本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
天童荘の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─

山形旅2泊めのお宿は・・・

15室全ての客室で
温泉を楽しめる
料理旅館

「天童荘」さん

前身は鰻屋だったそうで
夕食には必ず1品
鰻料理が出るのだとか

憧れていたお宿なので
とても楽しみ(・´ω`・)

collage_photocat
建物はぐるりと白壁に囲まれて
中の様子はわからず。。

でもすごく広そうだった

涼し気な藍染の暖簾

向かい側の駐車場に車を停めると
すぐに番頭さんが出てらして
ささっと荷物を運んでくれます

collage_photocat

P1290251 (Custom)
ロビー

お香が漂う清廉な空間は
いかにも老舗旅館というかんじ

番頭さんをはじめ
スタッフさんの所作からも
上品さがうかがえます

思わず背筋が伸びちゃうわあ
(*´∀`)



もうお部屋の準備ができてるみたいで
ロビーには座らず
そのままお部屋へ

collage_photocat
お部屋は

❊ 純和風な【離れ離塵境】

❊ 和モダンな【東亭】

に分かれてます。

ワタシ達は【東亭】半露天風呂付の中から
お部屋お任せのプラン

予約時に「できればベッド希望」
と伝えておいたら
その通りにアサインしてくれました

「琥珀」というお部屋。

P1290131 (Custom)
踏込

P1290156 (Custom)
リビング+ベッドルーム

おそらく客室の中で
コンパクトなほうだと思うんですが

ワタシ達は
こういうワンルームタイプが
一番くつろげるんですよね

collage_photocat

collage_photocat
ベッドの窓の向こうに
中庭が見えます

ベッドはセミダブルで
マットレスの硬さもほど良く
寝心地ばっちり

枕カバーはオーガニックコットンで
1点ずつ工房で仕上げてるのだそう

寝るときは
ベッドサイドの丸い照明を
読書灯がわりにたんでした

P1290172 (Custom)
ダイニングテーブルの上の
ペンダントライトが
レトロでかわいい。。(´ω`★)


P1290166 (Custom)
こちらで食事をいただくんですが

ソファーの座り心地が良くて

すっごく楽だった(・∀・)

普段は食事処のほうが好きだけど
こういう部屋食なら全然OKです

(お部屋によっては個室食事処になるみたい)

ちょっとパソコン開いたりするにも
高さがちょうどよくて
連れにも好評

collage_photocat
テレビは小さめ。

緑茶・ほうじ茶セット

collage_photocat
冷蔵庫には飲物ぎっしり。

でも全て有料できっちり旅館価格

お水も有料なんでした

希望すれば
冷水ポットを持ってきれくれるので
頼んでおくとよいかも

collage_photocat
浴衣 足袋 館内着 羽織

マオカラーの館内着が
さらっとして着心地よかったんですが・・・

時間の経過とともに
通気性がいまいちなことが判明

結局は浴衣に着替えて過ごしました

P1290142 (Custom)
洗面スペース

明るい照明で
椅子もあり

collage_photocat
基礎コスメはマーガレットジョセフィン

アクセサリーハンガー

ドライヤーやアメニティは
プラスチックケースに収納されてた。

collage_photocat
半露天風呂

お湯は張られてないので
入室してすぐに
源泉の蛇口を開いておきます

バスアメもマーガレットジョセフィン

P1290279 (Custom)
P1290278 (Custom)
2人で入れなくはないけど
中にステップがあるから
ゆったり入るなら1人サイズね

坪庭の窓を開けとくと
外気が流れこんできていいかんじ

わりと適温だったので
加水せずに入れました。

半身浴しやすいのが
ワタシ的に高ポイント

雑誌を持ち込んだり
タブレットで音楽聞いたりしながら
だらだらと湯浴み

至福だわあ
(*´艸`)


collage_photocat
ウェルカム抹茶と水まんじゅう

ずんだ餡でおいしい

出かけるのは大浴場ぐらいなので
鍵は1つでもそんなに困らなかった


館内と大浴場編に続きますー

【天童荘の基本情報・予約】 

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
天童荘の口コミはこちら