本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
旬彩の宿 緑水亭の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━

夕食は18:0018:30

ワタシ達は遅い方でお願いしました

collage_photocat
ダイニング「蔵」  

個室のテーブル席です。

BGMは和風のお琴

collage_photocat
お品書き

日本酒・梅酒・杏子酒
オレンジ・リンゴ・ウーロン茶
から
飲物を選べます


お部屋のタブレットから
事前に選択できたので
もう用意されてた。

連れは日本酒
ワタシはリンゴジュースに

collage_photocat
前菜 
 
初鰹たたき 鰻ざく(土佐酢) ホタルイカ(黄身酢)

鯛白子西京漬け 浅利しぐれ煮

鰻ざくがさっぱりしてて、おいしい

白子の西京漬けというのは初めて

浅利しぐれ煮は生姜がきいてますー

どれも味付けが良いわあ

P1270274 (Custom)
金目鯛塩麹焼き 枝豆豆腐のお椀

いいあんばいの塩気で
出汁がしみわたる・・・


じゅんさいのとろみもナイス

collage_photocat
キリッとした白ワインをボトルで投入
(たしか、4000円ぐらい)

グラスの質も良くて言うことなし

ドリンクメニュー、ワインばかり撮ってるけど
日本酒や焼酎なども豊富に揃えてます

P1270281 (Custom)
旬のお造り盛り合わせ

金目鯛 カンパチ アオリイカ マグロ

イカは海苔巻きになってます

どれも身がしまってて鮮度抜群

柚子塩か土佐醤油で。

仲居さんが
「白ごはんお持ちしましょうか?」と

〆の食事とは別に
いつでもご飯をもらえるみたい

我々は〆の「ひじきおこわ」を美味しく食すべく
ご飯は遠慮しておいた。

P1270285 (Custom)
カジキマグロのカマ焼き

見た目ほど濃くなくて
上品な味付け


今回はお得プランなので省かれてますが
通常だと伊勢海老か鮑などが出るようです

カマ焼きおいしいし
ワタシ達は無問題だったけど
高級食材も食べたい方は
スタンダードなプランにすると良いかも

P1270288 (Custom)
房総豚バルサミコ煮  煮アワビ 新南瓜

冷やし鉢です

バルサミコでもそこまで酸味がなく
ほろっと崩れるお肉は角煮のよう


けっこう大きな塊で
満足感あり

P1270291 (Custom)
鱧の長茄子煮

これまた旨いお出汁

蕎麦の実の食感もナイス

P1270292 (Custom)
箸休め 桜のシャーベット

シャーベットというよりアイスでした

塩漬けの桜がはいって
あまじょっぱさがおいしい


P1270297 (Custom)
桜海老真丈 白鱚(キス) 甘長唐辛子

もちろん、揚げたて

P1270295 (Custom)
天つゆでなく 
温かい白出汁でいただきます

へええ(・∀・) 
お出汁でいただくのも美味しいんですねえ


終盤の揚物だけど
サクサク軽くて
ペロリと完食

collage_photocat
ひじきおこわ 赤出汁 香の物

籠で供されるのは
社長のこだわりなのだそう

松の実の入ったおこわは
もっちもちで、ふわりと磯の香り


満腹状態ですが
手が止まらず
全部たいらげてしまう

もち米は後で膨らみそうだけど、、、、

悔いなし(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

P1270306 (Custom)
抹茶パフェ

抹茶ときな粉のわらび餅と
アンコと生クリームの最強コンボ
(*≧ω≦)


わらび餅、大好きなんですよ。。。

抹茶のほろにがさと
小豆の甘さが・・・・至福

大満足のお夕食なんでした
ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

とにかく出汁が好みだったし
全ての味付けが美味しく感じて
シアワセだったわあ~

他の季節にも食べてみたいですー

collage_photocat
夜の中庭もステキな雰囲気

しばらく館内をふらふらしたのち

ふたたび大浴場へ


次回の朝食・感想編でラストですー

【旬彩の宿 緑水亭の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
旬彩の宿 緑水亭の口コミはこちら