泡の湯さんには

大きな混浴露天

男女別の大浴場がございます

P6103140
エレベーターで地下1階へ

P6103136
P6103137
卓球できるんですね~

ほぼ市価の自販機もありました。

P6103121
P6103125
混浴露天からご紹介( ´∀`)

棚があるだけの小さな脱衣所に

湯浴み着が用意してあるので

体に巻きつけて 
横のスナップボタンをパチパチとめていきます

ボタンの位置でサイズ調整が簡単にできるので

どんな体型でもしっかり巻けて

なかなかスグレモノなんでした

P6103122
階段を降りつつ、、、、、、、

P6103124
いざ入湯(*・ω・)ノ

このあたりからもう 
ワクワクしてきます~

P6103127
(*゚∀゚)うひょー

一面 パウダーブルー

P6103128
源泉が滝のように落ちてきます

ドドドドって けっこうな音がするわあ

P6103132
うっすらと 
真ん中で二つに分かれてるのが見えた

右がわが少しあいてて  
奥の方にも行けます

P6103134
左が女性用  右奥が男性用 の出入り口

暖簾もあるので

お湯に浸かったまま出入りできます

混浴露天は秋田の 鶴の湯さん 以来ですが
こちらも女性が入りやすいように工夫されてて
抵抗なく混浴デビューできそう(・∀・)

P6103126
光の加減や 気温などによって

色が変化するようです

座ると肩まですっぽりな深さ

下は岩がごろごろしてて

温泉成分なのか、かなり滑りやすくなってます。

ほとんど しゃがんだまま移動。。

P6103135
源泉の温度がちょうど体温ぐらいなので

混浴露天は 非常にぬるめ

初夏だったのでちょうど良かったけど

寒い時期は先に内湯で暖まってからが良さそう

ぬる湯好きなワタシは

いつまでも入ってられそうなんでした

P6103143
P6103142
エレベーター前に お休み処

山の自然水 と お茶

P6103144
自家製らしい 大根のお漬物

塩分と水分をたっぷり補給です

P6103204
大浴場入り口に 飲泉所もあります。

マグネシウムとか入ってると

苦いようなえぐみがあって飲みづらい

でも滞在中に ちょびちょび飲んでました

P6103210
P6103205
大浴場入り口

銭湯みたいな下駄箱

居酒屋さんでもよく見かけますね、こういうの( ´∀`)

P6113217
P6103209
脱衣カゴタワーが二ヶ所あって

意外と広かった

ドライヤー、麺棒などはあれど
基礎コスメ関係は皆無なので
持参すると良いかもです。

P6103207
成分表をまじまじ見ると

付けたし・変更が多いなあ

「新 泡の湯源泉」とありました

すごい湧出量

でもやっぱり温めですね~。

いかにも温泉、な色味の割に

肌あたりはとてもマイルド

同じ白濁した温泉でも

草津あたりの酸性泉とは全く違います。

P6113219
お気に入りになった 内湯

左が そのまんま掛け流しの 「生源泉」

空気に触れる前は 
透明なんだそうです

右の小さい方は加温してあって、
すっかり白くなってます。

箱根の松坂屋さん のお湯みたい

うすーく グリーンがかったお湯は

ほのかに甘いような匂いがして

37~38℃の不感温度

やわらかくて、全く身体に負担のない感じ

P6113220
浴槽の縁はすっかり白くなってます

この 白い 湯船 (白船)が 変化して 
白骨という名前になったとか

P6113244
P6113224
かなり年季の入った浴場

湯治場的な雰囲気もあって

落ち着くわあ。。。。。。。。。。。。(●´ω`●)

P6113221
数分置きに  
加温したほうへ少し浸かったり

こちらも縁に白い堆積物がびっしり

P6113230
P6113232
カランは5つ。

鏡が前に置かれてますが
すっかりハゲちゃって何も見えません~v( ̄∇ ̄)v

そして今時珍しい、
自力温度調節な蛇口

ワンストップで温度目盛りのある蛇口に慣れすぎて
しばし時間を要したんでした

お湯はしっかり出ますよっ

P6113233
可愛らしい露天風呂もあるんでした

浴槽ギリギリまで植物が生えてるのよねー

温泉の成分で枯れたりしないのだなあ(´・ω・)

P6113237
こちらもウツクシイ パウダーブルー

いつも独占状態でした

混浴が落ち着かない方は

こちらでゆっくり入れます

やっぱり足元がすべるのでご注意を。

P6113246
ワタシのイチオシは 

やっぱり生源泉の内湯なんでした(*´ェ`*)

入浴目線です(* ̄∇ ̄*)

ホントに気持ちよくて

珍しく明け方にも入りにきてしまった

(夜通しいつでも入れます)

P6113252
木の枕がついてて  
寝湯っぽく首を楽にして入ったり

居心地良いお風呂なんでした

また入りたくなるわあ。。。。。。。。。。

P6113242
ちょうどテルマエ・ロマエⅡが公開中だったので
脱衣所にこんなポスターが
さわんど、白骨あたりは
海外からのお客さんが多いからかしら?

P6113243
いくらなんでも 
こんな奴はいないだろう・・・・・(≡ω≡.)



ちょっと更新遅れましたが
次回は夕食編です~ヾ( ´ー`)ノ


【白骨温泉 泡の湯の基本情報・予約】
スポンサーリンク


ステキ温泉ブログがたくさん♪




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