本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
うたゆの宿 箱根の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─

今回のお宿は
GW中の平日に
たまたま1室だけ空きを見つけた
箱根の超リーズナブル宿

「うたゆの宿 箱根」さん

ビッグエコーなどカラオケコンテンツで
業界最大手の第一興商さんが経営するお宿

箱根の他に
伊豆に2つ系列宿があります。

・チェックイン14:00/アウト11:00の22時間滞在
・無料の貸切風呂(3ヶ所)
・卓球無料/カラオケ(最新機種)90分無料
(※現在は80分480円の有料になったみたい)
・スタンダードツインルーム
2名利用で1名あたり9870円

連休中の箱根で
1人1万円以下は驚異的(・ω・ ) 


一体どんな宿なのか・・
興味津々ですー


連れの仕事が長引きそうだったので
ワタシだけ先に電車で前乗りすることに

箱根湯本まで行かずとも
小田原駅からバスの送迎あり
(事前に電話で予約します)

これは楽でよかった(*´∀`)

collage_photocat
とうちゃく

全50室。

小涌谷から芦ノ湖へ抜ける道の途中の
森の中にあります。

P1410759 (Custom)
ほぼ満席状態のバスが
玄関前に停まると

ワタシ以外のお客さんは
一斉に立ち上がって
ドアが開いた瞬間に
玄関に駆け込んでいきます

え?あれ?(;^ω^)

なんかワタシ出遅れてる??

collage_photocat
スタッフさんに誘導されて
フロントに行くと、もう長蛇の列

皆さん勝手を知ってるようで
貸切風呂やカラオケの予約を
チェックインと同時にドシドシ入れていきます。

そういうことか。。。

ぼんやりとアホ面で並ぶワタシも
何とか予約できましたが
貸切時間には枠があるので
確実に利用したい方は
早めにチェックインすると良いとおもう。

collage_photocat
チェックインが済むと
浴衣を選びます。
連れの分も選んでおいた

有料で色浴衣の貸出もあり。

スタッフさんの連携がとれてて
フロント付近がごった返してたわりには
スムーズな流れで客室へ

collage_photocat
客室は2~3階にあって
エレベーターで移動。

ワタシの部屋は
「323」のスタンダードツイン。

お部屋タイプは
・スタンダードツイン
・スタンダードトリプル
・ワイドルーム

の3タイプで
料金にそれほど差はありません。

今回は直前だったから選択肢なかったけど
ワイドルームが広くて良さそう

P1410677 (Custom)
玄関部分。

右側にユニットバスルーム。

P1410693 (Custom)
P1410698 (Custom)
一般的なビジネスホテルぐらいの広さ。

ベッドっぽく見えますが
小上がりに布団が敷かれた和ベッド。

敷布団が薄くて・・
寝心地はいまいち

P1410702 (Custom)
ソファーがある

お出かけが多くて
あまり部屋にいなかったけど
ゆっくり座れる場所があるのは良いです

P1410701 (Custom)
椅子の幅とぴったりのドレッサー。

色んな物がぎゅぎゅっと収納されてます。

collage_photocat
冷水ポットは空になると
フロントで補充してくれます。

館内に自販機あり。

引き出し式の金庫って
初めて見ました

collage_photocat
大小のタオルや浴衣の帯は
カゴに入ってます。

意外にも足袋靴下あり

collage_photocat
ユニットバス。

狭めですが
お風呂は使わないので特に問題なし。

collage_photocat
タオル掛けは例の小さいやつ。

ドライヤーは1200Wでパワフル

防災ヘルメットや軍手がある

安全意識が高いんですねえ。

P1410715 (Custom)
特に景色がいいわけじゃないけど
窓を開けるとさわやかな森の空気が

collage_photocat
さて・・
しいたけ茶でも飲んで
桜海老煎餅食べてほっこりしたら

連れが来るまで
お出かけしてきます~(´ω`★) 


貸切風呂や館内編に続きます。

【うたゆの宿 箱根の基本情報・予約】


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
うたゆの宿 箱根の口コミはこちら