本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
箱根温泉 悟空の宿の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─

BlogPaint
我々が泊まった「108」。
館内図で見ると
まさに非常階段の隣(^_^;)

そしておそらく「101」も訳アリ部屋。
他の部屋にくらべて
かなり狭そうです。

スタンダードと訳アリ部屋の料金差は
2000円ぐらいなので
よほど価格重視でないかぎり
まったくおすすめしません

P1430852 (Custom)
大浴場へ

お部屋と同じ1階にあって
移動は楽でした

大浴場は男女同じような造りで
チェックイン~アウトまで
夜通し利用できます

男女の入替はナシ。

collage_photocat
脱衣所

なんとも家庭的なピンクのカゴ。

脱衣スペースは狭めで
誰かと重なると窮屈だとおもう

collage_photocat
ハトムギ化粧水 
オールインワン化粧水
コットン 綿棒 


シンプルなアメニティ。
シャワーキャップやクシなどなくて
他の宿に比べると貧弱な揃い。

P1430862 (Custom)
内湯と露天風呂

露天風呂へは
内湯の中を通っていくかんじ。

どちらも3~4人サイズといったところ。

P1430871 (Custom)
P1430877 (Custom)
内湯は41~42℃
露天風呂は40℃ぐらい

鉄分のような・・独特の匂い

P1430864 (Custom)
P1430868 (Custom)
露天風呂

ほぼ塀に囲まれてますが
上部は開いてて木立が見えます

沈殿物がすごくて
入ると底のほうから
もわもわと白く濁ってくる

泉質は結構好みかも

どこにも分析書がないから
どんな温泉かよくわからなかったけど

collage_photocat
洗い場は3つ

この日はほとんど重ならず
のびのび使えたけど
18室に対しては
少ないような気が

ノンシリコンの馬油シャンプー

洗い上がりがキッシキシで
どうなることかと思ったけど
翌朝は魔法のようにサラサラに

髪質に合ったのかしら??

P1430817 (Custom)
大浴場付近に湯上がり処などはなく

ふらふらとロビーの方へ

左のドアの奥がレストラン。

P1430843 (Custom)
レストラン

もうセッティングされてるっぽいけど

このテーブルの配置は??

隣同士くっつきすぎじゃない?

と思ったら

夕食が近づくと
玄関前に大型バスが横付けされて

大量の団体客がぞろぞろ降りてきた
(゚ω゚;)


大陸から来訪された
ご一行様なんでした。

どうやら今日は
我々以外、すべてその団体客

レストランは貸切で使用されるようでした。

じゃあ我々はどこで夕食をとるのかと言えば。。

P1430818 (Custom)
ロビーの一角を
簡易的に仕切って
用意したテーブル席。

P1430821 (Custom)
ここ(・ω・ )

団体客から離れた場所なのは
助かったけど
この真ん中の席に
ワタシ達だけ


ロビーからは丸見えだし
夕食中は他のゲストから
チラチラ見られて
落ち着かなった。。。(-_-;)


P1430822 (Custom)
そういえば
ロビーにバリスタとティープレッソが
あったんですが

カプセルの数が少ない上に
補充されないので
団体客の到着とともに
一瞬でなくなったわ。。

彼等は騒々しくはあったけど
夜は早め就寝するらしく
22時過ぎには静かになってました。

大浴場もほとんど利用しないみたいで
かろうじて1人と重なっただけ。

観光がメインで
宿は寝るだけという感じなのかもね

食事の内容も
ワタシ達とは違う
定食のような物のようでした。


さて次回は
挽回できるか?夕朝食編につづきますー

【箱根温泉 悟空の宿の基本情報・予約】


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
箱根温泉 悟空の宿の口コミはこちら