ゆめつづりさんを後にして

富山県から石川県に移動します

移動中に治まってた頭痛が復活

助手席でしんなりするワタシに

人生で1度も頭痛を
経験したことのない連れが聞いてきた。

「どんな感じで痛いの?」 

「…脈打つ度にこめかみが破裂しそうな感じ

「、、、(・д・) びょ、病院いこう」

「…多分いつものだから様子見る

子供の頃から頭痛持ちなので
慣れてるんですが

これでスッキリ治る
みたいな決まった対処法がないんですよね

ロキソニンで治まることもあれば
別の頭痛薬じゃないとダメなこともあり
少量のカフェインが効くこともあり
痛み方もまちまちで
未だに自分の頭痛を飼い慣らせてません

気圧に左右されるので
雨が降る気配がわかり
ゲリラ豪雨を察知できることも

長時間続くことは稀なので
この時は参りました~

お願い、早く治って

と思いながら
窓の外を見てたら

「ますのすしミュージアム」

の看板を発見(・ω・ )

collage_photocat
よれよれとロビーに入ってみたら

お神輿?が飾ってあった

ここでは実際に「ますのすし」を作っていて
製造工程の見学や
「ますのすし手作り体験」などが出来ます。
※体験は要予約・60分/1000円

「ますのすし」って賞味期限が2日ぐらいしか
ないんですよね(;^ω^)

自宅近くに駅ビルなどでたまに見かけるけど
買うのをためらってしまう。

全国に出荷される「ますのすし」は
すべてこの工場で作られてるそう

collage_photocat
右のショーケースの丸いやつ
馴染みがある箱ですね

「ぶりのすし」は
あまり関東で出回ってないみたい

それにしようかなあ、と思ったら
売切れ

「ますとたいの小箱」を購入

collage_photocat
2泊目宿でいただくことに
食べやすいように
1切れずつカットされてた

口にいれた瞬間、
ふわっとするんですよね(・´ω`・)
普通の押し寿司みたいに固くないの


これ以来ファンになって
帰ってからもたまに買ってます

お土産用に
昆布巻きや白えびうどんも購入

館内にはランチだけ営業してる
食事処「さくら亭」があって
すし御膳や富山尽くし御膳をいただけます。

collage_photocat
全国の駅弁ラベルが展示されてた

これが結構おもしろくて
じっくり見てしまう

特に昭和感のある昔のがかわいいです

collage_photocat
まつたけめし

シンプルで良いですねえ(・´ω`・)
600円って安くない

中身が見てみたいわあ(´ω`★)

P1230533 (Custom)
北陸自動車道の
徳光PAにも寄ってみました

閑散として、何があるのか
外観からはよくわからなかったけど

P1230534 (Custom)
中はもう、魚市場だった

すんごい広い

collage_photocat
見渡すかぎりの、海老と蟹

立派なズワイ蟹

お値段も立派

「自宅まで配送するよ!」
「2箱まとめて値引きするよ!」


と盛んに声がかかる

平日でお客さん少なかったから
店の前を通ると集中攻撃です

collage_photocat
ふと見ると、連れがいない

探しに入口付近に戻ったら

うまそうに岩ガキを食べてたんでした

もう2、3個いきそうな連れを引きずって
2泊目宿に向かいます


頭痛は薄皮をはぐように
少しずつ治まってきました

旅先だとホントに困るわあ
気候の変動が激しいときに
起こりやすみたいです。

何かスッキリ改善する
方法はないものだろうか


次回は石川の宿レポになりますー

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

スポンサーリンク

美味しいブログがたくさん♪