うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

結唯  -YUIー 1~2回目(奥湯河原)

2014 結唯 朝食・感想 ④

2014 結唯 夕食③
2014 結唯 大浴場②
2014 結唯 お部屋①


朝食は8:00~9:00の間から選択。

この頃は早起きが辛くない時期だったので

8:00にダイニングへ

P9195009
昨日と同じカウンター席です

P9195006
P9195004
なんと清清しい朝ヾ( ´ー`)ノ

おめざの小田原みかんジュースを 
くいっといきます

P9195011
最初に運ばれてきたお盆

P9195014
P9195015
P9195016
P9195017
P9195019
P9195013
甘めが嬉しい出汁巻き玉子        
椎茸・ちりめんじゃこ・牛肉しぐれ
おひたし                    
薩摩揚げ 山葵漬け添え
塩辛                       
サラダ

うーん。。。。。。
塩辛もこんな器に入ってると
グッと珍味感があがりますねえ


お味はごくフツウの塩辛で
ご飯がすすみました( ´∀`)


P9195020
P9195027
白ごはん か お粥 を選べます

とくにお米のウンチクはなかったけど
つやつやして美味しいご飯でした

思えば
宿に来るとほとんど
朝は洋食にするか
和食でもお粥にしてた気がします


昨夜の食事が程よくて
温泉にたくさん入ったのに
疲れてないどころか
食欲倍増で
何だか元気なんでした(☆゚∀゚)

P9195029
干物も 珍しくカマスにした(* ̄∇ ̄*)

前日に カマス・鯵・金目から選んでおきます

そんなに長くないけど
肉厚だったわあ(*´Д`*)


dc092197 (Custom)
当然 連れはもっとお腹に余裕があるわけで・・・

金目をお願いしてたんでした

キレイにたいらげてた

dc092191
dc092192 (Custom)
野菜と揚げ出し

ししとうがすごーく辛いのに当たりました~

でもお出汁が美味しくて

カラダが温まります

dc092193 (Custom)
dc092194 (Custom)
今朝も器に凝ってます

鯛の中には

クリームシチュー

朝から珍しいですー

どちらかというと和食屋さんの
作ったシチュー、という感じ

クリーミーだけどしつこくなくて

ペロリ

P9195033
水菓子     柿や葡萄・梨

P9195034
dc0921103 (Custom)
紅茶コーヒーをいただいて

ああなんだか前回の朝食は

もっとあっさりしてた気がするけど

今回はすごく満足

何かを方向転換しただろうか。。。
それとも前回が不調だったのかな

P9195003
お部屋に戻って日経読んで
(特に興味をひかれたわけでないけど
 そこに読み物があると読んでしまう)

P9195001
P9195002
お風呂に行ったら

飲み物が丹那の牛乳になってた

ごくごく飲んで

お部屋に戻って

しつこく滝を眺めて、ぼんやり(●´ω`●)


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

チェックイン 15 時   アウト 11 時

一人30000円ぐらいでした

今振り返っても、ベストチョイスだった.。゚+.(・∀・)゚+.゚

必要なときに必要な物が与えられたというか

ただひたすら お湯と空気と

視覚と味覚を楽しませるお食事を

受動的に味わってればシアワセ(*´ェ`*)


引き算のうまい宿だなあ と思ったんでした

高級旅館って建物・家具調度から

お食事・おもてなしまでやろうと思えばいくらでも~

なんでしょうが

それを選りすぐって

過剰さを取り払った末のシンプルさに

人は癒されるのかもしれません(*´ -`)


また特別な時に(特別に疲れてる時に?(≡ω≡.)

