本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
蒼海の宿 ならいの風の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

夕食は18時から
食事処でいただきます

collage_photocat



















食事処「筆島」

何故かど真ん中のテーブル席に案内された

調理場を背にして座ったんですが
常にご夫婦の視線を感じて
ちょっと落ち着かなかった

ひとりの時は
窓側の端っことかが良かったかもです

でも優しいお二人が
色々話しかけてくださるので
退屈する事はまったくなし

BGMはピアノジャズ

collage_photocat



















ドリンクメニュー

そんなに種類はないけど
静岡の地酒がいくつか。

連れもいないし
お酒はやめといて
リンゴジュースを注文。
すごく喉が乾いてたからゴクゴク

P1210602 (Custom)














最初のセッティング

collage_photocat



















食前酒は杏子酒

アワビに添えてあるのは
「秘伝のタレ」キモを熟成させたような濃厚ダレ美味

真ん中のお皿は甘酸っぱいカブ

黄色いお皿は椎茸のバターソテー

野菜は自家農園、海産物は
自前の船で獲れたもの

食材にはこだわりがあるみたい。

P1210607 (Custom)














伊勢海老のサラダ

さっぱりしたレモンとビネガーのドレッシング

海老はもちろんだけど
添えてある海藻もすごくおいしい


P1210612 (Custom)














サザエのバジルソース

アツアツです

バジルと胡桃のソースが絶品(*≧ω≦)

奥に野菜が入ってて
ソースがしみて、うまうま


P1210616 (Custom)














オキメヒメジ サザエ イシガキダイ のお造り

どれもしっかり歯ごたえがあって
新鮮さが伝わります


ご主人が今朝揚げたそうで
お魚の種類を熱弁してくれた
(残念ながらワタシの魚介知識は乏しいので
言ってること半分もわからなかったけど

P1210618 (Custom)














カワハギの煮付け

へーー(・∀・)
煮付けで食べるの初めてですー


小皿にあるのは
新鮮じゃないと食べられない
カワハギの「肝」

煮汁が濃すぎないので
素材の味がよくわかるかんじ

おいしい。。。( ̄m ̄〃)

いつになく、お顔のまわりまでつついてしまう

P1210621 (Custom)














クロダイのハーブ焼き

甘辛でスパイシー

洋皿っぽい一品、好みです

P1210622 (Custom)














カマス 椎茸 春菊 の天ぷら

衣に味がついてるので
そのまま食べられます

柚子胡椒をちょい足しで
いいおつまみになりそう

このあとに
とこぶしご飯が出るんですが

うっかり、写真を消してしまいました

なので・・・・

DSC_0305








ワタシの拙すぎる絵で。。。。(=ω= ;)
ごめんなさい、絵心ゼロなので( ;∀;)
各自、心の目で補正お願いします

こんな感じで
わっぱご飯に
薄く切ったとこぶしが乗ってました

お味噌汁はカサゴと海苔。

とこぶしのコリコリ食感と
手作り麦味噌の味噌汁
美味しくいただきました

P1210624 (Custom)














デザートは 

P1210627 (Custom)














外浦で獲れた
最大クラスのアワビの貝殻を
見せてくれました

漁協で話題になったらしい
おおきいー

お料理はどれもシンプルだけど
それぞれの食材に合った味付けで
文句なくおいしいと思います

伊勢海老漁が解禁のシーズンは
早朝に自船で漁体験ができたりするそう
(時期など詳細は要問合せ)

お肉が全く出ない
お魚尽くし

その辺は物足りないと思う人もいるかも?(・ω・ )

ワタシは満足な内容でした


次回の朝食・感想編でラストですー

【蒼海の宿 ならいの風の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪




本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
蒼海の宿 ならいの風の口コミはこちら