本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
オーベルジュ オー・ミラドーの口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

勝又登シェフといえば
日本に「オーベルジュ」を定着させた人

そして何十年もの間
フレンチの最先端を走り続けてきた人

そんな草分け的存在の方が築いた
超老舗オーベルジュ

なんだか我々にとっては敷居がたかくて
ずっと機会を見つけられずにいましたが

ついに訪問が叶いました

「オーベルジュ オー・ミラドー」さん

1986年に芦ノ湖畔に創業。

3つの宿泊棟
"パヴィヨンミラドー"(シャトー風)
"本館・オーミラドー"(フランス片田舎風)
"コロニアルミラドー"(バリ風)
が広い敷地に点在してます。

・チェックイン15:00/チェックアウト11:00
・『新春特別優待プラン・お部屋おまかせ』
2名利用で1名あたり16000円
・客室ではWi-Fi使用できませんでした
(各棟のレセプション付近で使用可)
・13歳以上から利用できます
・ジャグジーやプール(冬季クローズ)を利用の方は水着持参推奨です

1~3月ぐらいの芦ノ湖はオフシーズン。

急遽お休みが取れたので
箱根の宿を探してたら・・

目ざとくお得プランを発見

これはもう行くしかないっ
(。・ω・)ノ゙


前日にぽちっと予約です。

P1370778 (Custom)

P1370781 (Custom)
正面エントランスから
奥にそびえる白亜の建物が
"パヴィヨンミラドー"

いつも近くを通るたびに
そのヨーロッパの城っぽい外観に
目を奪われてましたが
実際見てもステキ
こちらの2階客室からは
芦ノ湖が一望できるとか

とりあえず空いてるスペースに車を停めて
荷物をおろしてみたけど
人の気配がない。。

ここにレセプションはないみたいだし
はて・・(・・?
と思ってたらスタッフさんが
隣の棟から走ってきて
本館の方へ案内してくれました

collage_photocat
チェックイン&清算手続きは本館で
φ(・ω・ )

夕食は
こちらのダイニングでいただきます。

BlogPaint
本館は一番古い建物なので
外観はやや経年を感じましたが
中はシックな雰囲気

ハーブティーをいただきつつ
館内の説明を受けます。

今回のプランはお部屋おまかせですが予約時に
「温泉が好き」という事を伝えていたので
大浴場がある"コロニアルミラドー"に
アサインしてくれました(のところ)

お部屋的にも
バリ風が一番好みだったので
うれしい.+:。(´ω`*)゚.+:。


P1370774 (Custom)
"本館"から"コロニアルミラドー"までは
徒歩5分ぐらい

暖かい季節なら
お散歩気分で移動できます

ただ、この時は小雪ちらつく2月。。

夕食に行く時は
しっかり防寒しないとキビシイです

春~10月ぐらいまでオープンしてる
プールやジャグジーへ行く時は
水着にバスローブで移動して良いのだって
(他の棟から大浴場を利用する時も可)

もちろん夕食時は洋服着用ですが
意外とカジュアルに過ごせるんですね~

collage_photocat
お部屋の玄関

館内用サンダルとルームスリッパ

P1370510 (Custom)
"コロニアルミラドー"の「206」

ひろびろワンルームタイプです

P1370523 (Custom)

P1370526 (Custom)
アジアンリゾートというかんじ

ベッド幅はシングルサイズで狭め。

なんとなく、
スパのエステルームのような雰囲気も

collage_photocat
メインの照明がベッドのランプなので
お部屋全体がかなり暗め。

ベッド脇にドレッサーがあるんだけど
昼間でも手元が見えにくかった

でもすごくムーディーで
異国情緒たっぷり


きっとインテリアにも
こだわりがあるんでしょうねえ(´ω`★) 

collage_photocat
籐で出来た南国風チェアの向こうは
雪が降りつもる熊笹。。

不思議な風景(;^ω^)
まあ日本だし箱根だし、仕方ないよね。

お水はサービス

室内禁煙で、館内廊下に喫煙スペースあり。

ミントのキャンディと
アーモンドチョコレート。

このチョコがすっごくおいしい

P1370525 (Custom)
柱や鴨居などを見ると
以前は和室だったようです。
(多分、ミラドーさんに隣接した旅館を
買い取ってリノベしたと思われる)

床の間はキラキラした装飾を施されてて
甘い香りのお香が用意されてます。

バリ気分を出すため、
さっそく焚いてみた
良い感じ~

もうお気づきかと思いますが・・

テレビはありません。

(ついでに冷蔵庫と金庫もなし)

無音に耐えられない連れは
タブレットで音楽を流してた

collage_photocat
飲物やおつまみを
ルームサービスで注文できますが
お高め&10%のサービス料あり。

冬はいいけど
夏に冷蔵庫なしはちょっとねえ。。
小さいサイズでいいから置いて欲しいわ。

collage_photocat
ベッドに掛け布団がなくて
いくらなんでも寒いだろう(;^ω^)
と思ってたら押入れにありました。

浴衣はなくて、着る物はバスローブのみ。
楽なルームウエアを持参すると良いかも

雪の中を歩く用に
靴に装着するスパイクあり。

ワタシ達は使わなかったけど
夕食時は結構積もってたから
ブーツで来てよかったです。

冬季に本館以外に泊まるなら
ハイヒールは避けた方がいいと思う

P1370513 (Custom)
お手洗い

やや狭いけど
きちんとお掃除されてます。

P1370512 (Custom)
洗面スペース

手拭きタオルとフェイスタオル。

バスタオルは大浴場に完備されてます。

collage_photocat
アメニティはラベンダーの化粧石鹸と
歯ブラシ・クシ・綿棒というシンプルさ。

基礎コスメは大浴場に用意されてますが
一応持参すると良いかもです。

P1370553 (Custom)
日が傾くにつれて
どんどん雪が積もってきました

でもお部屋から大浴場まで
20秒で行けるので
"コロニアルミラドー"にしてもらって
本当に助かった(´ω`★) 

P1370542 (Custom)
お部屋の鍵は1つ。

大浴場が激近だし
長い時間の別行動もなかったので
特に困らなかったです


大浴場編につづきますー

【オーベルジュ オー・ミラドーの基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
オーベルジュ オー・ミラドーの口コミはこちら