うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

伊東遊季亭  (伊豆)

伊東游季亭 朝食・感想 ⑤


朝食は8時からでお願いしました。

昨夜と同じダイニングの席でいただきます。

P6217765
充実の和食

温泉たくさん入ったから結構おなかすいてたんでした

P6217768

P6217769

P6217767

P6217766
焼き茄子    
お漬物(京風っぽい。うまし。)

左下は 岩海苔と冷奴    
右下がサラダ

P6217777
サラダ完成形     
カリカリ玉ねぎのトッピングです。

P6217770
箱の中は出汁巻き     
わぁい゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

・・なんだけど、これはちょっと惜しい感じでした

P6217761
鯵の干物     

「今から?ここで焼くの?」 と思ったけど

P6217764
あっちゅーまに焼けた

干物美味しかったです
売店でも販売してました。

P6217762
御飯のお供たち    
しらすおろし
  明太子  蕗味噌  そな漬け

P6217763
イカソーメン   
これもとろんと濃厚で美味しかった~

P6217757

P6217758
そして、、、、、
色んな方がクチコミで絶賛していた ちりめん山椒

楽しみにしてた&ちりめん好きなので
「もう一杯!」 な勢いで完食

料理長の手作りだとか

P6217759
南高梅

P6217773
お味噌汁は浅利でした。

P6217775

P6217774
朝のご飯は 新潟県のコシヒカリ

おかずがたくさんだから
どんどん食べてしまう

夕食に比べると、朝食の方がボリュームのある印象です。

dc062286
おなかパンパン


ヨーグルトをいただいて、、、、
お部屋に戻って一休み


それでもまだ時間がたっぷりあるのが嬉しいですね~(*≧m≦*)

P6207745
売店をのぞいたら 
ウェルカムスイーツのみかんわらび餅や、、

P6207744
池田料理長特製のちりめん山椒が!

当然、購入( ̄‥ ̄)=3


チェックアウトの時間まで
またお風呂に入ったり、本を読んだり
のんびりと過ごしたんでした

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆


チェックイン14時   アウト12時


何と言っても22時間滞在がスバラシイです♪

そして、お料理の質が予想外に(というのも失礼ですが)高かったのが
嬉しかったです。

いつでも入れる大浴場や無料の貸切も嬉しいし、泉質も好み♪


サービスは旅館とホテルの間をとったよう感じかな~。
お食事の時以外は特に接触がないので
干渉されずに過ごしたい人に向いてそうです。

今回は一休マーケットのチケットでの宿泊で、1名15000円でした。

通常は同じお部屋で、大体2万円前後のようなので
大変お得に楽しませてもらった気分です( ´∀`)


ワタシはほとんど平日宿泊な上に
初めてのお宿は最安値になるべく近い価格で泊まろうとするので
宿側にとっては微妙なお客かもしれない・・(=ェ=`;)
、、のでせめてブログでご紹介です。

チケットやクーポンなどは、購入するとその場で決済されるので
予定が立ちにくい方は躊躇するかもしれませんね~。
でも買ってしまうと
何とかして行くようになるものです(〃 ̄∇ ̄)ノ


遊季亭さんは
何もかも程よくて
通常の価格でもコスパ良しです!
再訪、全然アリなお宿.。゚+.(・∀・)゚+.゚


チケット使用だったので電話での予約だったのですが
わざわざ電話を一度切ってかけ直してくれたり
確認書が翌日に素早く届いたり
安心感の持てる対応でした。

電車でいらっしゃる方は
伊東の駅からのタクシー代(往復)を
宿が負担してくれるサービスがあるそうです。
送迎バスなどの決まった時間に合わせる事もなく
とってもスマートで良いサービスだなあと思います(●´ω`●)

P6217789
川の向かいから撮った遊季亭さん。

濃いピンクのお花が艶やかに咲いてました


また、季節を変えて再訪したいと思います





ご訪問ありがとうございました。

【伊東遊季亭の基本情報・予約プラン】           



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ブログランキングに参加してマス


伊東遊季亭 夕食 ④


到着時、夕食は早めが良いですよと(理由は不明)
17:30からをすすめられたのですが
さすがに早すぎるだろうと
18時にしてもらいました。
お昼食べてきちゃったから
そんなにお腹がすいてなかったし。


個室に仕切ってあるダイニングへ

P6207696
P6207697
夕食・朝食とコシヒカリの産地が異なるそうです。
確かに御飯、すごく美味しかった(*´∀`*)

P6207694
このようにセッティングされてます。

掘りテーブルだから足も楽で良いわ~

P6207703
名前入りでお品書きが用意されてます。

結構細かく書いてくれてる
二つ折りになってましたが、なぜかA4サイズの和紙


皆様にはまったくどーでもいい情報ですが

記憶力に乏しいワタシは

いつもお品書きの余白に諸々をメモりまくるので

たっぷり書くスペースがあって助かりました~

P6207701
山桃酒

P6207700
蒸し鮑三重奏

コチラは看板メニューらしい

青海苔ソース
肝ポン酢ソース
ビシソワーズ

と色んなお味で楽しめます。
利尻昆布に包んで3時間蒸してるそうですよ~
どかんと踊り焼きより、こういうスタイルの方が好み

P6207705
食べ始めた時はまだ明るかった。
お部屋と同じく、目の前の公園と、下を流れる川が見えます。

ダイニングも外壁同様、黒が基調で良く言えばシック。
下手すると暗くてガランとした印象。
お隣の声もまあまあ聞こえてきます。
そのあたり気にされる方は席を考慮してもらうと良いかも。


私達はちいぃっとも気にしないので
何のお酒を頼むかばかり話してました( ´∀`)エヘー

ワインリストが充実してて
お手頃なものからウン十万円のものまで幅広かったなー。

P6207710
井筒ワインがあった
わあい゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。      
3500円?ぐらいでした。

P6207713
まったり楽しみましょおヾ( ´ー`)ノ

、、そういえばファミレスみたいに、
仲居さんを呼ぶボタンがありました。

P6207707

P6207706
クラゲ酢    
風味が良くてさっぱり  
フツウの三杯酢みたいに酸っぱくないの(*´ -`)

手まり寿司  
鯵とイカ   
酢橘のいい香り  
軽く塩がふってあった


一つ一つ、繊細に手がくわえられてるなあ。
強い味はなく、上品です

P6207714
お椀   メカブの饅頭  

清まし仕立てで  お出汁の味が、、、、、しみるわ~(ノω`*)
三つ葉の香りも良いアクセントに。

P6207715
お造り   甘エビ  鯛  カンパチ

一ヶ月熟成させたというお醤油でいただきます。

P6207718
進肴     
玉子豆腐   海の宝石箱

キレイですね~(´∀`*)
上に伊勢海老・鮑・雲丹などが少しずつ乗ってます。

美味しいものを少しずつ、、を叶えてくれる献立

鮑の三重奏とこの玉子豆腐はメニューに必ず入るそうです。
玉子豆腐は何度も濾して、舌ざわりを良くするのだって。

派手な盛り付けのお皿はないけれど
どれもすごく手間をかけてるんだなあ。。

P6207720
そういえばこんなオリジナル芋焼酎もあるみたい

P6207722
焼物     
遊季亭風ステーキ

洋皿があるのはちょっと意外
添えてあるのは  玉ねぎ・万願寺唐辛子・ミニトマトなど。
レンゲにはドライベジタブル
デミグラと味噌をブレンドしたソースでいただきます。


これがかなり美味しくて、
「ほうほう・・何だか鉄板焼き屋さんみたいだなー」
と思ってたら
料理長さんのお名前は池田さん。
帰りに明細と一緒に同封されていたパンフレットが「ステーキ池田」
これはもしや・・・・・
「鴨ミールさんのブログ」 にあったお店と同じでわ?(・ω・)
仲居さんもちらっとそんな話をしてたような。
遊季亭さんのお料理を監修してらっしゃるのかしら。
それならお肉が美味しいのも納得。

P6207724
煮物   水茄子の茗荷煮  小芋 

P6207726
細かく包丁が入ってますね~(・∀・)

コチラもお出汁+柑橘のお味で
どすとらいく(*゚∀゚)

