本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
灯屋 迎帆楼の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━

愛知旅行、2泊目のお宿は

犬山城をのぞむ
木曽川沿いのお宿

「灯屋 迎帆楼(あかりや げいはんろう)」さん

大正8年創業の老舗宿が
2017年にリニューアルオープン

「灯屋」とは
海で言う、灯台のような物で
創業当初は木曽川を通る
帆掛船に乗る人々をもてなす
料理旅館だったそう

全10室・スイート仕様
半露天風呂付きのお部屋からは
壮大な木曽川が眺められ
背後にそびえる犬山城ものぞめます

2泊目候補はもう1つあったのだけど
新装したばかりのこちらが気になって
訪問してみることに

ひとり4万円ぐらいと
我が家の予算ギリギリ
今回は豪華旅だなあ。。

たまにはいいか( ・´ω`・ )

collage_photocat
川の畔にあるので
遠くからでもすぐにわかる建物

車寄せには
黒スーツのスタッフさんが
数人待機してて
素早くお出迎えしてくれます

P1310601 (Custom)

P1310602 (Custom)
アプローチ、エントランスから
漂う高級感


collage_photocat
エントランスホールに
フロント的なテーブルがあったけど
こちらは素通りして、ラウンジへ

collage_photocat

P1310660 (Custom)

P1310644 (Custom)

P1310653 (Custom)

P1310643 (Custom)
ラウンジに吊り下がる
大小様々な提灯ディスプレイが
目をひきます

夕暮れになると
ほのかな灯りでイイ雰囲気
( ・´ω`・ )

collage_photocat
プラン特典の
ウェルカムシャンパンをいただきつつ
チェックインの手続き

優雅だわ~(*´艸`*)

そしてこのスイーツ、
めちゃくちゃ美味しいんだけど
(*≧ω≦)


カルカンと、犬山産の栗ペーストを
ミルフィーユ状に重ねたお菓子
売店で大きなカットで販売してました。
帰りに購入。

P1310816 (Custom)
テラスに出ると
木曽川の雄大な景色


P1310668 (Custom)
木曽川では
6/1~10/15までの間に
「夜鵜飼い」の見学ツアーを行っていて
予約をしておけば送迎してくれるみたい
ご興味ある方はお早目に予約を

川から吹き抜ける風が
気持ち良いですー

P1310654 (Custom)
ラウンジのフリードリンク

collage_photocat
オレンジ・リンゴジュース
カフェラテ・エスプレッソなど

紅茶やハーブティーが
鮮やかな缶に入ってて
選ぶのがたのしい

collage_photocat
ジャスミンティーや
マテ茶にレモンジンジャーの入った
ブレンドティーなど
香りが良くて、お気に入り

南部鉄器のカラーポットで
いただきます。

お部屋の居心地も良かったけど
ラウンジの雰囲気も気に入っちゃって
たびたび立ち寄りました

collage_photocat
夕食後のバータイムでは
赤・白ワイン・デザートワイン
カナッペやドライベジタブルなど
用意されます

うふふー(*´艸`)

collage_photocat
この日は
おこもり派が多かったのか
ほとんどラウンジに人がいなくて

スタッフさんにすすめられるままに
好きな音楽をかけたり
蔵書をパラパラめくったり・・

くつろぎ過ぎ?ってぐらい
リラックスできたんでした

チェックインから
ほとんど付きっきりのような感じで
お世話してくれた
壮年のスタッフさん。

支配人なのかなー
と思ったらそうではなかったみたいだけど
すごく腰が低くて
色んな話をたくさんしてくれたんでした

どちらかというと
年齢層高めのスタッフさんが多くて
落ち着いてて
安定感のある接客です

P1310666 (Custom)
夕暮れ時、、、

息をのむウツクシさ( ・´ω`・ )

海もいいけど
悠々と流れる河川の様子も
見飽きないものですねえ


お部屋編につづきますー

【灯屋 迎帆楼の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
灯屋 迎帆楼の口コミはこちら