本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
オーベルジュビストロフィガロの口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

3泊目のお宿は
白樺湖の近くの別荘地にある

「オーベルジュ ビストロフィガロ」さん

全8室。

貸切の露天風呂と内風呂あり

お料理の評判が良くて
フルコースディナーには
デザートワゴンのサービスあり


とっても楽しみにしてましたが

いろいろとね・・・

微妙な面もありまして

おすすめというわけではないので
ご興味ある方だけご覧ください

・チェックイン15:00/アウト10:00
・ツインルーム
(ファミリールームにアップグレード?されました)
お盆に2名利用で1名あたり14900円
・クレジットカード決済不可
・Wi-Fi敷設なし

P1470234 (Custom)
とうちゃく

外観はメルヘンなペンション
といったかんじ。

オープンして30年以上のようですが
外壁は適宜塗装し直してるようで
わりとキレイ

P1470090 (Custom)
玄関前に薪が山積み。

薪ストーブがあるのかな

P1470212 (Custom)
1階はロビー兼レストラン。

やっぱり薪ストーブありますね
冬場だったら
燃えてるところが見れたのにな~

P1470213 (Custom)
レストランの一角に
ちいさなフロント。

こちらで貸切風呂や
食事の時間を決めます。

対応してくれた奥様は
なんだか疲れた感じで
表情に明るさがないのが気になります

シェフのご主人と
お二人で切り盛りされてるようで
繁忙期でも人手を増やしてないみたい。
(この日は我々を入れて3組だったので
必要なかったのかもですが)

P1470096 (Custom)
お部屋は1階とのことですが
数段の階段を使います。

collage_photocat
階段の踊り場に
ビデオテープと将棋、オセロ。

DVDでなくビデオテープなところに
時代を感じます。

そしてビデオのラインナップは
ほぼドラえもんとやすきよ(・ω・ ) 

P1470094 (Custom)
1階のお部屋は2室あって
ワタシ達は右の「101」
に案内されました

このドア構造は・・・
同時に開けるとデンジャラス

P1470093 (Custom)
「101」の玄関部分。

左手にバスルーム。

P1470107 (Custom)
あれ??

ツインルームを予約したはずですが、、、

P1470119 (Custom)
(゚ω゚;)えっっ

ベッドが4つある

P1470129 (Custom)
P1470122 (Custom)
どうやらご厚意で
ファミリールームにしてくれたようです。
(特に何も仰らなかった)

一応、アップグレードに
なると思いますが
4つあってもなあ。。(;^ω^)

P1470127 (Custom)
窓からは庭の緑が見えますが
方角的にあまり日が入らず
昼間でも暗め。

P1470130 (Custom)
蓼科とはいえ
真夏は余裕で30℃超えてますし・・

すっごい多湿で
じめじめしてたんです

冷房らしきものを発見した連れは
すぐにスイッチを入れたんですが、、

故障?してるようで
ウンともスンとも言わず(;´Д`)
(扇風機は使えます)

P1470131 (Custom)
ワタシ「窓、開けようか

バタンバタン。

一瞬風が入ってくるも
近くにボイラーがあるのか
石油臭が流れこんでくる

ワタシ「やっぱり閉めようね

連れ「・・・・」
「暑いのは耐えられるけど」
「この湿度はムリかもしれない 」
「悪いけど車で寝てもいい・・?


(゚ω゚;)


普段から
文句を言うのはワタシばかりで
比較的おうようなはずの連れが
そこまで言うとは。。

P1470135 (Custom)
まあたしかにね、、

用意されてた浴衣とかも
しっとり湿った感じだし
建物全体が超多湿でした

結局寝る時は
扇風機を最強にして
何とかしのいでもらいましたが
寝苦しそうだったな。。


以前は涼しかったのかもしれませんが
最近は日本全体が温暖化してるので
避暑地と呼ばれる場所でも
冷房完備にした方が良いとおもう

P1470105 (Custom)
リビング

P1470106 (Custom)
P1470110 (Custom)
お茶セットとポット。

冷蔵庫はナシ。

collage_photocat
テレビは小さめ。
そして懐かしのビデオデッキ。

ドライヤーも古そうですが
普通に作動します。

P1470099 (Custom)
ユニットバス。

予想してましたが、狭いです

そしてやっぱり湿気がすごい

collage_photocat
タオル掛けがあったけど
永遠に乾かないと思うので
室内に干しましたが、、
それでも濡れたままでした

交換してほしい。。


広いお部屋にしてもらって
なんなんですが・・

落ち着かなかったなあ~( ;∀;) 

ワタシはひとり旅
箱根エレガンスさん
のおかげで多少耐性がありましたが
連れはかなりどんよりだったとおもう

広さとか清潔感とか
客室に求める物は色々あるけど
快適な温度と湿度
というのは基本なんだなーと
改めておもいました。

collage_photocat
館内に自販機はありませんが

フロント付近の冷蔵庫から
自己申告制で
ビールやジュースを購入できます。


貸切風呂編につづきますー

【オーベルジュ ビストロ・フィガロの基本情報・予約】


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
オーベルジュビストロフィガロの口コミはこちら