遊季亭さんのお料理、
すっかり気に入ってしまいました

P6207728

dc062252
黄身鍋    
金目鯛  海老  さらし鯨(味はあまりなくて食感がいい)

鰹出汁と黄身だけだそうですが
とっても美味しい

写真だといまいち伝わりにくいんですが
柚子もきいてて、悶絶のウマさ

P6207733
〆の御飯は  鮎ごはんです~

山椒の香りがたまらんわあ。。
土鍋炊きかしら
ほっこりと炊けてます
ちなみに夕食は富山のコシヒカリだそう。



一皿のボリュームはやや少なめ。
御飯が出て、お代わりしてちょうど良いという感じでした。



一つも好みに合わないお皿がないという幸せ
シンプルな物が多かったけど
確かな味つけと
お皿に乗ってる物全てが食べられるもので
余計な飾りやオブジェ的な物がないのも好感が持てました

P6207736
デザート    しっかり2種類

3色の蕨餅    杏仁豆腐     

もちろん美味しくいただきました~

大満足よ(●´ω`●)

P6207748

P6207740

P6207751

P6207750
夜のラウンジに 
軽くカクテルなどいただけるコーナーがあります。


ぐっとムーディーな雰囲気

P6207752
そんな寛ぎの大人タイムに、、、、、、、

P6207753
大浴場前で購入した
アイスを貪るワタシなんでした



次回、朝食・感想編でラストです~

【伊東遊季亭の基本情報・予約プラン】 



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ブログランキングに参加してマス


伊東遊季亭 大浴場・貸切 ③


大浴場・貸切風呂は地下にあります。

P6207687

P6207684
「石華の湯」  「木清の湯」
 
それぞれ内湯・露天風呂があって
朝の4時~5時の清掃タイムを挟んで
男女入れ替えになっています。
滞在中はほぼいつでも入れるのが嬉しい

貸切露天風呂は 檜の浴槽と、陶器の浴槽と2つあって
到着時に予約をして無料で利用できます( ´∀`)
利用は当日15時~23時まで。
(翌日の午前中も入れるようにしてくれたら
完璧なんだけど。。♪)

P6207655
14時に到着してるので時間はたっぷり

いそいそと大浴場へ

P6207651

P6207642
広くてキレイな脱衣所

全27室ですが
この日は台風の予報が出ていて
キャンセルがあったのか、空いてたみたい(・ω・)
混雑することは無かったです。

P6207652

dc062210
基礎コスメ・麺棒・コットン
バスタオル・小タオルも置いてくれてるので手ぶらでOK(*´∀`*)

P6207644
カランが7つ。

P6207645
内湯

2つの浴槽があって、奥から手前にお湯が流れてくる造り。

当然、手前の方が温いのですが、、
ぬる湯好きのワタシでも
これではちょっと暖まらないな~という湯温( ´_ゝ`)メズラシイ

熱すぎるよりは良いんだけどね~。

P6207647
露天

こちらは適温でした( ´∀`)
源泉掛け流しでナトリウムーカルシウム 塩化物泉

海の近くだからか、なめてみるとすごくしょっぱい


この露天で、
一人旅だという美人さんとお知り合いになったんでした♪
気さくな方で、ついつい長話してしまい
サウナに入ったかのように
汗びっしょりでお風呂から上がった事も。。・・(=ェ=`;)
このブログにも遊びにきてくださってるすぽかさん。
その節はありがとうございました
彼女のおかげで遊季亭さんの印象も
2割増しかもしれませんヾ( ´ー`)ノ


旅の出会いって良いですね(●´ω`●)

自分の記録のために書き始めたブログですが
色んな方と情報交換できたり
旅を共有できたりするのは本当に楽しいなあと
あらためて思ったんでした(*´ -`)(´- `*)

P6207661

P6207660
大浴場の外には休憩コーナーがあって
ウォーターサーバーなど置いてあります。

とっても汗をかく温泉なので
水分補給は必須

P6207641
ハーゲンダッツならぬ
「レディーボーデン」の自販機

夕食後に入りにきた時に食べてしまいました( ̄m ̄〃)

