いつかは入ってみたいお湯、と思いつつ

なかなか機会が巡ってこなかった

白骨温泉へやってきたんでした

P6103100
長野県でも 岐阜よりで

松本IC降りてから けっこう距離があった

「泡の湯」さん

。。。。立派な門構えだな~
とぼんやり見てたら
スタッフさんが さささっと荷物を持って
ずんずん入ってしまった

P6103099
おお( ´∀`)

パウダーブルーのお湯

噂の混浴露天だね~

って

ここ、宿の正面駐車場から

ガン見えΣヽ(゚Д゚○)ノ

ご、豪快だなあ。。。。。

はたぼーさんのブログで見たまんまだ( ̄ー ̄)

まあ 女性はしっかりした湯浴み着があるので
見えても無問題なんです

露天もスバラシイんですが、
泡の湯さんの真価は
内湯に有り
だと後に知ったんでした

P6103101
P6103102
ちなみに ロビーからも 
お部屋からも見えます(・ω・)

混浴露天を見下ろすように建ってるんでした。

P6103139
館内図

本館は今はあまり使われてなさそうだった

P6103141
予約サイトなどでは 
ほぼこの「萌黄」というお部屋のプランばかり。

ワタシも こちらのカテゴリのお部屋

1室だけベッドのあるお部屋があったんですが
出足が遅くて取れず

BlogPaint
10畳の和室に広縁がついてます

P6103108
P6103119
灰皿があったから 喫煙可能みたい。

でもお部屋が煙草臭い事はなかったです

この椅子に座って

外を見やると

新緑と共に・・・

P6103114
やっぱり露天が見えます( ̄ー ̄)

夕食前の時間に

ダンナさんが外国人、奥様が日本人の
小さな子供を連れたご家族が入ってて

とっても楽しそうだったんでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚

P6103109
P6103111
お部屋は とーっても シンプル

テレビに金庫に加湿機。

必要な物はほとんど揃ってます

P6103112
タオルは一人2枚

たくさん入りました~

浴衣、足袋、フェイスタオル。

P6103150
洗面も非常にシンプル   

キレイだし、鏡も大きくて使いやすかった

P6103146
P6103147
アメニティー   
基本的な物は全部用意されてます。

基礎コスメは、、、、、、

何故かこの 手作り感溢れる

花梨のお化粧水のみ

お湯が良いのだから
何もつけずとも大丈夫、という事かしら

P6103151
P6103152
ユニットバスもありましたが 使用せず。

木苺のバスアメは大浴場もおんなじ。

P6103156
お茶セット

P6103157
P6103154
冷蔵庫の中は有料。旅館価格でした。

P6103104
仲居さんがお茶をいれてくれた

杏子をつまみつつ

ほっこり(●´ω`●)


鍵の写真が見当たらなかったんですが
ちゃんと2つありました

おかげで深夜の内湯を独占しに行けた

次回にお風呂編を書きます~



【白骨温泉 泡の湯の基本情報・予約】
スポンサーリンク


ステキ温泉ブログがたくさん♪




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