本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
風味吟撰の宿 厨八十八の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

石川・富山へ2泊してきました

北陸に行くのは
ゆめつづりさん 
花紫さん
百楽荘さん
以来、久しぶりの訪問です。 

今回は
石川県山中温泉の旅館→富山県のオーベルジュ

どちらもたのしみ( ・´ω`・ )

最初に山中温泉のお宿からご紹介です。

全24室

22時間のロングステイと
北陸に海の幸を使った会席料理が魅力の

「風味吟撰の宿 厨八十八( くりややそはち )」さん

・チェックイン14:00/チェックアウト12:00
・30日前の早割プランを2名利用で1人あたり25920円
・和室12.5畳+広縁ソファー付き
・客室でWi-Fi利用可

東京から車で約4時間半

山中温泉街よりも
少し奥まった静かな場所にあります。

collage_photocat
とうちゃく(*´∀`)

表にスタッフさんが待機してて
荷物を運んでくれます。

P1320869 (Custom)
P1320868 (Custom)
エントランスから漂う高級感

もたもたとブーツを脱ぐワタシ

旅館に行く時は
サッと脱げる靴が向いてますよね

P1320592 (Custom)
フロント的な箪笥

P1320598 (Custom)

P1320599 (Custom)
ラウンジ

モダンなインテリアで
良い雰囲気

ちょうどチェックイン時間だったから
次々にゲストが到着。

P1320595 (Custom)
(・∀・) あれが・・・

田んぼテラス

ラウンジから出られるようになってます

P1320606 (Custom)

P1320612 (Custom)

P1320614 (Custom)
゚+.(ノ*・ω・)ノ

わあ~

思ったより広々

稲はすっかり刈り取られてるけど
本当に田んぼがあるんですねえ

P1320695 (Custom)
八十八の田園

「米」の字にちなんで名づけられた「八十八」。
米作りを通して自然に触れ
旬を慈しむ心を育てたいという思いから
稲を育ててまいりたいと思います。


田んぼテラスは
実際にもち米を作ってて
お料理にも使われるそう

青々とした水田の季節や
稲穂が実る秋は
さぞかし心和む風景が見られるんでしょうねえ
( ・´ω`・ )

今は刈られちゃってるけど

P1320689 (Custom)

P1320690 (Custom)

P1320692 (Custom)
デッキテラスをてくてく

見晴らしも良くて
気持ちいい空間

P1320616 (Custom)
座り心地のいいソファーもあって

風呂上りに風に吹かれに
立ち寄ったりしました

夜もライトアップされて
良い雰囲気でしたよー

ああでも

あと一ヶ月早く来たかった・・

P1320594 (Custom)
おしぼりの上に稲穂が(・´ω`・)

P1320604 (Custom)
ウェルカムお菓子は 草餅

普段はめったに和菓子を食べないせいか
宿でいただく和菓子が
やたら美味しくかんじる

しかしいつもながら
上手く切れない。。
そしてくちのまわりが粉まみれに

P1320603 (Custom)
お部屋へ向かう前に
色浴衣を選びます

赤や青の派手派手しい柄じゃないので
選びやすかった


お部屋編につづきますー

【風味吟撰の宿 厨八十八の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
風味吟撰の宿 厨八十八の口コミはこちら