本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
風味吟撰の宿 厨八十八の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

大浴場は深夜1:00~5:00を除いて
利用できます

男女入替はないけど
ほとんど同じ造りのようでした。

ワタシたちは入らなかったけど
貸切り渓流露天風呂もあって
1組3240円の予約制で利用できます。

P1320698 (Custom)
大浴場ちかくの休憩スペース。

館内はほとんど畳敷きだから
素足で歩いてたんだけど
大浴場付近だけ絨毯敷き。

この絨毯がチクチクした素材で
地味に足の裏が痛かった。。

スリッパなしで歩けるのは楽だけど
足袋靴下はいておけば良かったわ。

P1320699 (Custom)
氷水とグラス

collage_photocat
大浴場の入口に
浴用タオル。

15:00~18:00まで
バニラアイスのサービスもあり

うふふー((・´∀`・))

湯上がりアイス
最高ですー


collage_photocat
脱衣所にはバスタオルがどっさり

手ぶらで来れるってらくちんです

貴重品ロッカーもあり。

collage_photocat
パウダースペースは仕切りがあって
ゆっくりお手入れできます

基礎コスメはポーラ
アメニティも一通り揃ってて
お部屋のよりもパワフルなドライヤーあり。

collage_photocat
温泉分析書

無色透明で
さらっとしたマイルドな泉質

足ツボの板があると
つい乗ってしまうのだけど
いつもあちこち痛いです

P1320847 (Custom)
大浴場 内湯

高い天井に大きな窓ガラス

浴槽の真ん中に渡された
丸太が印象的

P1320852 (Custom)

P1320723 (Custom)
広いので夕食前の混んでる時間も
ゆったり入れました

P1320863 (Custom)
飲泉できます

ちょっとだけ飲んでみたけど
温泉の匂いがするだけで
えぐみとかは感じられず飲みやすい

P1320848 (Custom)
洗い場は片側が仕切りあり。
もう片方は無し。

collage_photocat
バスアメはミキモトとポーラ
P1320856 (Custom)
露天風呂

こちらも丸太が

風雨に晒されてるせいか
ちょっと傷んでたけど

浴槽は7~8人サイズかな

眺望はそんなにないけど
屋根なしで開放的

P1320717 (Custom)
ここは夜の方が雰囲気良かったなー

深夜24:00ぐらいに来たら
お掃除のスタッフさんが
「誰もいないからのんびり入ってねー」
と声をかけてくれた。

1時間ぐらい、独泉でした

P1320865 (Custom)
内湯はずっとオーバーフローしてて
なんとも贅沢な気持ちに( ・´ω`・ )

着いた当日はぬるめに、
翌朝は少し熱めに設定されてました。

気持ち良いお湯だったわあ

P1320731 (Custom)
夜の田んぼテラス

P1320737 (Custom)

P1320740 (Custom)
リゾート感ありますねえ

北陸の初秋はもう肌寒かったけど

湯上がりに涼むのに
ちょうど良かったです


夕食編につづきますー

【風味吟撰の宿 厨八十八の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
風味吟撰の宿 厨八十八の口コミはこちら