本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
箱根吟遊の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━

吟遊さんは朝も夜も
全室お部屋食になります

会席料理を
20室に1品ずつ配膳するのは
結構大変なことなのかもしれません。

なので・・
担当の仲居さんによって
食事の印象を左右されてるような(・ω・ ) 

そして訪問するたびに
お品書きの料理長のお名前が
変わってるんでした
(歴代で最も美味しく感じた方は
「きたの風茶寮」さんに移られてました)

今回は果たして・・??

collage_photocat
品数豊富なかんじ

そしてやはり
前回と違う料理長さんのお名前が
・・まあ数年ぶりの訪問だものね。

食前酒はブラッドオレンジ

先付は焼河豚・焼白子の玉地蒸し

もったり濃厚な白子に
紅葉おろしを少し加えると
なかなか美味しい

collage_photocat
旬彩は左上から時計回りに
ホタルイカと筍の蕗味噌和え
春小鯛すぐき和え
白魚若布煮びたし
鮟肝煮こごり


酒のアテ、とくれば・・

collage_photocat
いつものようにワインを投入
シャルドネで5~6000円だったとおもう。

カクテルから焼酎、日本酒まで
とても充実してます。
値段はやっぱりお高め

この頃は日本酒ブームで
獺祭が流行ってたのよね(・ω・ ) 
「獺祭の発泡にごり酒」なんてのもあった。

P1350845 (Custom)
白菜すり流し
まとう鯛酒塩焼き

下のほうに丸大根
上にたらの芽 道明寺麩

白菜は強く感じられないけど
良いお出汁


collage_photocat
ボタン海老 鰆の炙り
マグロ中トロ 平目


4種盛りです
どれも鮮度が良くて
おいしかったけど特に・・

collage_photocat
ボタン海老ちゃんが立派

岩塩を少しのせていただくと
甘味が際立つ(・∀・)


P1350856 (Custom)
凌ぎ 本鮪大トロ握り

すっごい霜降り

贅沢なのを一貫だけ、というのが
良いですねえ(*´艸`)

これは文句なしにうまうま

collage_photocat
金目鯛みぞれ鍋

別添えになった
大根おろしとなめこを投入。

ごくごく飲めるかんじの
薄めのお出汁

でも強肴としては
味がぼやけてる?という印象

P1350870 (Custom)
箸休め 日向夏のシャーベット

酸味がほどよくて
うまーー(*´∀`)


P1350875 (Custom)
P1350879 (Custom)
和牛温石焼き
ホワイトアスパラ


特製のワサビソースでいただきます

肉肉しい。。

どちらかというと赤身寄りで
欧米の方に好まれそうなお肉。
ワタシは嫌いじゃないけど
ジューシーな感じではないです。

食べ応えは十分あり。

collage_photocat
アサリご飯 赤出汁 香の物

お米は山形産のひとめぼれ。
いい具合に炊けてます

濃いめの赤出汁と一緒に
ペロリと完食

P1350891 (Custom)
デザートとお茶

collage_photocat
ほうじ茶プリン ひと口汁粉
静岡産ビッグイチゴ


イチゴは比較として
キャップを置いてみた。

大きさがわかりますでしょうか?

びっくりするぐらい甘いですー
(*≧ω≦)


そしてデザート3種類はうれしい

P1350902 (Custom)
2時間ほどで食べ終えると
冷水を置いてくれます

今回の仲居さんは・・
まだ日が浅いようで
気配り以前に、料理の説明がカミカミ状態
料理について尋ねると、しばしフリーズ

残念パターンでした

仲居さん運に関しては
2勝2敗というかんじだ・・(;^ω^)

お料理の感想を連れに聞くと

「うーん、普通に満足したけど
これまた食べたい!みたいなのは無かったね

との事。

上手く言えないけど
吟遊さんのお料理って
常に80点ぐらいを狙ってる印象なのよね。

スマッシュヒットより
万人受けというか。。

無難にまとまってたと思います。


次回の朝食・感想編でラストですー

【箱根吟遊の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
箱根吟遊の口コミはこちら