泊まりたいお宿ですー


今回もオツキアイ、ありがとうございます(●´ω`●)


【奥湯河原 結唯の基本情報・予約プラン】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ステキ温泉ブログがたくさん♪

2014 結唯 夕食 ③


夕食はダイニング「泡沫(うたかた)」でいただきます

P9184986
P9184955
P9184914
P9184958
前回と同様に 
カウンターの席でいただけたらウレシイわあ( ´∀`)

と思ってたら

そのように案内してくださったんでした

雰囲気のあるダイニング 好きです~

dc092103 (Custom)
さっぱりとしたお品書き

字面からは 
どんなお料理かあまり想像できない

それがかえって楽しかったのだけど。。。。

dc092102 (Custom)
最初のドリンクをサービスしてくださったので

いそいそとビールを頼む連れ

dc092104 (Custom)
先付    。。。。。。。。おうち??

dc092107 (Custom)
dc092108 (Custom)
屋根をとると   
蒟蒻とお野菜の胡麻和え

炙りホッキ ←じゃがいもをすったソースがかかってた

P9184923
先付2    バーニャカウダ

これはちょっと予想外

2人ともかなり好きですー

いろんなお野菜がぎゅうぎゅうに入ってて

イカリングや海老まである

テンションアップなんでした

P9184924
アンチョビオイルでいただきます

舌を焼きそうにアツアツ

こんなの美味しいに
決まってるじゃない。。。。。。。。。(ノω`*)

野菜おかわりしたいぐらい(*゚∀゚)

P9184926
前菜     秋彩々

これまた凝ってますねえ(・∀・)

今回は全体的に
盛り付けの華やかさと季節感が凄かったです

白い砂に見立てたのはアラレ

P9184930
玉子カステラ    銀杏  
海老  鯖昆布〆桝寿司
もみじポテト   お豆腐田楽

一つ一つ細かな仕事がされてます

飾りの稲穂がポップコーンみたいに弾けて
「食べられるんですよ」
というのでいただいてみました


香ばしいお米のお菓子みたい(・∀・)

dc092116 (Custom)
小鉢に入ってたのは 
松茸・キノコ・山菜のおひたし

dc092124 (Custom)
お椀     雲丹豆腐

つぶつぶのはっきりした雲丹

じゅんさいの入ったお出汁

雲丹饅頭は茶巾に絞ってある

オトナの味なんでした(*´ェ`*)

P9184976
P9184931
ずっと視界の端で
気にしていたワインサーバー

最高の状態で提供できるのだそう

早速お願いしてみたんでした

P9184941
グラスワインがあれこれ試せて
楽しいわあ

P9184817
P9184816
P9184815
P9184813
ワイン推しのお宿ですが 
日本酒・焼酎などもまずまず揃ってます。

ワインはボトルで5000円ぐらいからあるし
デキャンタでも頼めるので自由度高し

dc092127 (Custom)
お造り   相模湾の恵み

菊の花びらが敷き詰めてある

dc092128 (Custom)
鮪  イナダ  ホッキ貝

( *´艸`)

美味しくいただいて・・・・・・

P9184945
P9184946
台座になってたピンクグレープフルーツが
あまりに瑞々しかったので
思わずスプーンをもらってしまったんでした


喉が渇いてたみたい。。。

甘酸っぱさが嬉しかった・・・

dc092133 (Custom)
焼物     これまた、栗で秋を演出

目を楽しませてくれますねえ.。゚+.(・∀・)゚+.゚

P9184948
P9184951
黒ムツの木の芽焼き  
赤い四角いのは蒟蒻

紙に包まれてたのは 
松茸など3種のキノコ

酢橘をぎゅっとしぼっていただきます

dc092147 (Custom)
温物    百合根饅頭

ほっとしますね、お出汁の饅頭

百合根の他に 栗・海老・オクラなどが入ってた

dc092153 (Custom)
お食事と一緒に
強肴
がでます。

dc092159 (Custom)
dc092158 (Custom)
dc092160 (Custom)
dc092164 (Custom)
薬味どっさりですが 
下に鰹のたたきが入ってます

お漬物が非常に美味 
(色んな物が白菜に巻かれていた)

ほうじ茶をいただいて、
程よいお腹加減

連れは足りなかったかな?と思ったけど・・・

ゆっくりお酒と一緒に食べたから
満足気な様子

dc092170 (Custom)
水菓子   豆乳のムース

前回のホワイトアスパラ入りデザートで
身構えてましたが(≡ω≡.)
ふわふわの淡雪のようなムース

黒みつを少しかけていただくと
いいあんばい

まあ、、、冒険心がないと
名作は生まれないのかもしれません

あれがあっての、
この美味しさだと思うことに(* ̄ー ̄*)。。

P9184975
P9184997
お夜食にいただいたオニギリ

深夜にもそもそと食べたんでした( ´∀`)

