本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
蔵王の森がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ゆと森さんには2ヵ所の浴場があります

*本館の大浴場(内湯・露天)
13:00~25:00 朝5:00~10:00


*別棟の渓流露天風呂(露天のみ)
15:00~21:00 朝6:00~12:30


collage_photocat
明るいうちに 渓流露天風呂へ

本館の玄関を出て
7~8分てくてくと歩きます

森の小道に入るゲートが
ステキな雰囲気(・´ω`・)

P1160734 (Custom) (Custom)
川の音が聞こえてきた

collage_photocat
川にせりだしたデッキテラス

ハシゴが下にのびてて
「めいそう」って書いてある(・ω・ )

これは降りずにいられない。。

下には小さなベンチがあって
目の前に川がゴーゴー流れてます

たしかに、瞑想できそう。

collage_photocat
ヨガハウス

朝7時からのヨガは
無料で自由参加できます

朝が弱いワタシ
そして身体の固い連れには
ハードル高かった。。

けど、気合で早起きして
ヨガってみました
爽やかで、たまには良いかも

ここは開放されてるので
お風呂の待ち合わせにも

collage_photocat
渓流露天風呂は
「まる」と「しかく」があって
翌日に男女が入れ替わります

環境保護のため
石鹸類の使用は不可。

collage_photocat
「まる」の脱衣所

コンパクトで
アメニティなどはなく
飲料用の紙コップのみ。

雨天用に三度笠。

collage_photocat
「まる」にはサウナあり

檜チップが置いてありますー

そんなに高温じゃなかったから
ワタシでも入れそう

P1160748 (Custom) (Custom)
渓流露天風呂「まる」

うわーー(*´∀`)
ロケーション最高ですー


P1160755 (Custom) (Custom)
円のふちまでいくと
すぐそこに急流が


P1160757 (Custom) (Custom)
5~6人サイズといったところ

小糠雨の降る中
ぬるめのお湯が気持ち良かった~
(*≧ω≦)

浸かるだけのお風呂なので
みんなそんなに長居せず
意外と混雑してなかった

自然の真っただ中という感じで
リラックスできました~

collage_photocat
入替後の「しかく」の脱衣所

サウナがないかわりに
リクライニングチェアーあり。

P1170008 (Custom) (Custom)
渓流露天風呂「しかく」

P1170010 (Custom) (Custom)
こちらも川の間近

本館から歩いてくるのが
ちょっと面倒だけど

すっかり気にいってしまって
時間があると通ってました

滞在中はまあまあ歩いたと思う

健康になってしまうわあ( ̄m ̄〃)

P1160957 (Custom) (Custom)
本館の
大浴場いりぐち


collage_photocat
大浴場の脱衣所

ここはそれほど改装してない様子

22時前のいい時間なのに
誰もいない。。。。

さすが「美と健康の宿
皆さん早寝なのねーー

P1160981 (Custom) (Custom)
P1160983 (Custom) (Custom)
大浴場 「内湯」

広大

51室あるから
不思議はないんだけど

無人のひろびろ大浴場は
ちょっと怖かった(;^ω^)

collage_photocat
岩の露天風呂は
そんなに大きくなくて
何故か、まっくら

昼間の方が雰囲気良いかも。

サウナあり
寝湯とジャグジーあり。

collage_photocat
バスアメは プロヴァンシア

ラベンダーやカレンデュラの良い香り

ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
の温泉はサラッとしてるけど
すごーくあたたまります

内湯は結構熱くて
5分ぐらいで茹でダコ

広い大浴場もいいけど
ワタシは断然
渓流露天風呂がお気に入り


圧巻の夕食ビュッフェ編につづきますー

【蔵王の森がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
蔵王の森がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部の口コミはこちら