本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
四季の湯座敷 武蔵野別館の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
朝食は7:30 8:00 8:30から選択
なんとなく、早めに支度しにきそうな予感がしたので
最も遅い時間にお願いしました。

・・・案の定、30分前に仲居さんがいらした
P1120002 (Custom)












またたく間に準備完了
P1120005 (Custom)












朝食にもお品書きあり
P1120008 (Custom)












小田原蒲鉾  山葵漬け  烏賊雲丹和え
P1120006 (Custom)












手作り豆腐

武蔵野別館さんは
湯葉とお豆腐の宿でもあるので
こだわりの自家製豆腐
大豆の味が濃くて確かにおいしい
P1120012 (Custom)












カサゴの煮付け  

小骨ありですが
生姜がきいててしょっぱすぎない
朝から煮魚って結構お腹にたまるなあ
collage_photocat









湯の花豆腐  

豆腐が炊き上がると
溶けて温泉の「湯の花」のように白く濁るそう
朝の定番料理です
collage_photocat









小皿にのったマリモみたいなのは
おぼろ昆布醤油

これを鍋に投入すると

もわもわもわ~っと泡がたってきます

おぼろ昆布から出汁がでて
お味もいいかんじに

コレ楽しい
自宅で湯豆腐作るときにやってみよう
P1120022 (Custom)












自家製の納豆
大粒です

豆腐やら納豆やら大豆が多くて
イソフラボンたっぷりとれてしまうわあ
女性はうれしいかもですね~
collage_photocat









茶碗蒸し  湯葉のお浸し

茶碗蒸しの中には
真鯛・筍・椎茸・銀杏など
collage_photocat
















最初に お粥さん が出て
後から香の物と一緒にご飯がお櫃でやってきます

お粥には温泉玉子が入ってた

おいしい~( ・´ω`・ )

連れもワタシもお粥で満腹。
ご飯にたどりつけず、でした

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

チェックイン 15時  アウト 11時

1人 18900円

平日でも満室に近くて
相変わらず活気がある別館さん

館内には
そこはかとなくお香が漂ってて
旅館情緒ありますー
レトロな雰囲気が好きなんだけど
そろそろ改装したほうが良さそうな所も

そういえば
お布団が薄いのも気になったかも
マットレスなしの一枚敷なので
ちょっと体が痛かった

湯処いっぱいで
退屈せずに過ごせました
温泉にたくさん入りたい人は楽しいと思いますー

すごーく突出した魅力があるわけじゃないけど
箱根でお部屋食で、お風呂三昧できるから
お手頃なのかもしれませんね~
ベテラン仲居さんの対応もこなれてて
距離感も心得てる感じです

露天風呂の付いたお部屋がいくつかあって
スイートルームは170㎡ぐらいあるらしい
一生泊まる事はないけど
見てみたいですー

箱根2泊旅レポはこれでおしまいです。
珍しく再訪巡りだったけど
色々あったなあ。。

一度泊まったぐらいでは
分からない事もある
という事がわかりました(・ω・ )

もちろん楽しんだんですよ~

でも帰りに連れと
箱根は鬼門なのかもしれない
しばらく間を置こうか
などと話してたんでした


(ところが同月にまた来ることになる)

(そしてナイスな宿に出会って狂喜)

(それはまた別のおはなし。。。


いつもお付き合い
ありがとうございます(●´ω`●)


【四季の湯座敷 武蔵野別館の予約・基本情報】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪




本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
四季の湯座敷 武蔵野別館の口コミはこちら