夕食は「和食」「フレンチ」「鉄板焼き」
から予約時に選択

ワタシ達はお目当ての
「フレンチ」にしましたが
席数に限りがあるので
直前に予約される場合は
先に確認しておくと良いかも

ちなみに
レストランは浴衣に羽織でOKです。

この日は外国人ゲストは
カジュアルなお洋服で
(女性はワンピース、男性は衿付きのシャツなど)
日本の方は皆さん浴衣でした。

P1680556 (Custom)
P1680553 (Custom)
レストラン「やまもも」

1階がフレンチで十数席、
2階に鉄板焼きのカウンターが6席
あるようでした。

スタッフさんが
席に案内してくれますが

対面に座るテーブルと
角×角に座るテーブルと
2つ用意してくれていて
どちらか選ばせてくれたのが嬉しかったです

P1680550 (Custom)
角×角の席をチョイス。

この方が会話しやすいです

3時間近い長丁場になったけど
楽に座れる椅子で、疲れず

P1680694 (Custom)
夕食メニュー

品数多くてたのしそう(´ω`★) 

P1680697 (Custom)
さて・・・

ドリンクメニューです。

覚悟してましたが、やはりお高め

グラスワイン1300円~
ハーフボトル6000円~
といった感じなので
いつものようにフルボトルを頼むと
高くつきそう

P1680696 (Custom)
なので、
ワインのペアリングをお願いしました

これが
すっごく良かった(・∀・)


(ティーペアリングというのも面白そう 
日本茶好きの人は良いかも

collage_photocat
ペアリングの最初はシャンパーニュ。

ワタシは
葡萄酢のソーダ割りをいただきつつ
連れのワインを味見です

collage_photocat
"戸田の本えびとキャビア"

包みを開けると
スコップの形をしたスプーンに
ひとくちサイズのアミューズ。

かわいい( ・´ω`・ )

そして、
ぷりっとした海老ちゃんがおいしい

P1680705 (Custom)
つづいて
"長谷川さんのシャンピニオン"

マッシュルーム農家の長谷川さんが
丹精こめて育てた
シャンピニオンを味わう料理

下層部はほろっとしたビスケット。
真ん中にシャンピニオンのペースト。
上に生のシャンピニオン。

口いっぱにひろがる
濃厚なマッシュルームのかほり

キノコが苦手な人には悪夢だろうけど
我々は大好物なので至福

P1680707 (Custom)
"西伊豆産黒米とすっぽんのクロケット"

「手でつまんでどうぞ」との事で
連れと1つずつ。

予想以上に揚げたてで
アチチとなりましたが

うまーい( ・´ω`・ )

ぷちぷちした黒米に
すっぽんの旨味が染みてます

P1680709 (Custom)
"戻り鰹の燻製"

写真を撮るワタシのために
ナイスタイミングで
蓋を取ってくれるスタッフさん。

「ばっちりですー(*´∀`)」
と振り返ったら
シェフだったのでびっくりした(*_*)

鰹の説明に来てくれたんでした

P1680710 (Custom)
P1680714 (Custom)
旬の戻り鰹を
絶妙の半生状態に燻製

何のチップで燻したのか
聞き忘れましたが

とってもスモーキー

P1680712 (Custom)
鰹にはこんなオプション付き。

2週間発酵させた
特製のトマト液で変化をつけて、
だって(・ω・ ) 

へえええ
サイエンス料理っぽいですね

ビジュアルが独創的だけど
味は想定内のトマト汁というかんじ。

コレなくても、
鰹だけで十分おいしいです

collage_photocat
ワインペアリングは
適切なタイミングで
年配のソムリエさんがサーブしてくれます。

「こちらは次の2皿に・・」
とか
その料理にこのワインを合わせた理由とか
ソムリエさんの私見なども
わかりやすく話てくれるので
1杯ずつ楽しんでいただけます

どれも美味しかったけど
樽の香りが強い白が印象的だったので
ワタシもグラスで追加

ペアリングは色々試せて
自分好みが見つかるのが良いです

collage_photocat
パンと緑茶バター

クリーム状のバターはなめらかで
ほぼ緑茶の味

無塩バターを使ってるのかな?
あまり塩味がなくて
見た目よりあっさり。

好みが分かれるかもだけど
ワタシ達は好きでした

P1680723 (Custom)
"旬野菜とフロマージュブラン"

野菜の下には茄子のソース。

フロマージュブランは
ふわふわのホイップで
どの野菜にも合います

文句なしにおいしい(*≧ω≦)

食べられるお花まで、
残さずいただきました

P1680727 (Custom)
"駿河湾の赤座海老とクレープ"

これがワタシの
フェイバリット(=゚ω゚)ノ


上にアマゴの卵、下に雲丹のソース。

P1680733 (Custom)
くるくると巻いて
ガブリと

海老は肉厚だし
雲丹のソースなんて
美味しくないわけない(*≧ω≦)

