本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
囲炉裏の御宿 花敷の湯の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

今回のお宿は
群馬県は尻焼温泉の近くの

「囲炉裏の御宿 花敷の湯」さん

全4室

お部屋は2017年4月に
リニューアルしたばかり

母屋とは離れた場所に食事処があって
樹齢千年の古木に囲まれた中で
山里懐石料理をいただけるのが楽しみ

渋川伊香保インターから
1時間ちょいかかりました。

遠い。。。。

電車の場合は
長野原草津口から
バスで30分程になります

・チェックイン14:00/チェックアウト10:30
・平日お得プラン
・花の参番客室(和室8畳+ベッドルーム+洋間広縁+デッキテラス)
・2名利用で1人あたり21000円

P1320215 (Custom)

野山の中にポツンと佇む
ひなびた一軒宿

まわりにコンビニ等は皆無で
館内に自販機もありません。
必要な買物は街の方で
済ませてくると良いかも

とても静かで
聞こえるのは野鳥の声だけ

夜は満天の星空が見えますー

collage_photocat
館主さんが
ロビーへ案内してくれます

民芸調のインテリアで
ほっこりする雰囲気

フロントで記帳をする時に
館内説明をしてくれるんですが
お部屋にインフォメーション的な物がないので
しっかり聞いておくと良いです。

collage_photocat
ウェルカム抹茶とサツマイモ

和菓子じゃないのねー(・ω・ )

でもすごくねっとりして
甘味の強いサツマイモなんでした

collage_photocat
ワタシ達が泊まった
「参番」と「弐番」は2階。

「壱番」と「伍番」は3階にあります。

エレベーターはなくて
すべて階段移動

貸切風呂や食事処へも
階段使用が避けられないので
足腰に不安のある方は向かない宿かも。

お部屋の扉は蔵戸を使ってて
重厚感ありました

P1320273 (Custom)
8畳和室と洋間広縁

collage_photocat
この立地なので
虫除けグッズは必須でしょうね
幸い10月はほとんど虫を見かけず
使いませんでしたが。

金庫のダイヤルが故障してるらしく
回せないようになってた

床の間には野の花が飾ってありました

collage_photocat
玄米ほうじ茶と煎茶

ドリップコーヒー

冷蔵庫の飲物は有料で旅館価格。

P1320294 (Custom)
洋間広縁につづく入口に
木材の飾りが

改装したついでに付けたのかな

デザインとしてイケてるかはわからないけど・・

畳や壁紙、障子など
みんな新しくてキレイです

P1320296 (Custom)
3畳?ぐらいの洋間広縁

椅子とテーブルがあるので
我々には有り難いスペース

P1320302 (Custom)
まあるい窓から
テラス越しに景色が見えます

秋ですねえ・・( ・´ω`・ )

サッシは普通の引き違いなので
丸く抜いた板だけ取りつけたと思われる
以前の様子を知らないけど
がんばってオサレに改装しようという気持ちを
ひしひしと感じます

collage_photocat
クローゼットに湯カゴ。

貸切風呂や食事に行く時に重宝しました

アメニティは一通りそろってて
ソーイングセットもあり。

バスタオルは1人2枚ずつ。

collage_photocat
テラスに出る時は
ブランケットが役立ちました

ゴロ寝用クッションもあり。

浴衣・作務衣・羽織があって
ワタシ達は作務衣で過ごしました。

夜は結構冷え込んで
この羽織だけだと寒かった

真冬はもっと厚手の物が
用意されるのかな?

寒がりの人は
防寒対策するとよいかもです。

collage_photocat
デッキテラスへ

手作りっぽいスリッパ

P1320328 (Custom)
ひろびろ~( ・´ω`・ )

ゆったりしたソファー&オットマン

お風呂あがりに
ここでくつろぎつつ
お茶など飲んでまったり。。

日差しは暖かかったけど
風は冷たいので
ブランケットにくるまってました

周囲には民家もないので
ほんとうに静か

P1320243 (Custom)
ベッドルーム

和室から洗面所を挟んで離れてるので
早寝の連れと夜更かしのワタシには
便利な間取りなんでした

collage_photocat
ベッドサイドのランプは
なぜかタッチ式で
台座に触れると点灯します

和室にもあったけど
こちらにも冷蔵庫が。
中は空でした。

寝室はほぼ寝る時しか使わず

ほとんど和室かテラスで過ごしたんでした。

P1320258 (Custom)
洗面スペース

collage_photocat
バスタオル2枚の上に
タオル掛けも2つあるのがナイス
乾きが良くて助かりました~

匂い袋が部屋にも館内にもあって
わりと強めの香り

基礎コスメはポーラ

大浴場は夜通し入れますが
深夜は館内あちこち消灯されてしまうので
LEDライト持参で

もっとも、深夜にふらふらしてたのは
ワタシぐらいだと思うますが

collage_photocat
鍵は2つあって
和室にホルダーがあるので
「あれ?鍵どこいった??」
というのがなくて便利でした

「参番」と「弐番」は間取りが似てて
広いデッキテラスが魅力だと思う

料金重視なら最もリーズナブルな「伍番」
露天風呂付きなら「壱番」など
それぞれ趣が違うので
お部屋選びから楽しい宿です


貸切風呂・大浴場編につづきますー

【囲炉裏の御宿 花敷の湯の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
囲炉裏の御宿 花敷の湯の口コミはこちら