夕食は18:30から
レストランでいただきます

P1520571 (Custom)
2人掛けのテーブル席へ

P1520583 (Custom)
席の間隔がゆったりとられて
間に仕切りがあるので
他のゲストと視線が合う事はなさそう

P1520582 (Custom)
ゴージャスなサービスプレート

フォークの他に
お箸も用意されてるので
気楽にいただけそうです

P1520573 (Custom)
おしながき

和を取り入れたフレンチ、
といった構成。

collage_photocat
ドリンクメニュー

ビール、ワイン、日本酒、洋酒と
満遍なくそろってます

お宿の雰囲気から
高価格を覚悟してましたが
ハーフボトルもあるし
頼みやすい料金でした

P1520585 (Custom)
山梨のスパークリングワイン
『甲州酵母の泡』4000円ぐらい。

マンズワインさんの大ヒット商品

スッキリした中辛口で
飲みやすいです

P1520587 (Custom)
アミューズ
雲丹のグラティネ


P1520589 (Custom)
スフレのように蒸してあって
得も言われぬうまさ(´ω`★) 

一品目から
クリーンヒット


雲丹好きさんは悶絶間違いなし

P1520590 (Custom)
前菜 はなぶさ風山海の八寸

collage_photocat
牛肉とソーセージのアンクルード・コンソメゼリー
白身魚のムースとタラバ蟹のテリーヌ
米沢牛コールドビーフと彩野菜のルーロー
ノルウェーサーモンのゴマネット包み・キャビア


どれも小さいのだけど
米沢牛の肉感がはっきり感じられるし、
テリーヌは絹のようになめらか

サーモン&キャビアの組み合わせは
美味しくないわけない(*≧ω≦)

ワインがすすみまくるやつです

P1520600 (Custom)
お造り
日光「海老屋」の特製湯波
本鮪中トロ 朝〆鯛




ふぁびゅらす~

クリスマスリースに着想を得た
シェフ自慢のお造り
美しすぎる(*≧ω≦)

collage_photocat
お皿のふちから落とさないように・・

中央のワサビソースをつけて
いただきます。

マグロや鯛はもちろん
たっぷり厚い日光湯波がおいしい

散りばめられたイクラの中に
黄色のがあったんですが
口に入れると
柑橘の風味が弾ける

こんなにキレイで楽しくて
複雑な表情を持ったお造りは初めて


記憶に残る一皿でした~(´ω`★) 

P1520612 (Custom)
ごぼうのクリームスープ

こんなにクリーミーに??
というぐらいなめらかで濃厚

くるくるしたやつは
素揚げしたゴボウ

パンが欲しくなるわあ
と思ったら・・

P1520614 (Custom)
絶妙のタイミングで
自家製パンが

温かい状態で運ばれてきます。

ふっくらもっちりで
スープに合うー

P1520620 (Custom)
ロブスターと帆立貝のフリカッセ
パイケース包み


これまた美味しそう
(*≧ω≦)

2種類のソースが
たっぷりかかってますが
パイはサクサクのまま

P1520621 (Custom)
中にロブスターと
オホーツク産帆立がごろごろ

アメリケーヌ+ホワイトソースが
うまうまで
パンをおかわり

P1520622 (Custom)
みかわ牛ゴールドA5のグリエ
赤ワインソース 秋トリュフを添えて

P1520624 (Custom)
トリュフの良い香り

脂肪の少ないお肉があっさりして
食べやすいです

深みのある赤ワインソースと
ブラックペッパーがきいてて
おいしい。。(´ω`★) 

P1520626 (Custom)
〆の食事は2つから選べて
ワタシは 
焼リゾットのお茶漬け仕立て

鮭が入った焼おにぎり的な物に
上品なお出汁

P1520628 (Custom)
連れは
はなぶさ特製カレー

ワタシも味見したんですが
マンゴチャツネ?のような
トロピカルな甘さと旨味を感じる
絶品カレー(=゚ω゚)

カレー好きの連れも
「今までで5本の指に入るかも
と絶賛

P1520633 (Custom)
柿のタルト
栃木産アルプス乙女(りんご)と
ラ・フランスのコンポート


コンポートの果物もおいしいけど
柿のタルトがしっとりで・・
すごく好みでした

collage_photocat
紅茶とコーヒー


もう・・・・

何もかも素晴らしかった


ここ最近の食事部門で
ベストに近い夕食でした


温泉ないけど
来てみてよかった~((・´∀`・))


食後にシェフが
テーブルまで挨拶に来てくれたので
興奮と感動を伝える我々(=゚ω゚)ノ

少し前に着任された下元シェフは
熱海の有名宿で総料理長をされてたのだけど
こちらのオーナーに是非にと請われて
引き受けたのだそう

P1520670 (Custom)
ロビーに
世界料理オリンピックでの
入賞メダルが飾ってありました。

すごい人なのだと思うけど
とっても気さくで
オテル・ドゥ・ミクニの三國シェフと一緒に
食育事業に携ったお話や
お料理や食材に対する真摯な想いを
熱く語ってくださいました

お人柄も魅力的な方で
すっかりファンになった我々

またシェフのお料理食べたい!
絶対再訪する!
(*´ω`*)


って思ったんですが・・

下元シェフはこの数ヶ月後に
こちらを引退して故郷に戻り
小さなフレンチのお店を開く予定なのだそう。

ううう( ;∀;) 


非常に残念ですが
現在の料理長さんのお料理も
好評なようなので
いずれ訪問してみたいです


次回の朝食・感想編でラストですー


【オーベルジュはなぶさ日光の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗






──────────────────────