別の宿レポを書く予定でしたが
待ちに待って訪問が叶ったお宿

「箱根本箱」さん

の事をどうしても先にお伝えしたくて・・

時差ありブログには珍しく
行きたてほやほやレポですー

里山十帖さんなどの旅館や雑誌を展開する
「自遊人」と
日本の出版物取次会社の最大手
「日販」がコラボしたお宿

"本"と"暮らす"が密着した空間で
より身近に本との出会いを楽しんでもらう

というコンセプト

子供の頃から

図書館に住みたい

と妄想してたワタシにとっては
夢が具現化したような旅館です

全18室
温泉露天風呂付

2018年8月にオープン

オープン当初から夏休みで
お盆などはきっと満室になって
スタッフさんの接客や
オペレーションその他もろもろ
課題点がフィードバックされて
こなれてきた頃に違いない



という目論見の元に
少し寝かせた9月半ばの訪問です

果たして・・・(・ω・ )

P1480822 (Custom)
箱根は強羅温泉

ハイアットリージェンシー箱根さん
ラフォーレ倶楽部湯の棲家さん
の至近にあるので
我々には勝手知ったる場所のはずだけど

まったく目立たない外観な上に
ひっそりと看板があるだけなので
あやうく通り過ぎるところでした・・
(;^ω^)

collage_photocat
これ・・・エントランス??(・ω・ )

看板はおろか
傘たてとか
通常玄関にありそうな物は
何もなし。

シンプルすぎる

車を停めたものの
誰か出てくる気配もなし。

P1480473 (Custom)
意を決して中へ。。。

P1480727 (Custom)
フロント

P1480483 (Custom)
正面に広がる
本箱ラウンジ゚+.(ノ*・ω・)ノ


P1480479 (Custom)

P1480480 (Custom)

P1480604 (Custom)
楽しみにしてはいたけど

実際目の当たりにすると

感激で言葉が出ない。。( ;∀;)

ステキすぎる

館内には
2万冊近い多様なジャンルの本があって
ラウンジはもちろん
お部屋でもレストランでも
好きな本をどこでも自由に読めます

そして気に入った本があれば
購入可能

新書・古書とりまぜて
思考をくすぐるセレクトばかり

P1480804 (Custom)
ベンチでぱらぱらめくったり・・

P1480805 (Custom)
2階にもラウンジは続いてて

座り心地のいいソファーがあったり

P1480728 (Custom)
近くで見ると
本棚の間に
隠れ家的スペースがあるんでした

P1480660 (Custom)
こういうワークスペースや
小さなロフト的スペースが
本棚や廊下の至るところにあるの

全館Wi-Fiつながるし
ワークスペースにはコンセント完備

お仕事したい方にも最適環境

ワタシも長期滞在しながら
ここでブログ書いたりしたいわ~

collage_photocat
2階ラウンジには
ハーブティーや
ミックスナッツ、ドライいちじくなど

カフェラテやマキアートも作れる
コーヒーマシンあり

これはもう
頻繁にラウンジに通ってしまうでしょう

collage_photocat
あれもこれもと
読みたい本をどっさり抱えて
つまみ読みして
ふと気がついたら

「あれ?これどこの棚からもってきたんだっけ?

なんて時も心配無用

返却用の棚が設置されてます。

左上のは
オサレなスピーカー

ちっちゃいのに
めちゃくちゃ音質良かった

P1480808 (Custom)
みんな階段で立ち止まって
本を手にとってはパラパラ。。

図書館っぽいけど
何かがちがう。

collage_photocat
ある棚の前で足が止まって
「世界で一番美しい猫の図鑑」
を見始めたら

隣にあった
「世界の美しい野生ネコ」に手がのび

「動物たちのしあわせの瞬間」
も気になって

興味が止まらず
「世界一うつくしい植物園」へと移っていく。。。

棚ごとに色んなテーマが
微妙にグラデーションしながら広がってて

1冊手に取ると
とめどなく思考が流れて
気がついたら平気で1時間ぐらい
経過してます(・´ω`・)


箱根本箱さんが成功したら
いずれそれを真似た宿が
できるかもしれないけど
倍の蔵書を置いても
同じように成功するとは限らないと思う。


ここの本棚がゲストをひきつけるのは
そのディレクションの妙なのだと思います。


日販×自游人それぞれの強みを
存分に発揮してますねえ

普段あまり読書に親しまない人でも
背表紙を眺めていくだけで
「おっ」っていう引っかかりが
必ずあると思う。


以前読んだけど
また読み返したい文庫なんかも
たくさんあったし
図書館には絶対置いてないような
高価なイラスト集や写真集なども
気軽に手にとれるよろこび。。。( ・´ω`・ )


どっぷりと耽溺


先に宿の感想を一言でいうと

「時間が足りない」 です(;^ω^)

1泊じゃぜんぜん足らないよ~

BlogPaint
こんな所も読書スペースになってて
本棚を階段にしてのぼれるます

ハイヒールが脱いであったから
ふと上を見ると
足がにょきっと出てたり( ̄m ̄〃)

めいめい好きなところで
リラックスして楽しめるのが良いですー

ゲストの男女比なんですが
この日は女性8:男性2という感じ。

「男の隠れ家」的なイメージで
男性が多いのかと思ってたんですが。。(・ω・ )

女性のおひとりさまが3組と
予想よりも女性受けが良いみたい

collage_photocat
薪ストーブがある

冬になったら
炎のゆらぎを眺めつつ
まったり読書。。

ステキだわあ

ウェルカムスイーツは
柑橘たっぷりのパウンドケーキ。

おいしいです

スタッフさんは
白シャツにデニムという
オサレな人にしか似合わない出で立ち

みんな若くて
いい意味で素人っぽいというか
不思議な距離感

こちらから積極的にいかないかぎり
基本は放置してくれるので
ワタシ達はらくちんでした(*´∀`)

(いったん会話し始めると
つい話し込んでしまうタイプの人も多いから
事務的とかそういう感じは一切ないですよー
すべての人からすごい宿愛を感じたし


お部屋編につづきますー


【箱根本箱の公式サイト・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