本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
ホテリ・アアルトの口コミはこちら

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

福島二泊目のお宿は

ずっとずっとあこがれてた

「ホテリ・アアルト」さん

宿ブロガーさんたちのレポを見ては
垂涎。。。(・´ω`・)

甘栗さんや、鴨ミールさん遠霞さん が
それぞれ秀逸の記録を公開してくださってます

やっと来られた~

P1050509 (Custom) (Custom)
油断すると 見逃しそう。。  
控えめな看板(;^ω^)


一本道なので カーナビで迷わず来られます
磐梯朝日国立公園の敷地内で
とっても静かなところ

P1050511 (Custom) (Custom)
三角屋根が印象的な建物

古い山荘を3人の建築家がリノベーションして
北欧デザイン宿に生まれ変わったんでした

P1050517 (Custom) (Custom)
玄関脇に薪がいっぱい積んであった
そろそろストーブ焚くのかしら

P1050518 (Custom) (Custom)
P1050519 (Custom) (Custom)
フロント   
誰もいなかったので しばしインテリアを鑑賞

P1050522 (Custom) (Custom)
P1050523 (Custom) (Custom)
このオブジェ 
間近に見てみたかったんです

P1050783 (Custom) (Custom)
井戸の中の携帯をみんなで覗き込むの図

それを覗き込む我々

オモシロイ

そんなことしてる間に
スタッフのお姉さんがお出迎えしてくれて、、

P1050529 (Custom) (Custom)
ラウンジへ    

素敵~.+:。(´ω`*)゚.+:。   
一枚板のどっしりしたテーブル
ファブリックの色味も完璧

滞在中は
このラウンジに入り浸りなんでした

アアルトさんは 
オールインクルーシブのお宿


滞在中の飲み物は 
宿泊費に含まれてます

フリードリンクの種類の多さに びっくり

P1050709 (Custom) (Custom)
P1050710 (Custom) (Custom)
ビール   ワイン  カクテル  
日本酒  焼酎


P1050692 (Custom) (Custom)
スペシャルジュース  もあるので
お酒が飲めない人も楽しいと思う

ちなみに
ワイナリーこだわりのグレープジュース
赤と白と揃ってます
両方いただいたけど
どちらも めちゃくちゃ美味しかった

上記メニューはすべてフリー

別でボトルワインなど、
有料メニューもあります。

P1050697 (Custom) (Custom)
この日のゲストは
ワタシ達を入れて3組ほどと少なめ

ステキなラウンジで 
のんびり過ごせたんでした

P1050684 (Custom) (Custom)

P1050704 (Custom) (Custom)

P1050540 (Custom) (Custom)
杉板のカッチョイイ天井

フィンランド語で「アアルト」は
「波」のことだそう。
美しい波状の細工がぴったり

P1050534 (Custom) (Custom)

P1050533 (Custom) (Custom)

P1050702 (Custom) (Custom)

P1050687 (Custom) (Custom)
池のまわりに散策コースがあった

ラウンジの居心地が良すぎて
出かけず。。
お散歩は 再訪時のお楽しみ
(早くも再訪宣言)

P1050686 (Custom) (Custom)
あたたかい季節だったら  
テラスも気持ちよさそう

P1050695 (Custom) (Custom)
ラウンジの一角にあるカウンターで
飲物をお願いします
ゲストが少なくても
いつでも誰かがいてくれて
一度も待たされなかった

アアルトさんは
スタッフさんのホスピタリティも
素晴らしいのです(●´ω`●)

P1050713 (Custom) (Custom)
お風呂上りに  
キリッと冷えた白ワイン

ああ~ 
パラダイス.+:。(*´ -`)(´- `*).+:。



次回はお部屋編になりますー



【ホテリ・アアルトの基本情報・予約】

ステキ温泉ブログがたくさん♪




Instagram

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
ホテリ・アアルトの口コミはこちら
スポンサーリンク