火山活動がちょっぴり心配な箱根です(。・ω・)

自然の事だから
なんとも出来ないけど
大規模噴火などせずに
終息して欲しいなあと切に思うんでした

さて、去年の7月の出来事です。

「箱根・翠松園」さん へ行ってきました

翠松園さんは
2007年にオープンした時に
一度宿泊した事があるんでした

メゾネットで二階に露天風呂がついてたなあ。。
すごく素敵だった記憶はあるんですが
当時のワタシはひどく疲弊して
心身共にへろへろな時期でした
館内のシスレースパでトリートメントを受けたりして
ただただ、休養をとったんでした

なので宿の詳細はうろ覚え
改めて、どんな旅館だったのか
確かめに行くべく、再訪してみたんでした


P1014372
23室  
全て露天付きのスイートルーム


エントランスから
坂を下っていく途中に
各客室が点在してます

中央に文化財だという三井家の別荘を使用した
メインダイニング

今回のお部屋は
そのダイニングよりも下の方に位置してたので
まあまあ歩きました

P1014369
P1014368
1階の スタイリッシュ・スイート
一番スタンダードなタイプのお部屋ですー

P1014276
暑かったから 
入った瞬間のひんやり感が気持ちよかった

P1014283
主室   
もう音楽が流れてた
TV画面上で操作するんですが
結構ボリュームが大きかったから
すぐ絞って、かすかに流れる程度に( ´∀`)
系列の海峯楼さんもそうだったから
そういうおもてなしなのね、きっと。

P1014281
テラスに深く屋根がかかってるせいか
陽射しがあまり入らず
昼間でも照明が欠かせません

夏は涼しくて良いけどね

後ろに ライティングデスクと水屋

P1014302
足元は掘ってあります  
コンセントが付いてたので
冬期は電気カーペットを敷いてるのかも

このお部屋にはソファーがなくて残念だったんですが
掘りテーブルなら寛げる(* ̄∇ ̄*)

BlogPaint
主室から続いて 
ベッドルームが見えます

P1014305
シモンズのツイン

左右に読書灯はさすがだわあ

ダブルサイズのベッドが2台入ると
もう寝るだけのお部屋になりますが
広々、大の字でホントにぐっすり寝倒せましたー

P1014308
P1014309
この位置にテレビかあ。。

ワタシ達は見ないから
どこについてようが構わないけど
ほぼ真横だから
ゴロ寝テレビ派の方はちょっと見づらい?

P1014284
ほぼ間接照明のみなので
直線的な光がなくておめめが楽

暖色系の間接照明って好きです

P1014288
リナーリの香り

いつも思うけど すごい拡散力
良い気分で過ごせたわあ(´∀`*)

室内は涼しくて
テラスはぬるま湯に浸かったような暑さ( -д-)
扇いで間に合うような感じではなく
隣の団扇は出番なしなんでした

P1014285
P1014322
何だか強そうな見た目のポット

ネスプレッソと カプセルたくさん

思えば、こちらで初めてネスプレッソを見て
エスプレッソの美味しさに開眼して
帰ってからマシンを購入したんでした(●´ω`●)

このカプセルケース、欲しいなー

P1014294
P1014295
P1014299
P1014296
冷蔵庫の中は 無料

3万円超えの宿ならフツウかもしれないけど
やっぱりウレシイですー

2種類のフルーツハーブティーが美味しかった
市販で見かけないような物が入ってると
楽しみが増します

お風呂上りにゴクゴク飲んだんでした
美肌になれそう・・・.。゚+.(・∀・)゚+.゚

P1014365
P1014366
P1014367
P1014312
浴衣  作務衣  バスローブ  と揃ってます

加湿空気清浄機も完備

テラスは暑かったけど
お部屋の中は涼しいので
意外とバスローブが活躍

さすがに「必要なものは全てある」といった感じ

案内してくれたお姉さんも
真夏に黒スーツでビシッときめてましたが
適度にフレンドリーで好印象

滑り出し順調でホッとしたんでした( ´∀`)

なんだかね、色々期待してしまう宿ですよね(≡ω≡.)
「良くて当たり前」な価格帯なので
ゲストの評価も厳しめなのでは、と思う


次回は洗面やお部屋の露天風呂のご紹介です~



【箱根 翠松園の基本情報・予約】





ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗
スポンサーリンク