うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

鶴鳴館 松坂屋本店 1~3回目 (箱根)

2013.12 鶴鳴館 松坂屋本店  朝食・感想 ⑤


朝食は8:00からで、昨夜と同じ席。  掘りテーブルで

PC260675
だいたいセッティングされてます

小鍋があるっ

湯豆腐かな~

温泉で温まってたけど

やっぱりお腹に温かい物いれたい

PC260678
PC260679
PC260680
PC260681
PC260682
PC260683
りんごジュース

サラダは 白菜と茗荷
しゃきしゃきで瑞々しい
フレンチか和風ドレッシングでいただきます。

ちょっとでもお刺身があるのは良いわあ( ´∀`)

かいわれのおひたし  お漬物など。

PC260684
エボ鯛

PC260693
とっても見離れが良いんでした(・∀・)

肉厚で美味しい。。。。

以前、朝の干物の焼き加減が
イマイチな時があったので
やや懸念してたのだけど
これは買って帰りたいぐらいのレベル

PC260690
出し巻き玉子   鼈甲餡

連れのは蟹入り。

PC260694
小鍋は予想通りの湯豆腐

なめらかだけど 
形の崩れない湯豆腐は手作りかしら

朝の湯豆腐、
そんなに手間じゃないのだから
自宅でも食べればいいのだけど
帰ると完全に失念してしまう

PC260691
PC260685
PC260692
PC260689
身体に優しい朝食(*´ェ`*)

そんなにボリュームのあるおかずはないので

お櫃のご飯、完食

PC260701
しんとした廊下を歩いて 

お部屋へ戻ります

外はまだ雪が残ってた。

dc1231125
チェックアウトまで

お湯三昧(●´ω`●)


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

チェックイン15時   アウト11時

今回のプランは一人 21000円 

メゾネットのお部屋では とっても破格だったと思います。

素敵なお湯を満喫できました。

東府やさんといい

私達がリピートするお宿は

20室ぐらいの規模で

お食事は重からず、軽からず

何だかそこに居るだけで身体が楽になる

という共通点があるようです(・ω・)

(食事に関しては、物足りないとかボリュームがとか言ってますが。。
 単にくいいじが張ってるので旅先で食べすぎなんだと思う^^;)


そしてクリスマスイベントなど、飽きさせない努力

特に想い出深い宿泊となりました。。(*´∀`*)


松坂屋さんは

一つ一つのお部屋の造りも異なるので

まだまだ泊まる楽しみはたくさん

年に一度は来たいお宿です



いつもご訪問ありがとうございます♪(*^-^)



【鶴鳴館 松坂屋本店の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

ブログランキングに参加してマス♪

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

スポンサーリンク

2013.12 鶴鳴館 松坂屋本店 バー「箱根山」 ④


シャンパンパーティー

1部 ロビー、ツリー前で17:00~

2部 バー「箱根山」で21:00~

PC250531
今回の予約がクリスマスプランだったかどうか
不明だったんですが。。。。(・ω・)

何杯飲んだか覚えてないぐらい 
飲ませてもらいました

BlogPaint
最近はすっかりめんどくさくて

自宅でツリーを飾るという行為から遠のいてたなあ。。

やっぱり良いものですね~

PC250583
17時過ぎに  いそいそとロビーに行くと

シャンパン  ロゼワイン  ソフトドリンクなど
サービスしてくれます

PC250584
PC250585
PC250586
チーズ鱈 とか ドライフルーツ 柿ピー

なども

PC250587
夕食前から 盛り上がってたんでした

ロビーにたくさんゲストがそろって

パーティーっぽい雰囲気。。ヾ( ´ー`)ノ

PC250590

PC250592
じっくり見た事のないお土産コーナーも賑ってた。

松坂屋さんの「湯の花」効きそうだけど

自宅で入ってもやっぱり何か違うのだろうな~。。

ちっちゃな 鉄瓶のカタチの箸置きが可愛い

PC250650
夕食をはさんで、、、、、

やっと・・・・・・

開かずのバーだった
「箱根山」さんへ足を踏み入れるんでした

PC250651
うれしいわあ

dc123177
(●´ω`●)

一枚板の 立派なカウンター

顔が映るぐらいピカピカ

カウンターの端っこに陣取って

バーテンさんと 色々おはなし( ´∀`)

PC250654
PC250655
またまたシャンパンをたくさんいただきつつ。。。。


満室ですねえ( ´∀`)

と言ったら

メディアに取り上げられてからお客さんが増えたとか。

雑誌などより、テレビの威力が凄かったそうです

今日は女将さんはお休みだそうで ご挨拶できなかったんですが

お元気にしてらっしゃいますか?

って聞いたら

「毎日、飲んでます」 だって( ̄m ̄〃)

なんでも若旦那や 社員には下戸が多く

女将さんだけがお酒好きなのだそう

その他、ここだけ話を聞きつつ

夜は更けていったんでした

BlogPaint
次回のクリスマスも 

「もっと大掛かりな企画を考えてますので ご期待ください」

とのこと(・∀・)

本当に楽しい夜でした

今年も、、、行けたら良いなあ。


次回の朝食・感想編でラストです。


【鶴鳴館 松坂屋本店の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

ブログランキングに参加してマス♪

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

スポンサーリンク

2013.12 鶴鳴館 松坂屋本店 夕食 ③


夕食は19時から、ダイニングでいただきます( ´∀`)

PC250648
掘りテーブルなので足がらくちん

そういえば初回に来たときは

座布団だけで座椅子がなかったんでした。

更に居心地良くなってるわあ

PC250606
PC250622
PC250623
PC250624
中央のテーブル席も使用されていて、すごく賑やかだった。

テーブルの端っこにあるのは・・・

色が変わる陶器のライトみたい。

クリスマスを意識して置いたんだろうか

PC250609
PC250608
お品書き

ちょっと良いコースらしいのですが
品数が多いのか
食材が豪華なのかはまだ不明。

年末の事なので
前菜などは品書きと異なる内容でした。

苺の食前酒もそこそこに・・・・

dc123122
( ´∀`)

dc123124
旬菜

dc123125
dc123126
dc123127
dc123128
芹・えのき 帆立浸し           
ムツ寿司

姫サザエ                  
あんぽ柿 海老

ムツ寿司のシャリはなんだか
懐かしい「おかかごはん」でした

海老の下にあるあんぽ柿がトロッとして美味しい

海老は生姜で蒸してあるようで、
すごく上品な味付けです(*´ェ`*)

PC250613
柚子の白子

コレ、絶品でした(●´ω`●)

温かい柚子の風味が凄く感じられて

白子と湯葉と混じりあってとろとろ・・・

今思い出してもまた食べたい

PC250615
PC250618
椀盛

アレルギー対応で 左のはワタシのエボ鯛真丈

右はデフォルトで連れの蟹真丈

共に、巻いたり編んだりしてある魚はサヨリです。

ほわほわのお魚と お出汁

冬のお椀は特にホッとしますね


そういえば、
この時が最後の蟹アレルギー対応だったかもしれません。
ちょっとした持病の免疫治療をしていたのですが
ついで?というのか、終了後にはアレルギーまで治まったのです
。。。今年に入ってから、小学生以来の蟹を食べました
これで北陸方面にも行けますっ(〃 ̄∇ ̄)ノ彡

PC250620
造里

平目 ムツ 鯵

ポン酢ともみじおろしでいただきます

お刺身、とっても美味しいのだけど

ちょっと少なめかな~って前回も思ったんでした

お刺身好きだから  たくさんあるとウレシイ。。

PC250621
PC250630
合間に  冷酒や 熱燗を追加

日本酒の種類は来る度に結構変わっていて、選ぶのが楽しいです

PC250626
焼物

季節の、、、とありましたが

鮑でした(* ̄∇ ̄*)

ちょっと意外。

PC250627
バターとお醤油のシンプルな味付けだと思うんですが

しつこさが全くなくて 食感がちょうど良いわあ(´∀`*)

肝にからめて ちびちびといただきました

PC250628
中皿

足柄牛  じゃが芋  椎茸  ししとう  

渋い器

PC250629
わさっと乗ってるのは揚げ人参。

デミグラっぽいソースにピリッと黒胡椒?かな

大黒椎茸というおおぶりな椎茸が肉厚で美味し

。。。。。。。もっとたくさんあっても良くってよ

PC250641
ちょっと珍しいお酒

白鶴なんですが

-12℃の特殊な凍らせ方をしたそうで

運ばれてきた時は液体だったのに

栓をあけて注いだら みるみるシャーベット状に

思わず歓声をあげてしまった.。゚+.(・∀・)゚+.゚

注いでくれたスタッフさん、ちょっと得意気

白鶴も色々と商品開発してるんですねえ。

これが飲めるお店、なども検索できるらしい。

小瓶で600円とお手軽なので

見かけたら飲んでみてください~

PC250632
PC250634
蓋物

真鱈の酒蒸し   蕪みぞれ  
菜の花  揚げ黒胡麻豆腐

あったまるわあ・・

揚げで黒胡麻豆腐は珍しいなあと思ったら
手作りなんだそう

鼈甲餡に山葵がいいアクセント。

どこまでも上品だなあ。。

PC250637
PC250639
鮭としめじの炊き込みごはん

お漬物  赤出汁

わりとお腹に余裕があったので

お櫃のぶんまで 

まさかの完食( ̄ー ̄)


どのお皿も 強い味がなくて
身体に優しい

満足だわあ

dc123165
デザート

フルーツだけかあ。。

ってちょっとガッカリしたんですが

このオレンジが

まるでゼリー?

みたいな滑らかな舌触りで、ただものじゃない

PC250644
スタッフさんに聞いてみたら

ちょっとお待ちください、って言って

わざわざプリントアウトしてきて説明してくれた。

「紅まどんな」っていう

みかん×オレンジの品種なんだそう

せとか とか デコポンはスーパーでも見かけるけど、、

こんなみかんがあるんですね~。


いつも通り、ゆっくり2時間ぐらいかけてのお食事後は

シャンパンパーティー


次回は開かずのバーだった「箱根山」編です♪


【鶴鳴館 松坂屋本店の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

ブログランキングに参加してマス♪

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


スポンサーリンク


2013.12 鶴鳴館 松坂屋本店 露天風呂付き客室(つづき) ②


お部屋の露天風呂のご紹介です

dc123108
広縁から 左の方に見える洗面へと続いています。

dc123104
そして左手にシャワールーム。

PC250536
こちらの水道も凍結防止のため 

栓を止めないでね、とのこと(・ω・)

就寝時にお水の音が気になったので

コップか何か、ワンクッションを置いたりしてみました。

PC250537
PC250538
二階に置いてある湯かごのタオルの他にも
数枚用意されてた

基礎コスメは
アロマエッセをボトルで置いてくれてます

dc123118
このシャワールームがね。。。。

仕方なかったのだろうけど、なんというか 

「通り道」 的なスペース。

開けるとすぐに デッキへ出るドア  という造り。

椅子に座って洗うと やや圧迫感があるのです

このお部屋唯一の残念ポイント


さて、いざ露天風呂へ《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛

dc123105
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

広々だわあ

奥は足湯です。

露天風呂の上は深く庇がかかってるので、
雨天でも安心

PC250554
反対から見たところ。

広縁からそのまま出られるのですが

びしゃびしゃしそうなので

先ほどのシャワールームドアからの利用なんでした

足元が暗い時間は

お庭に落っこちないようにご注意を。

dc123107
足湯にももちろん源泉が

湯温はやや高め。

PC250551
足湯の上は スケルトンな屋根。

ここに藤の花でも咲かせたら見事だろうなあ・・
などと思ったけど
温泉成分の湯気で枯れてしまうかしら

PC250545
到着直後は 透明ですこーしグリーンがかってた

思ったよりも大きな浴槽です

深さがあって  肩までどっぷり浸かれます。

余裕で二名入れて

足ものばせる(* ̄∇ ̄*)

中に、腰かけられるステップがあったら言うことなしだなあ。。

PC250549
PC250557
真ん中の湯口から自然に流れてる源泉だけで

意外とちょうど良い温度

脇にある蛇口は 源泉と加水のシンプルなもの

温度調節はらくちんです

PC250568
大量に舞う湯の花

松坂屋さんのお湯って  
ホントに最高だわあ(●´ω`●)

お部屋で好きな時に入れるこの好機を逃さず・・・・・・・

PC250580
いつも持参してるパック

人目を気にせずお手入れタイムなんでした

温泉で相乗効果ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ

PC250665
夜になったら 
すっかりミルキーグリーンのお湯に

温泉って「ナマモノ」なんですねえ。。

気象条件や季節、気温によって変わるみたいだけど

宿泊中にどんどん変わるから 見てて飽きないわあ

PC250596
PC250597
お部屋のお風呂があまりに良かったので

今回は大浴場へは行かずじまい。。

大浴場・貸切風呂の様子は →前々回レポ

PC250530
クリスマスイベントとして

しゃんぱんぱーりぃ(☆゚∀゚)

ですよ

わりと直前に あわあわと予約してきたので

この時は内容がよくわかってなかったけど

楽しげな予感。。。。


次回は夕食編になります~。
「最旬極上創作料理」という凄そうな名前のコースなんでした。


【鶴鳴館 松坂屋本店の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

ブログランキングに参加してマス♪

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ


スポンサーリンク

2013.12 鶴鳴館 松坂屋本店 露天風呂付き客室 ①


何度ぐらい宿泊すると「定宿」と呼べるのでしょうかね~?(・ω・)

「あそこの温泉なら、ワタシの定宿があるんだけど・・・」

なんて

いつか言ってみたい。。( ̄m ̄〃)


さて

三度目の訪問になります

「鶴鳴館 松坂屋本店」さん

前回の訪問から数ヶ月後なので

ワタシ達にしてはハイペースな訪問ですっ( ̄‥ ̄)=3


ひきかえ、、

スローペースなこのブログ、、、

もう半年前のクリスマスの出来事なのでした

毎度遅くてスミマセン(ノω`*)

でもでも

こんなにクリスマスを楽しめた温泉旅館は
初めてなんでした

PC250483
PC250481
ラウンジの雰囲気は変わらずしっとり。。( ´∀`)

茶香炉の香りが落ち着きます。

平日でも まさに25日、クリスマスだったせいか

満室に近いようでした

PC250579
今回はとってもお得なプランでとれたので

メゾネットタイプの露天付き客室に宿泊です

楽しみ。。。。。。。


前回レポ(内風呂付き二間・和洋室)
前々回レポ(リビング付き和洋室)

PC250487
スタッフさんみんなで飾りつけしたという
ツリーが飾ってありました

PC250490
お部屋は「姫沙羅」

PC250491
PC250492
玄関を入ると 二階へ続く階段が見えます。

手前に水屋。

PC250493
PC250494
水道のお水は 
凍ってしまうので完全に止めないように とのこと。

箱根でもこのあたりは気温が低いのですね~

PC250497
PC250499
冷蔵庫の中はビールや日本酒、
ミネラルウォーターなど。(有料)

フロント近くに自販機も置いてます。

dc123102
一階の和室と広縁

何より最高だったのは、、、、、

PC250529
この オットマンとソファー(*゚∀゚)

PC250565
座って軽く体重かけると

ぐいっとリクライニング

好きな場所に置けるし

寛ぎ度満点なんでした

滞在中はほぼここが定位置

PC250503
二階に寝室

幅の広いダブルベッド

左右にぼんぼりライトがあります。

PC250517
ベッド前にテレビ。

距離を考えると ちと小さめ(・ω・)

ワタシ達はほとんど見ないから良いけど

一階も二階も控えめサイズなテレビです。

後ろの壁面と 間接照明使いがステチ

PC250523
PC250524
強力なヒーターと加湿機で 快適(・∀・)

もっと寒いかなあと思ったけど

全く問題なく過ごせました

PC250505
窓際のスペースも居心地良さそうだったんですが

一階のリクライニングソファーが良すぎて

ほとんど使わなかった。

PC250508
PC250509
奥に書斎とクローゼット

PC250510
PC250512
浴衣やタオル、足袋など。

バスローブもあってウレシイわあ

でも、二階にあるといちいち上り降りしなきゃならなくて
ちょっと不便・・(=ェ=`;)
結局全部一階に持っていったんでした。

PC260697
PC250566
足袋とは別に、もこもこソックスもありました

これが暖かくて重宝したわあ(*´Д`*)

次の月の東北旅行にもお供してもらいました

羽織は 中綿キルティングがボタンでつけられるもの。

これも暖かいし、合理的で良いですね~

PC250532
お部屋のお菓子はいつもの湯餅。



次回はお部屋の露天風呂のご紹介です~


【鶴鳴館 松坂屋本店の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

ブログランキングに参加してマス♪

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ


スポンサーリンク

記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド