大浴場の前にあった足湯に入ってみました。

P1015619

















4~5人入れるかな。


中は玉砂利が敷いてありました。


結構熱め


ちょっと入って、出したら足の色変わってた( ´∀`)マッカッカー

P1015620














飲泉もありますねー( ´∀`)


思わず頭にお湯をかけてしまいそうなお地蔵さんまで。。。


あ、かける物なんですか? そうなの?


とにかく飲もうという事になったのですが


ここの泉質の あまりのとろとろさ具合に


ちょっと引け腰のワタシ。
(透明だけどしっかり温泉特有の匂いはする)


連れにちょっと飲ませてから
(数分後の無事を確認)


試してみました。


。。。。。。。美味しいものではないですが、飲めます( -д-)


(胃腸にとっても良いそうです)

P1015618P1015650









館内の様子。   


木をモチーフにした内装なのですが、うっすらと「公共施設風味」を感じるのでした。

P1015625














この一枚板のベンチは好き


飛騨高山の方などで作ってそうな。

P1015626












大浴場に行きます


「花」と「月」があって、それぞれ内湯・ミストサウナ・露天があって広々。


時間によって男女入れ替えになります。


到着してすぐの今は「月」が女湯。

P1015763

















脱衣所の洗面台シンクが爆発的にカワイカッタ・・・*:.。☆..。.(´∀`人)


ピンクのモザイクタイル


ちなみに翌朝の「月」の脱衣所は、、、、

P1015720

















ブルーのタイルで、シンクの形もちょっと違うの


この辺りは、完全に女性目線を意識してますね。


ベスト大浴場の脱衣所賞


気持ちよく使えました~


全室露天が付いてるのに、大浴場の利用率高し


吟遊さんもそうだったけど


魅力のある大浴場を持つ宿はやっぱり強いんだとつくづく思ったのでした。

P1015723P1015724










P1015765

















その魅力ある内湯を存分にお伝えしたかったのですが、、、、、、、、、、、


湯気もうもう( ´_ゝ`)ノ


レンズ曇りまくりでこんな写真でスミマセン。。

1364112494837




























大きなガラス窓から、さんさんとお日様が差して


それはもう気持ちいい内湯なのでしたヾ( ´ー`)ノ


広々した「大湯」は端のほうで寝湯になってます。


「小湯」は湯船の底から源泉が注がれ


空気に一切触れない新鮮な源泉が楽しめるそうです~。

1364112487013






















しかしここ、ワタシには熱くて断念

1364112427330


























露天に行きます


入り口からは想像できなかった広さ。


ペタペタと歩いて、真ん中の露天へ。

1364112382241
































くねくねした通路と、端っこを通る屋根がかかった通路どちらからでも来れます。

1364112361031




























檜の浴槽。
(滑りやすいので気をつけて~)


やや熱めだけど、なんとか入れました


この日は全体的に湯温が高めに感じたけどいつもそうなのかな。

1364112410790





































もう一つ、上の方に岩のお風呂が。 


あそこは熱すぎて無理でした^^;


みなさん、足を入れてあちち。


3月でまだ寒いとはいえ、そこまで熱くせんでも。

1364112465887



























再訪を誓った大きなポイントがコチラ(。・ω・)ノ


「源泉ミストサウナ」ですっ

1364112477292
































写真では伝わりきらないのが残念なのですが


淡い照明の中、さわさわと降り注ぐ源泉ミスト


ミストサウナなので温度も低く、長時間いても無問題。


目の前のガラスが傾斜していて


流れ落ちる源泉を見ながら瞑想状態です、、、(*´ -`)


HPによると、日本では唯一の源泉100%ミストサウナだそう。


確かに温泉の甘い香りと、肌に浴びるしっとり感は


今まで感じたことのない感触。


近所にあったらきっと毎日入りに来るわあ(●´ω`●)


気持ちよすぎて死ぬ~。゜゜(´□`。)°゜。


早くも連泊したいです


まだ夕食も食べてないのにこの気に入り加減。


どうなんでしょ?^^;

P1015634














お風呂あがりに「おとぎの森」へ。


滞在中は自由に使えるカフェです。


入り口の扉、オモシロイ。 


押せば開くのだけど驚くほど軽かった。
(部屋の扉もこれぐらいにしたらいいのに)

P1015636

















ここのテーブルも葉っぱ。  

P1015637














エスプレッソマシーンや、、

P1015638
















冷やしたハーブティー、ジュースなどが自由にいただけます。

P1015641P1015642









P1015643P1015644








日当たりの良いソファーに陣取って、まったり。。


寝そうなのでした。。。。。。。

P1015645















真冬はあの暖炉を使うのかしら。


こちらはライブラリーとも書いてあったけれど


本棚の蔵書は多くはないようでした。

P1015631















この周辺を模したジオラマ。


これからの開発予定なども含まれているようでした。


震災などあって、まだ時間はかかりそうだけど


元々お米屋さんだったのが


街の活性化を考えて始めたお宿。


これだけ成功したのだからその勢いで周りも発展していくと良いですね~。

P1015734













大浴場前の椅子と大きなぼんぼりライト。

P1015647












階段のコーナーにウサギのテーブル発見!


当初、HPでお部屋を見た時「うさぎのしっぽ」にはこのテーブルがあったようです。


何故ここに移動になったのだろうか。


カワイイ。

P1015767














翌朝の「花」の方の露天風呂。


これまた上の方にあるんでした。


内湯はほとんど同じ。

P1015774
                 岩風呂がハートだわあ(*´∀`*)

                 ますますメルヘン感が


P1015770






   








もう一つのもなんとなくハート。


モザイクタイルで実際見たほうが綺麗です


P1015771

















中央の岩のあたりから源泉が出てるのかな?


さざ波がたってます。


ウツクシイね


朝の方が少し空いてました。


両日とも薄曇だったけど

何度でも入りたくなる大浴場で満足なのでした

次回は夕食編「おとぎ会席」です~
【おとぎの宿 米屋の基本情報・予約】


スポンサーリンク


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