本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
石和温泉 みなもと旅館の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

山梨は石和温泉に行ってきました

大きな温泉街だし
高速で1時間半と近いけど
今まで宿泊する機会がなかったなあ

今回も急に休みが決まったので
前日に近場をさがして

・ワイン風呂(温泉)
・鴨料理
・リーズナブル


の3点に惹かれてポチっと予約(。・ω・)ノ゙

・チェックイン15:00/チェックアウト10:00
・平日限定プラン(日曜も可)
オリジナルヘルシー会席
和室7.5畳~8畳(トイレ付)
2名利用で1名あたり11300円
・Wi-Fiのわの字もないです
・石和温泉駅から送迎あり

お安いし
期待値低めでのぞみましたが
お部屋や設備に関しては
予想を下回る印象でした(;^ω^)

古さが苦手な方には
おすすめしません

ワイン風呂と鴨鍋は
まずまず楽しめました


当日の朝に
確認の電話をいただいたんですが
(8:00前というワタシにとっては早朝)

それが何だかぶっきらぼうで
「ほんとうに来んの??」
みたいなニュアンスが感じられて
暗雲の気配が。。

P1390612 (Custom)

P1390615 (Custom)
とうちゃく

外観はレトロな旅館という雰囲気

駐車場がえらく広くて
停め放題でした。

P1390759 (Custom)
恐る恐る玄関をガラガラすると

中から、はーいと声がして
柔らかい雰囲気の女性が登場。

ニコニコ笑顔で
出迎えてくれたんでした

なんか・・ホッとした( ・´ω`・ )

滞在中に接したほかのスタッフさんも
みんな優しかったから
あの電話の主だけ
怖い感じなのかも。

collage_photocat
フロントというか帳場は
ごちゃっとしてます。

ロビー的な場所にソファーがあるけど
座らず、すぐにお部屋へご案内

10室のお部屋は
1階と2階にあって
わりと階段が急でした。

足腰弱い方は1階のお部屋を推奨。

P1390639 (Custom)
我々は2階のお部屋へ。

P1390635 (Custom)
一番角の「夕月」というお部屋。

トイレ無しのお部屋もありますが
連れの強い希望でトイレありに。

共用のトイレは各階にあります。

P1390619 (Custom)
右が部屋のドア(引き戸)

左奥にトイレ

そして洗面台と冷蔵庫。

昭和52年創業当時の面影を
残しまくってます。 

collage_photocat
冷蔵庫は意外にも引き抜き式でなく
中身がぎっしりですが
もちろん有料・旅館価格。

飲物の持込は絶対ダメと
厳しめに注意書きがありました

食事はお部屋か大広間になるので
宴会利用などで持ちこんじゃう人が
いるのかもですね

collage_photocat
洗面まわりはコップが1つに
ハンドソープ。

シンプルなのに
なぜか歯ブラシ立てあり。

基礎コスメは大浴場にありますが
持参するのが無難かと思います。

P1390624 (Custom)
トイレは狭めですが
共用トイレが暗くて怖かったので
トイレ付にして良かったです。

でも後で連れから

「ウォシュレット故障してるみたい・・

と報告が(・ω・ ) 

便座ヒーターは作動してましたが
たしかにウォシュレットは反応せず。
この辺は改善してほしいところ。

P1390642 (Custom)
8畳+広縁

collage_photocat
広さを必要としない我々は
スペース的には無問題ですが

畳があちこちへこむ事や
網戸が穴だらけなのが
とても気になりました

お宿にはお宿の事情があるんでしょうが

ほかにも要☆メンテナンス
な部分がたくさんあったYO(´ω`★) 

collage_photocat
洗面台に鏡がついてないので
メイクなどは部屋の隅にある鏡台を使いますが
手元が暗くて・・やりにくかった

テレビは小さめ。
さすがにブラウン管ではなかったです
(ブラウン管をご存知ない方は
ご両親に聞いてね)

床の間に活けられた生花に
わずかに宿の心意気を感じますが

ケースに入った
日本人形が怖すぎて
夜は一番離れた所に布団を移動しました。

子供のころから苦手で。。

collage_photocat
浴衣と羽織あり。
大小タオルは1枚ずつ。

タオル掛けは鏡台の横にありますが
安定が悪くて干しにくかったです。

館内には煙草の自販機しかありません。

そして、全室喫煙可能です。

部屋の煙草臭は?と聞かれると
うっすらタバコっぽい気もしますが
古い建物特有のにおいと混ざって
よくわからない。。

P1390658 (Custom)
広縁

せまいけど、
2人ともほとんどここにいました

P1390661 (Custom)
特にステキな物は見えませんが
田舎らしいのどかな街並み

近所に居酒屋が点在してるようで
夜は酔っぱらったおぢさん達が
奇声を発しながらふらふら歩く様子を鑑賞できます。

日本の原風景ですね…( ̄ー ̄)

P1390664 (Custom)
この椅子、座面がくるくる回転します。

油断すると
立ち上がる時にコケそうでした。

collage_photocat
お茶請けは
"甲州からの贈り物"

しなっとしたカステラ系の生地に
餡を挟んだもので可もなく不可もなく。

宿の古さに完全にひいてた連れも
入室して30分ぐらいで慣れてきたらしく
窓際の見やすい位置に
タブレットをセッティング

のんびりモードに入れたみたいで
良かった。。(;^ω^)


期待のワイン風呂編につづきますー

【石和温泉 みなもと旅館の基本情報・予約】


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
石和温泉 みなもと旅館の口コミはこちら