそこまでムーミン好きという
わけでもないので
今回はムーミンパークは利用しないことに。

姉の娘ちゃんはムーミンファンのようなので
後日連れてこよう~と言ってた

ムーミングッズを販売するショップなども
充実してるので
大好きな人にはたまらないと思います

collage_photocat
宮沢湖の湖面をビューンと滑空する
スリリングなアトラクションもあり

こちらも別料金で1500円だけど
コースター系がないムーミンパークの中では
ダイナミックにたのしめそう

collage_photocat
ムーミンパークに入らなくても
メッツァビレッジ内は無料で入れます

宮沢湖ビューの芝生のデッキチェアで寝転んだり
点在する北欧ショップを見て歩いたりして
じゅうぶん楽しめるエリア

DSC_1527
風に吹かれながら
読書したりお昼寝したら
きもちよさそう。。(´ω`★) 


collage_photocat
ミニミニサイズのカヌーや
バードコールなど作れる
ワークショップなどもあり。

こういうクラフト系って
やり始めると集中しちゃうよね

DSC_1535
「パンザ宮沢湖」という
ハンモックを使ったアスレチックも
ビレッジ内にオープンしたみたい
(大人2000円/子供1000円)

遊ぶところいっぱいで
お子様連れなら一日居られそう

DSC_1511
さて、本来の目的であるランチは

メッツァビレッジの北欧レストラン
「LAGOM」でいただくことに

DSC_1512
広い店内

インテリアがかわいい

collage_photocat
ランチセットは「LAGOM BOX」。

メインのオープンサンドと
ドリンクを選べます。

単品でスイーツやサンドも注文可。

collage_photocat
2人とも「LAGOM BOX」にして
カウンターで好きなオープンサンドを選びます

すいてたから、窓際のソファー席へ

DSC_1519
宮沢湖一望のナイスビュー

collage_photocat
左上が3種類から選んだオープンサンド
「カルラヤンピーラッカ」

フィンランドの伝統料理で
国民食のパイなのだって

ライ麦入りの薄いパイ生地に
ミルク粥と玉マヨが乗ってます。

姉が選んだサーモンサンドと
半分こしていただきました。

ミルク粥がやさしい甘味があって
おもいのほか美味しい。。(=゚ω゚)
お粥×パイって合うんですねえ


他はミネストローネ、
日替わりサンド(トマトソースとブロッコリー)
ハッシュドポテト
ドリンクで1800円。

テーマパークランチとしては
良いんじゃないかしらね

DSC_1556
ビレッジ内の屋外レストラン
「UTEPILS」

"太陽の下でビールを飲む"という意味の
ノルウェー語

collage_photocat
ここではクラフトビールや
ソーセージグリルなどいただけます

クラフトビールラブな連れが
来たがりそう。。( ̄m ̄〃)

collage_photocat
「UTEPILS」は敷地全体に
ウッドチップが敷きつめられてる

どこにいても自然を感じられて・・
なごむわあ~( ・´ω`・ )

collage_photocat
連れにお土産のフィンランドビール

トナカイソーセージって気になる(・ω・ ) 

ショップには小物や雑貨も充実

マリメッコはもちろん
かわいい北欧ブランドのお店がたくさん入ってて
見てるだけでもたのしい

春秋の気候のいいときに
またお散歩に行きたいです

休日はかなり混雑すると思うので
駐車場を予約して
チケットもオンライン購入しておくと良いですよー。
(GWの駐車場、まだ若干空きあり)


次回は温泉レポに戻りまーす

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────




記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド