本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
地の食材と四季の味 七沢温泉 盛楽苑の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─

遅い到着だったワタシ達は
貸切風呂に入ったあとの
19:00から夕食

他のゲストはもっと早い時間に
スタートされてるようでした。

P1390063 (Custom)
ダイニング「小夜」

ライブラリーとおなじく
こちらも改装されて間もないみたい
キレイです( ・´ω`・ )

collage_photocat
7室のお宿にしては
ドリンクメニューが充実

地ビールや地酒、
ワインや焼酎などあり。

P1390046 (Custom)
スパークリングワインをフルボトルで

たしか、3000円ぐらいだったと思う。

P1390036 (Custom)
お品書き

順不同です。
最初に書いてある
「猪鍋」が宿の名物料理です

イノシシが苦手な場合は
事前に伝えておけば豚などと
替えてくれます

P1390047 (Custom)
前菜4種
左から干し大根のカレー風味・〆鯖
菜の花の辛子醤油和え・海老
うるいの塩昆布和え・ホタルイカ
手前のひょろ長いのが岩魚の皮唐揚げ


どれも上に魚介が乗ってますが
たべてみると、主役は野菜のほう


それぞれ面白い風味です
"うるい"と"塩昆布"って結構合うのねー

みんな美味しいし
日本酒にも合いそう

collage_photocat
お造り 紅マスのたたき 岩魚

紅マスは少し炙ってあります

岩魚は頭が真ん中に置いてある
さっきの唐揚げにも使ったんですね~

さばいたばかりでとても新鮮

普段は川魚より海のお魚が好きだけど
これはおいしい(´ω`★) 

P1390044 (Custom)
七沢名物猪鍋(ふたりぶん)

わあ~(*´∀`)キレイなおにく

ジビエを克服しつつあるワタシ、
これならいけそうなかんじ

P1390055 (Custom)
猪鍋を煮てるあいだに
揚物がやってきます。

ずわい蟹湯葉巻き
独活 こごみ タケノコ


桜の花が入ったお塩と一緒に

口に入れると
ふんわり、桜の香りが

P1390057 (Custom)
猪鍋のできあがり

心配してたくさみもなく
味噌仕立ての汁がおいしくて
連れと競うように箸をのばして、完食

(猪鍋は11月~5月まで)

P1390059 (Custom)
ブリ大根

これがまた!
甘めの煮汁がしみまくってて
うまーーー(*≧ω≦)


自分じゃこんなに上品に
仕上がらないのよねえ。。

P1390060 (Custom)
鹿肉の陶板焼き

下に茸や玉ねぎ。

生姜醤油でさっぱりと

P1390065 (Custom)
蓮根すり流し

すり流しとありますが
ゆるいお団子状のふわふわ蓮根

出汁餡に三つ葉のアクセントで
うまうま~(´ω`★) 

P1390067 (Custom)
釜炊きタケノコごはん

桜海老がたっぷりかかってます

おいしそう~(*≧ω≦)

collage_photocat
香の物
とろろ昆布と梅肉の吸い物


桜海老が香ばしくて
めちゃくちゃおいしいご飯


猪鍋も完食してたから
けっこう苦しかったけど
食べきりました

P1390076 (Custom)
伊勢原にある石田牧場の
苺ラテアイス


石田牧場さんのページ

デザートまで
地元産にこだわりますねえ

さっぱりしたミルクジェラードに
ほんのり酸っぱい苺味

しあわせ~

予想してたよりも
満足感の高い夕食なんでした

盛付けもキレイだし、
猪鍋以外の季節の料理も
食べてみたいなー

ジビエ好きの連れは
また猪がいい、と言ってたけど。。

collage_photocat
お部屋へもどると
お布団が敷かれてます。

源泉の水も用意されてた

しばし休んで
深夜にまたお風呂へ


次回の朝食・感想編でラストですー

【地の食材と四季の味 七沢温泉 盛楽苑の基本情報・予約】


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
地の食材と四季の味 七沢温泉 盛楽苑の口コミはこちら