P9184991
お部屋に戻ると お布団が敷かれてた。

P9184992
P9184993
薄めに見えた敷き布団
すごく ぐっすり眠れた

読書灯もあります

P9184906
定位置に座って   

ひたすらぼんやり。。(●´ω`●)

いつもはあちこち動いてるんですが

長い時間  
ただただ ぼんやり滝を眺めてました。

うんと疲れてたからでしょうか

カラダも心も 
ずいぶん休まった気がしたんでした


次回の朝食・感想編でラストです~

【奥湯河原 結唯の基本情報・予約プラン】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ステキ温泉ブログがたくさん♪

2014 結唯 大浴場 ②


大浴場は4階にあるので

エレベーターで移動します

P9184863
24時間 いつでも入れます

結唯さんには貸切風呂などがないので

お風呂はここのみ

思いたったらふらりと来て

10分で出ることもあれば

1時間近くまったりする事も

基本、エレベーター移動で

お部屋を出て ものの数分でいけるから

気軽に利用できるんでした

P9184859
大浴場前に 飲み物が用意されてます

P9184860
「ねじめびわ茶」   「ビワミン」

前回は 牛乳や飲むヨーグルトがあって
瓶のまま冷やされてて
その「丹波のヨーグルト」が美味しくて
ちょっと楽しみにしてたんですが
今回はこちらに変わってました


P9184862
でもこの「ビワミン」    
美味しかった

ワインビネガーをベースに
枇杷の葉エキスや
蜂蜜・ローヤルゼリーなど入ってるそう( ´∀`)

カラダが酸性に傾いてるときは
「酸っぱく」感じるのだって(・∀・)

確かに 1日目に飲んだときは酸っぱくて
翌日の方が甘さを感じたんでした

連れはずっと「酸っぱい」と言ってたけど。。。

P9184895
りんどうを活けた寄木細工の花瓶がステチ

dc0921110
dc0921109
脱衣所    

洗面ボウルは2つ

混み合う事はまずないので 十分なスペースです。

P9184867
P9184869
基礎コスメ・アメニティも揃ってます

タオルもたっぷりで

いつでも手ぶらでOK

P9184870
内湯   
こちらは少し小さい方の大浴場

P9184894
サウナがあるので 水風呂もあり。

P9184871
カランは3つ

左手に露天へ続くドアがあります。

露天風呂、内風呂とも

ひたひたとオーバーフローしてるので

いつも床にお湯が流れてる状態

P9184876
露天風呂

適温すぎて気持ちよいです

温めで なめらかなお湯

P9184877
P9184889
隣に デッキチェアがあって

しばしばこちらで

ぼんやりと川からの風に吹かれてたんでした

P9184890
見下ろすと   お部屋からも見える滝

dc0921119
dc0921120
dc0921122
dc0921123
もう1つの大浴場

若干湯船が広め
サウナなど、スペックは同じです。

こうして写真で見ると
さほど特徴的なお風呂ではないんですが
不思議なほど居心地が良いんですよね~(*´ -`)

ちょうど色んな事が重なって
二人とも疲弊しきって
ヘロヘロ状態な時期だったので
このシンプルさが
ストンと心に落ちてきたのかも。


ごく自然に リラックスできてたんでした

趣向を凝らしたお風呂や
貸切風呂がたくさんあるのも楽しいけど
ただただ疲れを癒したい時は
こういう小規模&上質宿が良いんだな~
としみじみ感じたんでした

P9184978
P9184982
P9184980
P9184979
お風呂あがりに館内をふらふら

ロビーラウンジや

100インチの大画面TVがあるシアタールーム。
(有料で借りられます。
こちらでお食事も可能だそう

どこにいても

大きな窓から緑が眺められて

湯河原の自然をすぐ近くに感じられるお宿です(●´ω`●)


次回は 心配が杞憂だった夕食編です♪

【奥湯河原 結唯の基本情報・予約プラン】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ステキ温泉ブログがたくさん♪

2014.9 結唯 再訪 お部屋 ①


奥湯河原に再びやってきました

前回の訪問が2012年の夏なので、、、

2年ぶりの訪問になります( ´∀`)

前回レポ

P9184899
繊細な照明と ピカピカの床は健在

ため息がでるわあ

P9184902
本館5室 離れ2室  

しっとり静かな大人のお宿

お部屋もお風呂もダイニングも上質で

ずっと再訪したかったのだけどね、、、、

前回の夕食に出たデザートの

「ホワイトババロア」 ←ホワイトアスパラがたっぷりはいったババロア

の奇妙なお味が頭に残っていて

なかなか予約にいたらず。。。。。。。。。。。


でもでも 今回の再訪で

その心配はキレイに払拭されたんでした

P9184854
P9184855
チェックインが重なったせいか

今回はお部屋での記帳になったんでした

エレベーターで2階へ上がって

前回のお部屋の隣の 「千」へ

P9184782
手前に 側室の入り口

奥のスリッパがある所が 
主室の入り口
(どちらから入っても中でつながってるんですけどね・・

正面はバスルームのドアになります。

P9184783
P9184784
P9184790
15帖 + 6帖  で前回のお部屋と同タイプ

広く大きく 足元までとられた窓からは

絵のように青々とした緑

P9184796
やはり滝が見えますねえ

P9184799
P9184801
眺めてるだけで 清浄な空気と
マイナスイオンが取り込めそう。。。(*´ェ`*)
(窓、開いてないけど)

P9184850
例によって  
側室にある椅子を窓際に置いて

読書したり  
ぼんやりしたり。。。。。。


至福タイムです(●´ω`●)

P9184791
P9184792
床の間は すっかり秋のしつらい

P9184840
P9184842
浴衣が一人3枚ずつ  
希望すれば作務衣も用意もあるそう

大浴場にバスタオルがあるので
手ぶらでOKなんですが

湯籠の準備もあります。

カメラを持ち歩くワタシ達には 
とっても助かる(=゚ω゚)人(゚ω゚=)♪

P9184787
P9184788
冷蔵庫の中の 
小瓶サイダーと烏龍茶はサービス

他に冷水の入ったポット、お茶セットもありました

P9184824
鏡が大きくて 使いやすい洗面

P9184825
アメニティの基礎コスメは 
エリクシールのトラベルキット

P9184828
沸かし湯になりますが 
檜の内湯がございます

2年経っても 
黒ずみやカビが少しもないのにビックリ

入れ替えてるのかなあ。。。。

新品みたいに綺麗なんですよ

皆さん大浴場へ行かれるから

あまり使用されないのかしら

P9184830
バスアメはミキモト

大浴場も同じです。

P9184805
P9184802
お部屋でウェルカムお菓子をいただいたんでした

湯河原「小梅堂」さんの

青梅  と 栗鹿の子

どちらか聞かれたので

それぞれ一つずつ

P9184843
美味しそうだったから  
連れとシェアしてみた

上品な甘さなんでした

P9184809
鍵は2つ

大浴場しか出かける所はないんですが

お互い好きな時間に何度も行ったので

とっても重宝しました


お部屋は禁煙で
無線LAN完備です。

普段は和室より洋室が好みなんですが
なんだか居心地良いお部屋なんですよね・・・
入ってすぐにリラックスできてしまう


次回は大浴場の様子です♪


【奥湯河原 結唯の基本情報・予約プラン】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ステキ温泉ブログがたくさん♪

2012 結唯 朝食・感想 ⑤


 翌朝もサワヤカに目覚め・・・

 ないのがいつも不思議ですが、もぞもぞと起き出して朝食に向かいます。


 寝具が良ければ良いで寝すぎるし、合わなければうまく寝付けなくて

 結局さっぱりとは起きられない。。・・(=ェ=`;)


P7032905

 朝ごはん~《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛

 出されたみかんジュースもちょっと口つけちゃってから撮影^^;

 三段のお重が出てきましたよ~  なんじゃらほい?

P7032907

 空っぽ。。。。。。。。。。

 二段目は鮪?ねぎとろ的な?ネギはないけど。  

続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド