うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

伊豆のうみ  (伊豆)  

伊豆のうみ 朝食・感想 ⑥


朝食は8時にお願いしました。

仲居さんが口々に 
おはようございますーって爽やかに声かけてくれる(*´∀`*)


そういえば昨夜から

他の宿泊客の方とほとんどすれ違わないなあ。

かちあわないようにしてくださってるのか

部屋数が少ないからなのか。。

P4276527














今日のお食事個室は床の間にこんな演出。

米俵を模してるのかな~

後ろの壁に移る様がキレイでした

dc050163P4276528









朝食全景。

P4276533













ポン酢でいただきます。

P4276534














湯むきしたトマト

dc050175












自家製の胡麻ダレをたっぷりかけて。。。。

これが甘ったるくなくて、

絶妙の胡麻ぐあい(*´ェ`*)

シンプルなんだけど、美味し♪

P4276539














大粒の蛤の味噌汁

P4276537














鯵の干物もふっくら焼けてた

P4276532

















後からやってきた湯豆腐(・∀・)

昆布が可愛らしくカットされてます

P4276542


















つけダレも土瓶で温められてる

コレ、いいな。。。。。。( ̄m ̄〃)

湯豆腐にしか使えなさそうだけど、ちょっと欲しくなるわ。

隣に炭が入ってますね~。

P4276529P4276538









大粒の梅干と 

これまた美味しいお漬物で

ご飯がすすみます。


昨夜の満腹が日響いてるはずなんですが、、

どこいっちゃうんでしょうねえ。。

二の腕とハラまわりかな。。。。。。。。。。。。( -д-)ノ

dc050171

















昨夜の鯛しゃぶの頭を煮付けにしてくれてます


生姜がきいてて

甘さとしょっぱさが絶妙

無言で身をむしる私達。。



ここで女将さん登場

光輝く笑顔でご挨拶

今朝のお着物もステキなんでした


昨夜の食事が素晴らしかったと伝えると

「それは何よりでした~。皆様にお褒めいただいております~」
ってちょっと得意気。

お料理には絶対の自信を持ってるのですね~(。-∀-)


「旬の物もございますから、、また違う季節にでもぜひ」
とおっしゃるので
他の季節はどんなものが出るんですか?
鯛しゃぶは定番なのかしら?
と伺うと

「そうですねえ、、何度かいらしてくださると

鯛のみぞれ鍋

などお出しできまして、大変評判が良いですよ~」

だそう。

なるほどぉ。。
常連さんになればお料理もあれこれ凝ってくださるらしい。

み、みぞれ鍋、、、、

食べたいよっっ(>ω<)


上品かつ、フレンドリーな女将の営業トークもまた、絶妙なんでした。

dc050178

















食後の水菓子と

チョコレートとさつまいものきんつば(手作り・美味)をいただきながら

「また食べてしまった。。」と腹をさすりつつ

P4266442




















予約していた貸切露天へ。。。

朝も気持ち良いんでした(●´ω`●)




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



チェックイン15時  アウト11時


6室全て露天付きで広いお部屋です。

今回のプランは
ワンドリンクサービスのタイムセールで一名30000円ちょい


とにかく、尋常じゃないお食事でした((=゜エ゜=))

まさに「料理のお宿」

リピーターが多いのもわかります。


食事に重点を置くワタシにはとっては再訪したい度満点

お値段だけがネックではあれど・・(=ェ=`;)

またお得なプランなど出たら、行きたいなあと思える宿です。

満足でございますょ


欲を言えばハード面で

他のお部屋にもソファーを設置して欲しいかなあ。

もし再訪するのなら、檜の露天のお部屋が良いので♪( ̄m ̄〃)


サービスも基本的には「なるべく立ち入らない」姿勢のようで

プライベートを大事にして、ゆっくりしたい&とにかく美味しい食事を
求めてる人に向いてます。


レポを書いてたらまた食べたくなってしまう( *´艸`)

満足度の高いお宿でした





ご訪問ありがとうございます(*´∀`*)


【料理の宿 伊豆のうみの基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ブログランキングに参加してマス


人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

伊豆のうみ 夕食 ⑤


夕食は18:30から。


「お料理の宿」と銘うってるこちらのお宿。

お料理界の重鎮、
濱田貞夫氏がプロデュースなさってるそう。

王道にして繊細。


地魚をふんだんに取り入れつつ

はずさないツボみたいな所が
随所に感じられたお料理でした

dc050133

















お食事をいただくお部屋は、広々した個室(・∀・)

後ろがサンルームのようになっていてお庭が見えます。

P4266485














しつらいも素敵で 料亭に来てるみたい。。(*´ェ`*)

部屋数分だけ、趣の異なる個室を用意してるそう。

P4266467














お品書き

詳細が書かれていたのでわくわく


P4266468P4266469









山桃酒   二色胡麻豆腐 蓬入り

コロンと山桃が入ってて可愛らしい食前酒

P4266474













ここでお食事を担当してくださった仲居さんが

「プランにワンドリンクサービスがございますが、いかが致しましょう?」

と。

そういえば、、、あったね。
何が選択できるのか聞いたら

ビールでも日本酒でも何でも良い、とのこと。

あらそぅお?( ̄m ̄〃)

ではオコトバに甘えて

P4266486















日本酒2合頼んだ

バラがあしらわれてます 

P4266487













お猪口も美しいデザインで、気分上がります(´∀`*)

P4266475P4266476









日本酒の種類はまあまあ、ワインのお値段をちょっと心配してたのだけど

アルコール類は割とお手頃設定(・∀・)

シャンパンなんかも置いてました。

P4266481

















前菜  青柳 (若葱 からし酢味噌)  →青柳好き(*≧m≦*)酢味噌と合いますー
     金目鯛炙り寿し  翡翠空豆  →空豆に金粉、銀粉がついてた。銀粉なんてあるんですねえ。
     温燻食パン博多押し      →自由な発想。最高のおつまみ♪
     クリームチーズ西京漬け   →これは想像通り。鉄板。
     パプリカ芋寿し         →お芋のなめらかなムース


お酒、すすみます


P4266490















お椀   蛤入り白玉饅頭  白きくらげ

料理の重鎮は関西調理師「大京会」(イロイロあるんですねえ)の会長さんでもあるそうなので
「美味しい出汁」を期待してましたが


しびれる美味しさε=ε=(;´Д`)

もっちりとした白玉饅頭も上品で優しい。。

もう、鉄人と呼ばせて。・゚・(*ノД`*)・゚・。

P4266493



















お造り  すぐ近くの富戸漁港で毎朝仕入れてくるそう

石鯛  クシロ(地方によって呼び名は変わるようです。メジナの一種)

ひらめ  かわはぎ


白身が多い、「地魚祭り」

盛り付けも美しく、いつもながら歓声゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

ひらめにポン酢、普段はなかなか食卓に上らないもの。

嬉しいです

P4266497P4266499









まあ、飲みますよね

甲州の新酒  むちゃくちゃフルーティーで連れもワタシも好みだった

飲みやす過ぎるとどんどんいってしまう危険もある。。


古めかしいどっしり(お値段もどっしり)なワインばかり置いてるお宿などより
よほど好感持てます。
単にヴィンテージの味がわからんだけかもですが( ´∀`)アハッ


担当してくれた仲居さんは 小柄で小顔でしっかりした方。

お宿の前身を教えてくれた。

元は富士フイルムさんの保養所だったのを買い取って
「花のれん」を開業。
閉館した後、2009年に「伊豆のうみ」さんになったそう。

浮山温泉郷ではもう新規の旅館営業許可が下りないため
既存の旅館や保養所を新装してオープンするしかないそうです。


伊豆、箱根と、「保養所リノベ旅館」はほんとに多い。
仕上がりは様々だけど
リピーターの多い宿は結局お料理やソフト面の質が高いのだなあと思う。
「伊豆のうみ」さんに早くも胃袋つかまれそう。。。(〃 ̄∇ ̄)

P4266500

















焼肴   鰆蕗味噌焼き
      筍酒盗漬け  才巻海老塩焼き
 (しっかり焼いてあるのに身が縮まってない)
      穴子胡瓜春巻
      
P4266502

















煮物   牛ロース  丸茄子  花山椒  

これがもう。。。。。。

絶品(●´ω`●)


味が染みまくってるけど崩れてない

出汁に牛の味がうまーく出てて

単体だと強い花山椒もいいあんばいで脂に中和


お肉を出そうとすると、安直に焼物
になりがちなのに、このセンスが良いわあ

ワタシ、身もココロもご満悦、満腹


P4266505



















鍋物   伊豆名物  金目鯛しゃぶしゃぶ  
      水菜  大根  豆腐  ズッキーニ  茸 人参 レタス  長葱


鍋率、またまた上昇中

立派な金目もさることながら

お野菜豊富ね

自宅鍋よりずっと豪勢

P4266507














四角い土鍋でぐつぐつしたところへ

薄くスライスしてあるお野菜なんかをしゃぶっと

P4266506














薬味とポン酢でいただきます

おなか苦しいんだけど、鯛しゃぶなら入れてしまえー

あっさりで、手作りらしいポン酢も美味しいこと(ノω`*)

P4266516

















〆はうどんかご飯なんでした。

連れ、うどんを頼んで 鯛とお野菜のエキスたっぷりのお出汁で
スルスルいったかと思えば


お代わりΣヽ(゚Д゚○)ノ

しかも2玉分頼んでる。。。。。


満腹中枢が焼き切れたんでしょうか。。。


持ってきてくれた替え玉うどんが1玉強分、という感じだったので
「もうちょっと多めに~、、、」
なんて、更にたたみかけてる

調理場も「おおそうか、そんなに食うのか」と思ったのか
持ってきてくれた替え玉はどう見ても
3玉分
になってました・・(=ェ=`;)




食べてましたけどね。

P4266514













そういうワタシも、最初にうどんを食べて〆たつもりが、

「、、京風。。漬物が美味しいんぢゃ?」

と思い、おもむろにご飯もオーダー


調理場になんと思われてるかは考えないようにして

ありがたくいただきました~(*´ -`)

長芋やら人参やら、お漬物は予想を上回る美味しさ(>ω<)

P4266518














最後の方は

「憑かれるように食べた」 


これが美食の宿のなせる技。。。。。。。。。。。

我々の「くいいじ」を最大限引っ張り出されてしまいました。。
(スミマセン、ただただ意地汚いだけです)



限界領域に来てるのを悟ったのか、

「デザートはお部屋にお持ちしましょうかね」

と笑う仲居さんの気遣いもまた、有り難さ8割、羞恥2割。


P4266519

















お部屋に持ってきてくれたデザート

静岡産メロン  黒蜜ゼリー  山桃アイスクリーム

「アイスは冷凍庫に入れておきますね」
との事で、お部屋に冷凍庫が存在する事に気づく。

お腹をさすることしばし。

撃沈した連れにかまわず
普段はあまり好まないメロンをうまうまといただいたんでした。
(苦手苦手、と言いつつ良質な物だとパクパク。甘いメロンでした)


すごいごはんだったなー

他のお客様は恐らく私達より、お年もはるか上なようだったのですが
団塊・シニア世代の健啖ぶりに毎度驚愕。
あの量をクリアできるぐらいでないと高度成長期は生まれなかったのかひら。



堪能しました。(●´ω`●)


次回、朝食・感想編でラストです~


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗



ブログランキングに参加してマス


人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

伊豆のうみ 貸切の露天 ④


「伊豆のうみ」さんで、
お料理ともうひとつ楽しみにしていたのが・・・

P4266419
















幅7メートルという広い貸切露天(*゚∀゚)

フロントに連絡して予約をとります。(無料)

一回45分ですが、
空いていれば何度でも入ることができます

到着してからすぐ、
16時に一度入ってみる事にε=ε=(・ω・)


P4266423













しっかりと風呂上り生ビールのオススメ( ̄m ̄〃)

P4266424















玄関脇のラウンジスペースを通りすぎると

仲居さんが待っててくれて

簡単に説明と案内。
(距離的には部屋からすぐです)


P4266427
















脱衣所の洗面。

お部屋と同じ「伊豆の恵み」化粧水。

冷水ポットが置かれてます

P4266425

















そしてお部屋と同じ、ふかふか大判タオル

小粋な形の団扇なども。。

P4266426

















アルカリ単純泉で、肌あたりがとても柔らかなお湯

湯あたりしにくい、優しい温泉(´∀`*)

ph値は高いのですべすべになります。

P4266429



















最初に 内湯のデカさに驚くΣヽ(゚Д゚○)ノ


踏み台からして、高さがあるのがおわかりになるでしょうか。。?

深さもあって、すっぽり肩まで浸かってしまう。

体長169cmのワタシが手足を伸ばして 大の字になっても足が反対に届きません。

P4266430

















よくお手入れされた檜風呂で お湯のまろやかさが際立つ感じ。

ガラス戸を開け放つと

半露天気分で湯浴みできます。


ここが気に入って、何気に一番長居したかもしれない

ざばざば~~っと

お湯が溢れる様が 豊かな気持ちになるわあ(●´ω`●)

P4266436














カランが2つ。

P4266438

















引き戸の向うが 広々露天風呂になります

P4266432



















貸切の中でもトップクラスの広さ(長さ?)

泳げそうですね~(* ̄∇ ̄*)

暗くなってからも素敵だけど

着いてすぐか 翌朝か

日差しの中で入られると良いかと。。


P4266435

















クロカシの木に手が届きそう。

森の音が風と一緒にさわさわさわ~っとして

開放感ばっつし

P4266446















昔はこの仕切りを真ん中に持ってきて

二つに分けて使用してた模様

そら広いわけです。

P4266434















腰掛けるステップは横にずっとついてます。

露天の方が少し熱めにしてあったかな。

消毒の匂いもこころなしか。。
(露天は仕方ないですね。そのせいか、内湯のほうが無味無臭で温泉感が味わいやすかった)

P4266443

















屋根が深くかかってるので雨でも大丈夫そう。

木漏れ日がキラキラ反射して綺麗です

P4266440



















贅沢な貸切露天

だんだんこの宿の魅力が染み込んできました~



翌朝も予約をして、、、、
後はお楽しみの夕餉を待ちながら、まったりです。


P4266449













館内のそこかしこにあった不思議なオブジェ。


仲居さんに聞いたら 本物の蟹や魚に金属をコーティングした作品なんだそう。
初めて見るアートです


鈍く七宝焼きのように光る不思議な美しさ

地元の方の作品なんだろうか。


謎めいて、怪しげ。

高級旅館らしいですねえ(。-∀-)



次はいよいよ、待望の夕食を盛大にいただく回です~



【料理の宿 伊豆のうみの基本情報・予約】


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


スポンサーリンク


ブログランキングに参加してマス


人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

伊豆のうみ お部屋の露天風呂 ③


お部屋の洗面・内風呂・露天風呂のご紹介です。

P4266393















洗面はシンプルなシンク。

その奥が内湯というか、バスルームになります。

P4266396P4266397









P4266398P4266399








アメニティーの基礎コスメはパウチの物と、ポーラのトラベルキット。


「伊豆の恵み」っていうお化粧水がボトルで置いてあったから
ばしゃばしゃ使ってみました(*´∀`*)
なかなか良かった
売店にもしっかり置いてました~。

リモコンは浴室内のイロイロ操作らしい


ミストサウナ、後で試してみたら

細かい霧 というよりは 水滴 がぶわーっと降り注ぐ感じ。

P4266402

















浴室がね、、   無駄に広い


浴槽はフツウの大きさなんだけど

洗い場がえらく大きくとられていて

ひとつお部屋が入りそうなぐらい。

これ全体をミストサウナにするのは難しそう。。(≡ω≡.)

