本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
きたの風茶寮の口コミはこちら

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
夕食は18時半から
個室食事処でいただきます
collage_photocat
















ガラスモザイクのタイルが綺麗で
ここの食事処、大好きです

案内された個室からは
中庭が見えます
P1110525 (Custom) (Custom)












お品書き   拡大しても読めないかな?

1品ずつ細かく産地が書かれてますー
やはり「北海道産」多し
collage_photocat
















3月初旬だったけど
もう桜満開のテーブル

食前酒  「春うらら」
桜リキュール・白ワイン・ライムジュースが3層に
キレイ~(・´ω`・)
P1110531 (Custom) (Custom)












春香るジュレと木の芽味噌のエスプーマ

これまた春らしいわあ
中には毛蟹や烏賊、菜の花や百合根など。
出汁ジュレと木の芽のクリームが絶妙。。
collage_photocat
















一休の特典でシャンパンのハーフボトルをいただきました
ワインから焼酎、日本酒までメニューが充実。
でも やっぱりお高めです

日本酒の品揃えが豊富だったので
冷酒をあれこれ飲むことに
collage_photocat









旬菜 北の春の陽に茶寮の春の陽

飴細工が凝ってますー
舐めても味しないけど
collage_photocat
















鰹のトマトマリネ  姫鱒のカダイフ揚げ
伊達鶏タラの芽焼き  マンボウ西京漬け筍サンド焼き
桜葉寿司  毛蟹の豆豆腐  
落花生と空豆のピーナッツバター和え


お酒のアテシリーズ
マンボウって初めて食べたかも
帆立みたいな淡泊なお味。
食用は珍しいのだそう
P1110550 (Custom) (Custom)












羅臼昆布の清まし仕立て
北海道産水雲真丈 ワカメ 蕨など


水雲というのは
モズクみたいな海藻らしい
昆布のお出汁が美味しい
P1110564 (Custom) (Custom)











お造り 流水の記憶   
collage_photocat
















相変わらずステキな盛り付け

北海道産縞海老  函館産眞子鰈
蝦夷蒸しアワビ  北寄貝
函館産真ソイ  

collage_photocat









自家製醤油  または 自家製桜醤油で

このお醤油入れ
スポイトになってて出しやすい

桜醤油は口にいれた瞬間
桜がふわっと香って
めちゃくちゃ気に入ってしまった

真ソイというのは鯛みたいなお魚だそう
どれも身がしまってました
縞海老なんか、まだ動いてて
連れがビビッてた
P1110566 (Custom) (Custom)












お品書きにない 料理長からの一品

自家ファームのジャガイモと静岡産ベーコンのバジルスープ

ちょっと洋風な味が欲しかったんですー
アツアツで少しとろみあり。
ホッとしますね~
collage_photocat









強肴はチェックイン時に選択。

連れの  白老牛サーロイン塩釜焼き

ぱかっと塩釜を取ると
じっくり蒸された柔らかいお肉
デミ味噌ソースを添えていただきます
collage_photocat









ワタシの  欣喜のソテー 桜チップスモーク仕立て

すごく脂がのった欣喜
運ばれた時は 
まだ燻製の煙が白く立ち上ってた

ちょっと脂がしつこく感じたけど
後からかけてくれた白ワインのジュレで爽やかに
collage_photocat









鰆の桜道明寺    浜名湖産アサリのサラダ仕立て

道明寺って大好きですー
この時期はお宿に行くと高確率で出会える
茶寮さんのは桜海老の餡がかかってます
文句なし

アサリの方は少しジャリっと感が
ブルーベリーソースが面白かった
collage_photocat
















釜炊きの 北海道産ふっくりんこ
赤出汁   香の物


漬物の種類が多くてうれしい
山葵昆布・めかぶ醤油漬け・蕗塩麹漬けなどなど
どれも美味しくて、もりもりご飯を食べてしまう。。
P1110596 (Custom) (Custom)












きゃーーーーー
デザートワゴンですー


この中から 2種類ずつ選んで良いそう

き、きめられないよう

迷いまくるワタシに、、、
P1110599 (Custom) (Custom)












連れが自分の権利も譲ってくれました

わーーい(・´ω`・)
連れ、ありがとー
この借りはいつか必ず。。

レモンムース  小さいのは苺大福・林檎パイ
甘夏のアイスクリーム  コーヒーゼリー

collage_photocat









コーヒーと紅茶

、、、さすがにお腹いっぱいで死にそう

凝りに凝った茶寮さんの夕食
デザートワゴンで更にパワーアップしてますー

料理長さんが前回とは変わってて
なんとワタシが好きだった頃の
「箱根吟遊」さんの料理長さんが就任されてた

やっぱり技術のある方は
あちこち引っ張りだこなのねえ。。
collage_photocat









お部屋に戻って
低反発枕と 
アロマセラピーアソシエイツのバスアメを
届けてもらったんでした

夜は星空を眺めながらの露天風呂

最高です

夕食のあと、連れはエステルームへ

何でかと言うと
チェックインから再三にわたり
エステのおすすめがあり

貸切風呂に行くときも
夕食前の食事処にも
エステスタッフさんが
コースメニューを広げて立ってるのです

客はワタシ達のみなので
アピールがダイレクトに伝わるわけで。。。

なんとなく気の毒に思ったのか
短いマッサージを受けに行った連れ

上手だったみたいだし
時間を延長してくれたりして
なかなか良かったみたいです

お部屋のベッドの寝心地も良くて
朝までぐっすり夢の中。。。

次回の朝食・感想編でラストですー

【きたの風茶寮の予約・基本情報】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪




本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
きたの風茶寮の口コミはこちら