P1680728 (Custom)
メニューにはないけど
口直しのスープ
"レモングラス香るブイヨン"

ほっとすると同時に
お口爽やか

collage_photocat
ペアリングの最後の赤は
香りの変化を楽しむために
早めにサーブしてくれます。

コラヴァンの窒素サーバーだ(・ω・ ) 

コルクにニードルで穴を開けて
注いだ分だけ窒素が充填されるので
ワインの酸化が防げるスグレモノ

最近は三ツ星レストランでも
よく使用されてるとか

ボトルごと
ショーケースに入れる窒素サーバーは
数百万するけどこのコラヴァンは
7万円ぐらいでコスパが良いのだそう。


ふと横をみると・・
欲しそうな顔の連れ

いや、アナタはボトル開けても
飲み残す事なんてないでしょ。。

P1680741 (Custom)
"サワラのポワレ 山芋ペースト"

今の時期
最も脂がのってるサワラ

上に桜海老とナッツ。

山芋ペーストがよく絡んで
とてもおいしい(´ω`★) 

結構ボリュームもあって
メインに向けてお腹がふくれてきました

collage_photocat
"天城鹿 秋のコンソメ×杉錦 天保十三年"

メニューを見ても
謎なお料理でしたが・・

まさかの液体合わせ技

静岡の杉井酒造の山廃純米酒に
あたたかい鹿のコンソメをそそぎます。


ふむーー(・ω・ ) 

古酒のような・・
なんとも芳醇なあじわいになりますが

ワタシは微妙だったかな。

そもそもお酒が飲めない人は
楽しめないだろうし
アツアツのコンソメが
ぬるくなっちゃって。。

シェフの奇抜な発想はすごいと思うけど

できれば別々に味わいたかった(;^ω^)

P1680749 (Custom)
"熟成萬幻豚とキノコの朴葉焼き"

最後はがっつりとした
エイジングポーク

肉肉しく、食べ応えありで
ワタシは食べきれず
1切れ連れに譲渡

下のほうに
お肉の旨味を吸った黒米リゾットがあって
それがすっごくおいしかった

パンのおかわり、
しなくて良かったー( ;∀;) 
入らなかったと思います。

collage_photocat
1皿目のデザート
"梅酒の氷菓"

伊豆の酒蔵の梅酒を
シャーベットに

お好みで
「追い梅酒」できます

これはもう
梅酒自体がおいしくて
たっぷりかけていただきました

P1680760 (Custom)
2皿目のデザート
"ほうれん草のパンナコッタ"

上の泡もほうれん草で
下に甘さを抑えた
グリーンのパンナコッタ。

食べやすい野菜スイーツ、
こってりしたフレンチの後に良いわあ

P1680765 (Custom)
3皿目のデザート
"ショコラのチュイールと栗 洋梨のソルベ"

デザートが3皿もあるのが
そもそもうれしい(´ω`★) 

うすーいチョコのチュイールの中に
和栗のモンブラン

うまうま

collage_photocat
コーヒーとミルクティー

プティフールの
ひとくち生ショコラで〆て

大・満足((・´∀`・))


たのしかったー(´ω`★) 

攻めのフレンチは
たまに独創的すぎ!と思う物もあれど
面白い組み合わせや
美しいビジュアルで
たっぷり楽しませてくれました


帰りにシェフに
赤座海老のクレープが最高でした
と伝えたら
「ありがとうございます!自信作です!」
とニッコリ

まだ若そうな方だったので
これからもどんどん挑戦されて
研ぎ澄まされていくのではないかなー

collage_photocat
レストランから
そのままバーへ移動

ワンドリンクのサービスがあったので
ギネスとヴァージンブリーズ

P1680627 (Custom)
台湾からギターデュオを招いて
ミニコンサートを行ってました

ABBARESORTSは台湾が拠点だから
その関係かな?

P1680776 (Custom)
目の前の席だったのもあって
すごい迫力だった

フラメンコギターのように
ギターの表面を叩いたり
指の動きが見えないぐらいの速弾きの
情熱的な演奏

拙い日本語で
「数年前まではストリートで弾いてたのに
こんなステキな場所で演奏できて信じられない」

と語る言葉にまた感動

ううう、すばらしかったよ
これからもがんばって活躍してね(つω`*)


(坐魚荘さんでこういったコンサートは
初めての試みだったそうです。
今後もぜひ開催してほしいわあ

P1680777 (Custom)
就寝前に
しっかり無料自販機で
ハーゲンダッツをゲット

至福の夜なんでした(・´ω`・)



長々とした夕食編に
おつきあいありがとうございます
次回の朝食・感想編でラストですー

【ABBA RESORTS IZU-坐魚荘-の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────







ステキ温泉ブログがたくさん♪


──────────────────────