※前記事「地域共通クーポン使ってみました」、電子クーポンも使えたので明日追記します

──────────────────────



夕食は18:00から
レストランでいただきます

P1550467 (Custom)
なにせ2組だけなので
閑散としてますが
クラシックのBGMが流れていい雰囲気

P1550469 (Custom)
食前酒は梅酒サワー

甘すぎず、すっきり

P1550470 (Custom)
お品書き

「香箱蟹」とか「信州牛サーロイン」とか
楽しみなメニューがたくさん

collage_photocat
ドリンクメニュー

充実してます

特にワインは
信州の銘柄が豊富

P1550487 (Custom)
井筒ワインのシャルドネを
4500円ぐらいでした。

果実味あふれて飲みやすいわあ

P1550466 (Custom)
先付がならびます。

P1550480 (Custom)
蛤と菜の花文旦和え

P1550482 (Custom)
茄子泥甕煮(どんがめに)

すりごまの入った煮物で
見た目よりも繊細なあじわい

P1550478 (Custom)
香箱蟹姿盛り

わあ~((・´∀`・))
北陸旅行で食べて以来だわ~

蟹酢でいただきます。

P1550479 (Custom)
内子や味噌も別盛りで。

蟹が大好物な連れ、歓喜
(*≧ω≦)



序盤からレベルが高いので
期待感アップ

P1550484 (Custom)
蕪すり流し 雉葛打ち

ワタシ、みぞれ鍋とかも
大根より蕪のほうが好きなんですよね。

しゅわしゅわした蕪おろしは
すこしピリッとした辛さもあって・・
お出汁が引き立ちます

雉肉はそれほど野生味が強くなくて
とっても上品

柚子の香りとあいまって、
うまーーーい( ;∀;) 

P1550489 (Custom)
鯛の薄造り

うつくしい~(´ω`★) 

ネギと七味を巻いて
ポン酢でいただきます。

まあ、間違いなくおいしいよね

P1550492 (Custom)
胡麻豆腐 美味出汁

大き目に切ってあるなあ
胡麻豆腐って
合間にちょこっといただく印象ですが
自信作らしい

「美味出汁」と書くだけあって
ほんとうに美味(゚∀゚)

もっちり胡麻胡麻しい豆腐は
甘くないのんべえ仕様

P1550498 (Custom)
信州牛サーロイン塩焼き

うつわも盛付も素敵

P1550497 (Custom)
肉の厚みによろこぶ連れ

酢橘をかけて
染めおろし、岩塩などで。


香ばしく焼けたサーロイン、
中はめちゃくちゃジューシー

うまいーーー( ;∀;) 

P1550500 (Custom)
鍋が登場。

(1人1鍋?と勘違いしましたが
もう1組のゲストの分でした

P1550501 (Custom)
鶉(うずら)鍋

すっっごい良いかほり(´ω`★) 

「鶉は苦手ではないですか?」
と聞かれたけど

まったく無問題

味の濃い鶏肉のような感じで
抵抗なく食べられるんじゃないかなー

P1550503 (Custom)
鍋に入れる前に焼いてあるのね

細かい骨はあったけど
食べにくいほどではありません。

旨味がくちいっぱいに広がるわあ

P1550502 (Custom)
焼いた九条葱や
鶉のつみれもおいしい

連れと競うように食べて
具材を完食

鍋スープは雑炊にしてくれるので
一度撤収されます。

P1550504 (Custom)
鮎の薄衣揚げ 大葉

P1550506 (Custom)
まるっと揚がった鮎ちゃん

ほろにがさが良いですねえ

レモンと素塩で。

P1550508 (Custom)
おたのしみの
鶉雑炊


P1550509 (Custom)
お米は長野県産コシヒカリ

鶉の出汁がしっかり出て
期待通りの美味


連れ「何杯でもいけるねー

ワタシ「いけちゃうねー(´ω`★) 」


もちろん、おかわりして完食。

P1550512 (Custom)
リンゴの白ワイン煮
(お品書きは梨でしたが、変更)

甘さよりも
ワインが前面に出た大人のコンポート


もうもう、大・満足(*≧ω≦)


1万円台のお宿で
こんな上質なジビエ料理がいただけるとは

大当たりだわあ( ´∀`)


駒ケ根といえば
二人静さんの夕食 も美味しかったなー

我々の食の好みに合う地域なのかも?

また来なければ



次回の朝食・感想編でラストですー


【ホテル季の川の基本情報】 (休館中)
【姉妹宿 季澄香の基本情報・予約】



──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