P4266403












ちっちゃく見えちゃいますね

ここに半露天、とか作っても良かったかも。

P4266405












シャンプー類はアロマエッセ。

P4266408














こちらの浴室から、露天風呂のあるデッキへ出られます

P4266390















壁面も竹で、凝ってるけど傷みがちょっと目立ってきたかな~。

そろそろ取り替えると良いでしょう。

夜は上の灯りがともって風情があります

P4266391

















寝室からも出られるけど、濡れてしまいそうなので出入りは浴室から。

P4266386

















6室それぞれ趣向の違う露天だそう。

こちらは岩風呂でした。

源泉掛け流しで  温度調節も簡単.。゚+.(・∀・)゚+.゚


ベランダ風呂っぽいけど掘り下げ式。

もっと眺望が良くて、檜の浴槽のお部屋もあるみたいです~。

P4266387















広さは充分

一応、脇に手摺はありますが、足腰が弱い方はちょっと大変かも。

ステップもあるので長湯できます

P4266389

















緑が迫る感じは初夏っぽくて良いです~。

野鳥のさえずりがあちこちから聞こえて

日々の疲れもほぐれる。。。。。。。

P4266394














大判のタオルが二枚ずつ置いてあるの。


このタオルがまた、、、、

なんともふっかふか


ホテル仕様のレピア織り(レピア繊維で高密度に織ったもの)で
特注だとか


上質なタオルって贅沢な気分になれます(*´ェ`*)

浴衣もそうだけど、肌触りの良さにこだわってるお宿はスバラシイ

高ポイントなんでした



次回は幅7メートルの広々貸切の露天を紹介します~。


【料理の宿 伊豆のうみの基本情報・予約】



☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


スポンサーリンク


ブログランキングに参加してマス


人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

伊豆のうみ 露天風呂付き客室 ②


引き続き、お部屋のご紹介( ´∀`)

P4266373

















玄関を入って右手が寝室。

手前にコの字型のカウンター。

P4266374













ツインベッドです。

読書灯は真ん中にひとつ。

(お布団を希望する方には和室に用意してくださるそうです)

最初は固めに感じたベッドですが
ワタシは熟睡

連れはちょっと体が痛いと

いつも思うけど、ベッドの好みも人それぞれですね~

P4266375














こんな「寛ぎコーナー」も設けられてました。

ソファーも広縁の椅子もあるので全く座った記憶がありませんが・・(=ェ=`;)

P4266378P4266379








冷蔵庫の中。

缶ビールと氷結。。  とお水。

P4266380













意外に有料

良心的価格だけど、一人3万円超える宿だし

どうせなら無料にしちゃえば?

と思わなくもなかったです、はい。


(冷蔵庫問題は宿それぞれ考え方あるのだろうけど、ちょっとしか置かないなら無料にしてしまって
 有料にするならギッシリ詰めて、地ビールとかちょっといい100%ジュースとか置けばいいのでは)



ちなみに寝る前に冷水ポットを置いてくれます。

P4266377














お茶セットのほかに、コーヒーメーカーがあります。

お部屋で記帳してたら、女将が挨拶に来てくださり
6種類のコーヒー豆の中から選ぶサービス。

P4266413












マンデリンにした。  

コーヒー好きさんには嬉しいサービスなんじゃないかしら(・∀・)

P4266376













巨大なナノイー空気清浄機


加湿機能もあったけど


この広い空間はまかないきれまい。


でも全然乾燥を感じませんでした(。・ω・)


露天の付いたお部屋って何故かあまり乾燥しない気がする。

P4266384

















ベッド側から見たところ。

デザイン的にどう、という所はあまりないけれど

落ち着くお部屋です(*´ -`)


少し前の「お金持ちの別荘」に来たような感じ。

(ゴミ箱が「ここぞ」という所に必ずあって、使い勝手が良かった。デザイン先行のお宿だと
 たまにどこにもゴミ箱が見当たらなかったりして右往左往する)

P4266411

















女将さんにお茶とお菓子をいただきつつ、、、
(わらび餅、美味し

夕食の時間やお風呂の説明をしてもらう。


電話の声の通り、上品で涼やかな佇まいの人

鈴が鳴るみたいな可愛らしい声で、しとやか~


久しぶりの「ガッツリ女将接待」でなんとなく恐縮


この宿、うちらにはちと早すぎたかしらね~。。

なんて思ったり。




でもね、来たからには楽しみますよ~《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛

P4266412














鍵はひとつ。

貸切と食事に行く以外は使わなそうなので無問題。


P4266383

















次回はベッドの向うにある、
お部屋付き露天などご紹介します~(●´ω`●)

【料理の宿 伊豆のうみの基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


スポンサーリンク


ブログランキングに参加してマス


人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド