本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
湯宿せきやの口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─

長野2泊目のお宿は

上信越道をひた走り
信州中野ICで降りて15分ほどの
上林温泉にある

「湯やど せきや」さん

全8室、すべて露天風呂付き

お部屋にソファーやマッサージチェアを備えた
ラグジュアリー旅館です

お部屋のお風呂に加えて
貸切風呂が3つもあるし

お風呂三昧できそう~
(*´∀`)


こちらはずいぶん前から
訪ねてみたかったんですが
室数少なくて予約が取れなかったり
予約が取れても大雪でやむなくキャンセルしたり
(長野の高速が全線通行止めだったんです・・
色んな意味で訪問が難しい宿だったんでした。


今回はスムーズに予約できた上に
直前になって
「やっぱりこっちのお部屋が良いかも~
と思って希望してみたら
快く変更してくださったり
夢のようにスルスルと来られたんでした


まあ、初めから暖かい季節に来れば
良かったんだと思いますが(;^ω^)


P1280091 (Custom)














とうちゃく

たくさん薪がストックされてます
暖炉があるのかな~

collage_photocat



















駐車場までスタッフさんが来てくれて
ささっと荷物を運んでくれます

collage_photocat



















入口はこぢんまり見えたけど
一歩足を踏み入れると
8室のお宿と思えない
間口の広いエントランス

外観からは
中の様子がまったくわからないんですが
すごく広そう。。

P1280084 (Custom)














ロビー的なところ

お部屋の準備が出来てるそうで
ここには座らず、そのままお部屋へ

P1280080 (Custom)














さらに奥に続くロビー

collage_photocat










ワインセラー そしてスズメバチの巣は
お金持ち宿の象徴(・ω・ )

collage_photocat










中庭があって
この日は窓が開け放たれて
涼しい風が流れ込んでました

バーの方からかなりのボリュームで
アップテンポなジャズが

いいかんじ(・´ω`・)

客室は 【遊季亭】【深山亭】【今心亭】に
わかれてて
【遊季亭】は渡り廊下を通って
少し離れた建物にあるようです。

我々は母屋にある【今心亭】に。

希望した部屋は3階で
エレベーターがないので
階段が面倒な人にはおすすめしません。

それでも、
ぜひ泊まってみたいお部屋があったのです

collage_photocat



















【今心亭】駒草

ちなみに3階は
駒草と睡蓮の2部屋のみ。

konshin-tei03_t







こんな感じの間取り。

約74平米あるみたい。
2人では広すぎるかも

【遊季亭】はここからリビングを抜いた感じで
一番リーズナブルです。

最初はそちらでもいいかな?と思ったのだけど・・

P1270957 (Custom)














P1270958 (Custom)














この 
リビングのソファーに惹かれてしまって(*≧ω≦)


予想以上に巨大

こんなに幅のあるカウチ、見たことないです(;^ω^)
マッサージチェアが小さく見える。。

見た目ばかりでなく
座り心地もばっちり
くつろげたわ~

collage_photocat



















なかなか高機能なマッサージチェア
連れと交互に座ってました。

ストーブあり。
6月なので当然可動してません。
冬に来たら・・良い雰囲気でしょうねえ

室内がガンガンに冷房がきいてて
寒くてあとで設定温度を上げた。

夜には外気が涼しくなるので
扇風機だけでも十分快適でした

照明や空調のスイッチが
一ヶ所に集中してて操作しやすい

主照明はすべて調光可能です

すばらしいなあ・・・(´ω`★)

collage_photocat










60インチのテレビは3D対応で
3Dメガネもソフトもあり。

ただでさえインパクトある顔のジョニデが
画面から浮き出て迫ってくるような。。(;^ω^)

楽しかったです~

音響も良かったから
好きなDVD・Blu-rayを持参しても良いかも

ちなみにテレビは
リビング、和室、ベッドルームの
各部屋にあり。

P1270969 (Custom)














P1270970 (Custom)














和室  窓の向こうに露天風呂が

室内側、露天側の両方から
ブラインドをおろせます。

ずっとリビングにいたから
和室はほとんど使わず

collage_photocat



















お部屋の説明が一通り済むと
お茶を淹れてくれます

水まんじゅう、おいしかった

右上はお部屋のお菓子。

すっごい豪華な設備で
高級旅館な雰囲気なんですが
お部屋担当の女性スタッフさんの
話し方や所作はすごくフレンドリーというか。。
そぐわない感じがした


「おねえさん」と呼ばれるし(;^ω^)

他の方は普通の接客だったから
ベテランっぽいこの方だけかもです。

collage_photocat



















浴衣 足袋靴下あり 羽織は厚手の物

常備薬を置いてくれて助かる~
頭痛がしそうだったので
ノーシンを使わせていただきました


お部屋編が長くなりそうなので
ベッドルームや露天風呂は
次回に続かせてもらいますー

【湯宿せきやの基本情報・予約】


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
湯宿せきやの口コミはこちら