本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
旅館 奴の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─

長野県下諏訪の

「旅館 奴(やっこ)」さん

へ行ってきました

全5室のちいさな割烹旅館

美味しいお料理と
貸切風呂がおたのしみ

・チェックイン16:00/チェックアウト10:00
・「洋室」を2名利用で1人あたり16200円
・Wi-Fiの敷設なし。現地でのクレカ決済不可

小さな宿で情報が少なかったけど
予約サイトの口コミは高評価

諏訪大社の秋宮から
歩いていける場所にあります。

午前中に仕事を済ませて
昼過ぎに出発したので
16:00インがちょうど良かったです

P1370280 (Custom)
奥まった路地の先に
ひっそりと佇むお宿

P1370282 (Custom)
ガラス戸の玄関が
いかにもレトロな雰囲気だわあ
( ・´ω`・ )

車を停めてると
ご主人が出てきて
荷物を運んでくれます。

多分、ご主人・女将さん・娘さん
という家族経営なのかな~と思います

ご主人はちょっと恥ずかしがりでシャイ
女将さんは太陽のように明るく快活
娘さんはテキパキしっかり者

という感じ

P1370334 (Custom)
P1370333 (Custom)
赤絨毯に昭和をかんじる

木造の建物独特の匂いとか
床のミシミシ感とか
なんだか懐かしさをかんじますねえ。。

歴史に思いを馳せるワタシの横で
スマホの電波チェックする、感慨ゼロの連れ

昭和レトロに
まったく興味ないんだな・・ 


collage_photocat
フロントの横に観光パンフレットなど。

そして貸切風呂の札。

カミソリとドライヤー。

ドライヤーはフロントで貸出ですが
この日はお客さんが少なかったみたいで
ずっとお部屋に置いて良いとのこと

助かるわあ( ・´ω`・ )

BlogPaint
我々のお部屋は2階の赤〇の場所。

水色の所が2つの貸切風呂です

お部屋は7室あるんだけど
現在は5室で稼働してるみたい。

P1370329 (Custom)
古い建物らしく
とっても急な階段

女将さんに「きをつけてね~」
と言われた直後
お約束のように足を踏み外すワタシ


一段の幅がね、狭いのですょ。。(;^ω^)

P1370297 (Custom)
5室の中で洋室は1つだけで
朝夕ともに
別の個室で食事をいただきます。

他は和室か和洋室で
こちらはお部屋食になるそう。

お部屋はすべて同一料金です。

P1370302 (Custom)
P1370303 (Custom)
なかなかポップな色と柄

ヘッドボードの濃いブラウンと合ってる

ベッドはセミダブルでゆったり

P1370308 (Custom)
ライティングデスクと鏡。

テレビの横が玄関ドアで
その横がお手洗いとバスルームのドア。

collage_photocat
ベッドの照明は左右にあり。
(調光はなし)

奇妙な場所にあるハンガー

クローゼットがないので
ここに取りつけたようです。

金庫と冷蔵庫はないのでご注意を

collage_photocat
浴衣と羽織
(足袋靴下はなし)

大小タオルは1人1枚ずつ。
新しそうで、ふかふかだった

貸切風呂にちょくちょく行くので
湯カゴとかあると良かったな~。

collage_photocat
洗面とトイレが同じ空間に。

アメニティは歯ブラシのみ、というシンプルさ

フルセット準備してきて良かったー(;^ω^)

タオル掛けは後で居室のエアコン下に移動。
幅広で、まあまあ乾きます

collage_photocat
バスルーム

こちらは使用してないけど
温泉ではないとおもう。

メリットって久しぶりに見たなー

貸切風呂のバスアメも同じものです。

ワタシはあちこちの宿でいただいた
バスアメのミニボトルを
ここぞとばかりに持参
意外と自宅で使わないから
溜まってきてたのよね。

P1370305 (Custom)
窓際に皮張りのチェアー

内装も調度も年季をかんじるけど
しっかりお手入れされてるし
お部屋のお掃除も行き届いてます

collage_photocat
鍵は1つだけど
貸切風呂に行くぐらいなので無問題

お部屋で
ウェルカム茶と羊羹をいただきました。

メモ張みたいな小さな紙に記帳φ(・ω・ )

女将さんが去ったあとに
夕食時間や貸切風呂の利用など
何も決めてない事にきづき
あわててまたフロントへ

お部屋には
インフォメーションなどがないので
聞きたい事や希望は
チェックイン時に聞いておくと良いですー。


貸切風呂編につづきます。

【旅館 奴(やっこ)の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
旅館 奴の口コミはこちら