本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
山野草の宿 二人静の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

長野旅は最初は2泊の予定でしたが
休みが取れそうだったので
直前に3泊目を探しました

土曜日だったので
なかなか見つからなかったけど
運良く空室があった

「山野草の宿 二人静」さん

全58室のお宿です

食事の評判が良いので
前から気になってたのよね

駒ケ根インターから5分ぐらいと
アクセス便利な立地
千畳敷カールの観光などにも

・チェックイン15:00/アウト10:00
・「本邸ツイン洋室」
地酒又はソフトドリンク付プラン
土曜に2名利用で1名あたり16500円
・Wi-Fiはロビーで使えます

P1410516 (Custom)
とうちゃく。

思ったより近代的な建物
(名前の感じから、和風の建物を想像してた)

車寄せには停めず
そのまま駐車場に行って
自分達で荷物を運ぼうとしたら
スタッフさんが遠くから小走りに来てくれた

よく見てるなー(・ω・ ) 

P1410515 (Custom)
エントランス

collage_photocat
フロントで記帳しますφ(・ω・ )

ロビーでウェルカムドリンク的なものを
ふるまわれてるゲストもいましたが
我々はそのままお部屋へ案内される事に

それほど広いロビーじゃないので
チェックインが重なる時間は
スタッフさんが適宜判断して
先に部屋へ通したり、振り分けてるみたい

スタッフさんの人数が多くて
連携もスムーズ
皆さん感じが良かったです


客室は【離れ】【本邸】【別邸】
にわかれてます。

【離れ】が一番リーズナブルですが・・・

BlogPaint
このように
駐車場を挟んで【本邸】から
50mぐらいはなれてます。

大浴場・食事処に行くのに
移動しなきゃならないので
雨の日などはちょっと面倒かも

【別邸】は我々が泊まる【本邸】と
渡り廊下で繋がってて
(通行には専用カードキーが必要)
露天風呂付きのお部屋など
意匠を凝らした豪華な造りのようです

客室カテゴリによって
厳然たる格差があるので
予約の際は熟慮されると良いですよー。

collage_photocat
【本邸】の客室は2~5階にあって
ワタシ達は4階の「浦島草」に

2012年に松葉啓プロデュースで
リニューアルしたんだそう。

P1410444 (Custom)
踏込

collage_photocat
電気ポットとお茶セット。

冷蔵庫は空で自由に使えます。

館内に自販機あり。

P1410463 (Custom)
【本邸】洋室ツイン

P1410464 (Custom)
ツインといっても
小上がりに布団が敷いてあるかんじ。

やや硬めの敷布団だったけど
枕は2WAY仕様で
寝心地は悪くなかったです

P1410467 (Custom)
ベッドから見やすい位置にテレビ。

collage_photocat
枕元に読書灯と照明スイッチ。

できれば2口ぐらい
コンセントがあると良かったな~。

棚にはティッシュとインフォメーション。
扉の中に金庫あり。

P1410468 (Custom)
窓際にソファー

弾力のあるクッションで
ずっと座ってても疲れない

それほど広いお部屋ではないけど
我々には十分快適です

ただ、、

この日は春の真夏日で30℃超え

空調は冷房ではなく送風だったので
ちょっと暑かったです

全館一括なのでこちらでコントロールできず
暑さに弱い連れはぐったりしてた

P1410479 (Custom)
なので窓を開けて
近くに流れる川のせせらぎを聞いて
気分だけでも涼しく。。(;^ω^)

collage_photocat
バスルームとお手洗い。

P1410450 (Custom)
洗面スペース。

このデザインは松葉っぽい
群馬の茜彩庵山水さんとか
いろんな宿を思いだすわあ

collage_photocat
基礎コスメはしっかり揃ってます

ドライヤーは小さくて非力

collage_photocat
大小タオル アメニティ 巾着

仲居さんが各自の身長を聞いて
浴衣のサイズを交換してくれました

P1410441 (Custom)
お茶を淹れてくれたので
りんごゼリーと一緒に

鍵は1つです。
けっこうバラバラに出歩いたので
できれば2つ欲しかった

P1410481 (Custom)
お部屋のお菓子。

どれも売店で販売してます
宿オリジナルの「二人静」が
おいしかったです


大浴場編につづきますー

【山野草の宿 二人静の公式サイト】
【山野草の宿 二人静 別邸の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
山野草の宿 二人静の口コミはこちら