本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
石和名湯館 糸柳の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─

P1400074 (Custom)
夕食は大広間のテーブル席で

個室もあるようでしたが
プランごとに場所が決まってるみたいです。

collage_photocat
スタンダードな会席コースにしたけど
品数たくさん

食前酒は信州デラウエア

collage_photocat
ヨモギ豆腐 岩もずく酢
鰆べったら焼き 針魚薩摩芋寿司
鴨ロース煮 鯛の子生姜煮
糸蒟蒻木の芽味噌 空豆
白魚と水菜の胡麻酢掛け


カゴに盛られた前菜は
どれも丁寧な仕事がされてて
味にメリハリがあります

会席の前菜というと
やたら甘・辛な物ばかりという事もあるけど
こちらは1つ1つが上品

collage_photocat
ドリンクメニューは日本酒からワインまで充実
グラスワインの種類も豊富で500円~

我々はスパークリングワインを
フルボトルでお願いしました。
(4000円ぐらいだったとおもう)

P1400044 (Custom)
お椀ではなく、小鍋なのね

焼甘鯛の薫り鍋

お出汁の主張は弱めだけど
ふわっとした甘鯛がおいしい

collage_photocat
桜鯛 マグロ 貝柱 アオリイカ

涼し気な盛付け

鮮度もよさそうで
どれも美味しいんですが・・

刺身がまだあるのに
醤油を下げられてしまう

品数が多いせいで配膳ペースが
早めなのもあるんですが
この会場のテーブル6席を
女性スタッフさんお一人に任されてて
もう、焦り(とイライラ)が
手にとるように伝わってくるんでした。


フロントにはあんなに人がいたのに
なぜ食事会場にいないのか。。


あちこちから
「お水、まだ?」とか
「ドリンクメニューちょうだい」とか
急かされててちょっと気の毒だった

でもお料理の説明は
きっちりしてくれました
(早口言葉のようだったけど)

collage_photocat
和牛溶岩焼き

「火がついてる間に焼いてください」
と言われて、あわてて全部乗せた

諸味噌や岩塩でいただきます。

P1400060 (Custom)
南アルプス豆腐水

これは糸柳さん定番のようで
湯葉になりかけた豆乳のようなものに
泡醤油と出汁ゼリーが入ってます。

なかなかおもしろい( ・´ω`・ )

P1400063 (Custom)
アワビ春の苦味焼き

まだ輸送ルートが確立されてない時代に
海産物を運ぶために濃いタレに漬けたら
アワビが柔らかくてうまい!となって
この地域の名物になったとか

たしかにやわらかい

蕗味噌が苦いけど、マッチしてます

P1400065 (Custom)
フォアグラ茶碗蒸し

岩茸の入った餡は甘め。

中はシンプルで具なしですが
フォアグラの破壊力がすごい(・ω・ ) 


超濃厚な茶碗蒸しですー
これが一番おいしかったかも

P1400068 (Custom)
タケノコと桜海老の炊き込みご飯
蛤潮仕立て 香の物


ご飯は山梨産の武川米コシヒカリで
ほどよいもっちり感

品数はあるけど
1つ1つは少量なので
苦しくならずに完食。

P1400076 (Custom)
抹茶のムース 柚子のフロート
フルーツカクテル


わあ~(´ω`★) 
デザートもちょこちょこ3種類。


抹茶のムースが
和菓子屋さんレベルでおいしい

夕食は1時間ちょいで終了。

ちょうど桜の季節だったので・・

P1400088 (Custom)
ミニ夜桜ツアーに出かけてきました

P1400089 (Custom)
毎年この季節になると
糸柳さんの系列宿
「くつろぎの邸 くにたち」さんの前あたりで
夜桜がライトアップされるのです。

P1400097 (Custom)
ファンタスティック( ・´ω`・ )

ほんの15分ぐらいですが
パッと見に行って帰れるのは良いです。

くにたちさんの方に泊まれば
目の前なので桜の季節はおすすめかも。

P1400134 (Custom)
お部屋へもどると
お夜食が用意されてました。

ほんと、サービス満点な宿だわ

深夜にもりもりといただきました


88種類が並ぶ朝食ビュッフェ編につづきますー

【石和名湯館 糸柳の基本情報・予約】


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
石和名湯館 糸柳の口コミはこちら