本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
風味吟撰の宿 厨八十八の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

夕食は18:00から
個室の食事処でいただきます

グレードアップしたお料理コースだと
カウンター席になるみたい。

我々はスタンダードなコースにしました。
(後でちょっと悔やんだ

collage_photocat
八十八さんは旅館には珍しく
ウェイティングバーがあって
食前酒をいただけるサービスがあります

梅酒のカクテルか
梅ジュース


ほとんどのゲストが利用されてたと思う。

食事への序章というか・・
期待感が高まって良いですね~

collage_photocat
わりとしっかり個室で
話し声などはほとんど聞こえず

「霜月のお献立」
品数は多そう

P1320752 (Custom)
最初に用意されていた「預け皿」

前菜的なもの、ふたりぶんです。

collage_photocat
このわた豆腐 松風風 鮎山椒煮
丸十茶巾(いくらのせ)
焼鯖押し寿司 鰻八幡巻き
百合根とウニの包み揚げ
ムール貝コキール
芹とカマスの柚子香和え


サツマイモにイクラというのは
なんだか不思議な組み合わせ

鯖寿司、おいしい

でも百合根とウニの包み揚げは
ほとんど雲丹が感じられず

ムール貝は連れの好物なので譲渡

collage_photocat
ドリンクメニューは
日本酒多めで満遍なく揃ってます

自然派ワインの中から
ややコクあり、とあった白のボトルを

グラスはごく普通で
ファミレスで出てきそうな物。
ボトルで4~5000円とるなら
もう少し質を上げてほしいところ

ワイン自体はおいしかったです

P1320766 (Custom)
海老芋真丈 カニ 紅葉人参 ほうれん草

お出汁おいしい

柚子もしっかり香ります

P1320770 (Custom)
お造りは3点が別盛りになってます。

ハマチ マグロ 甘海老

それぞれ
梅肉だれ 刺身醤油 ポン酢
でいただきます

ボタン海老ではないけど
大きな甘海老だなー

とろっとしてます

どのお刺身も鮮度が良くて
おいしいんですが・・

P1320776 (Custom)
ツマまで別盛りなのは
見た目的にどうなの?

氷を敷きつめたりして
華やかな一皿に盛る、というのは
こちらでは好まれないのかしら

P1320777 (Custom)
焼物
目鯛の味噌漬け
牛ひれ合わせダレ


目鯛は見た目よりも
しっかり味噌漬け。

牛ひれはニンニクの効いたタレで
やわらかいです

P1320780 (Custom)
温物
鯛かぶら鍋仕立て


これ、土鍋で2人分運ばれてきたんだけど
見えない所でささっと取りわけられてしまった

例のごとく
我々は仲居運がなくて
微妙な人が担当なんでした

他の席の仲居さんは
お料理の説明とか細かくしてて
丁寧な口調のようだったのだけど

我々の仲居さんは
「失礼します」もなくいきなり襖をガラっと開けて
お皿を置いたらすぐ退室。

お料理のことを質問しても
お品書き以上の事は説明してくれず

すぼまる期待感。。

P1320782 (Custom)
中皿
貝柱 冬瓜 鳥貝 鮟肝ソース


中皿というと
お肉なイメージですが
酸味のある鮟肝ソースと何かの貝柱という
あっさりしたお皿

P1320784 (Custom)
揚物
鱈親子東寺揚げ
青唐辛子


白子と鱈が湯葉巻きになってて
パリパリの中にとろっと食感

ひとくちサイズだけど
これは好みだった

P1320789 (Custom)
酢の物
海老と白菜重ね
菊菜酢


まわりの野菜は
いんげんと椎茸

collage_photocat
河豚ご飯 赤出汁 香の物

お焦げのはいった河豚ごはん

おいしい~( ・´ω`・ )

赤出汁は八丁味噌が強め。

漬物がどれも美味しい

連れはお代わりしてました。

collage_photocat
デザートがけっこう豪華

イチジクとワインゼリー
林檎パイ
メロン マスカット

薄くてパリッとしたパイに
甘さ控えめの林檎煮

イチジクは大好物だし
ワインのゼリーも大人なお味で
ナイスなデザートなんでした

お料理全体的に
味はおいしいのだけど
演出というか、盛付の見せ方が
ちょっと地味なんじゃないかな~(・ω・ )


せっかく食材に季節感あるのだから
もっと秋らしい飾りつけとかしたらいいのに。

やはり・・
カウンター席でいただく
「匠会席」にするべきだったかも

12月あたりから
「加能蟹プラン」も始まるみたいです
(こちらはお値段跳ね上がるけど)

食事処を出るときは
担当の仲居さんが見送ってくれるのが
決まりのようでしたが

我々の担当だけ
どこかで油を売ってるのか
姿を見せず。。。

他の仲居さんがあわてて走ってきて
ありがとうございました、と
見送ってくれました。

去り際に
「〇〇さん、どこいったの?」
「またいないのよ~」

という会話が耳に入ってきた。

さては、常習犯なのか(;^ω^)

P1320800 (Custom)
食べきれなかった河豚ごはんは
おにぎりにしてくれます

P1320806 (Custom)
お部屋へもどると
お布団が敷かれてました。

朝もそのままで
と伝えておいたので
チェックアウトまでずっとゴロ寝


次回の朝食・感想編でラストですー

【風味吟撰の宿 厨八十八の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
風味吟撰の宿 厨八十八の口コミはこちら