P6207663
貸切のお風呂も同じフロアにあるのでわかりやすいです。

フロントで16時に予約をして行ってみました。

入り口のバラバラ感はご愛嬌。
手前のドアが陶器で、奥が檜です。

P6207668
脱衣カゴにタオルが用意されてます。
一組45分の使用で、毎回お掃除が入ってるみたい。

P6207669
ウッドデッキの端に据えてあります。

P6207670
見た目より広くて深い浴槽。

二人でも充分入れます。
欲を言えば、浴槽内に腰かけられるステップが欲しいところ。
暑くなると浴槽の縁に腰かけて、ハフーッとしてました

こちらも掛け流しで、入るとザバーッとお湯がこぼれて、、

P6207671
ここに流れていきます。

この水路はお隣の大浴場からもきてるみたい

P6207673
小さなお庭を見ながらの入浴

大浴場の露天もコチラも
基本的には塀で囲われているので
眺望はそれほど望めませんが
6月にしては気温も低めで
ポツポツとたまに降る雨に
打たれながらの露天もなかなか情緒があって良かったんでした

P6207680
庇が深くかかってるので、悪天候でも大丈夫そう。

もう一つの陶器のお風呂は時間が合わず入れませんでした。
また来た時のお楽しみですね~(*´ェ`*)

dc062207
翌日のもう一つの大浴場。

こちらも脱衣所が広々(´∀`*)

P6217782
石垣に囲まれて、昨夜のお風呂とは雰囲気違いますね

洞窟露天風呂、って書いてある。。

P6217788
内湯

大きさはほとんど同じです。

こちらは真ん中でつながってはいませんね~。

奥の方が若干温めです。

どちらも大きなガラス窓で、
光がたくさん入るわあ.。゚+.(・∀・)゚+.゚

dc062216
露天

入り口側が「洞窟」っぽかったです(。・ω・)


・・・そんな事する人はいないと思いますが
左側の、木がはえてるあたりに立ってしまうと
一階のロビーから見えるかもしれません^^;
(帰りに見てみたら左側の石垣の前あたりまで見えた)
露天に入ってるかぎりまず大丈夫です。

P6217786
コチラの露天は 
小さめの玉砂利が敷き詰めてあってオモシロイ

大浴場は二つとも同じようなものだろうと思っていたので
ちょっとびっくり
やはり小技のきいたお宿ですね(。-∀-)

P6217787
洞窟部分はそんなにないのだけどね( ´∀`)アハ

気持ち良いお湯でした

11時まで入れて、チェックアウトが12時なので
お風呂上りもゆっくりできますね~。


次回は「ときめきの晩餐」夕食編に続きます。。

【伊東遊季亭の基本情報・予約プラン】           



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ブログランキングに参加してマス


伊東遊季亭 お部屋 ②


引き続き、お部屋の模様です。

P6207604
液晶テレビ  DVDプレーヤー など。
コンパクトにまとめられてます。
(ベッドの目の前、見やすい配置

P6207605

P6207606
お茶  ポット  冷水ポット

お菓子もさりげなく置いてあった。
急須の形がカワイイ

P6207608

P6207610
冷蔵庫は小型ですが結構入ってます。
扉に、よく目につくように
価格表が貼ってあった・・(=ェ=`;)
まあまあ良心価格でした。

P6207625
ベッドマットはシモンズだそうで
ぐっすり眠れましたよ~

P6207626
ワタシにとって大事なポイントである
読書灯も左右にしっかりあります(*゚∀゚)

調光はなかったけど
役にたってくれたんでした。

P6207630
浴衣がね、、

腰紐がついてて おはしょりつくって着るタイプ。

身長169cmのワタシでも長かったです。
いちいち腰紐なんかしてられっか(ノ`Д´)ノ
身幅も大きすぎるし!
ってことでサイズを小さいのに替えてもらったら
うまい具合におはしょりなしで、ジャスト足首!( ̄m ̄〃)

厚手でしっかりした生地でした。

カワイイ、選べる色浴衣とかなら
丁寧に着付けて夕食の時だけ着ると楽しいのだけどね~(´・ω・)

P6207629
作務衣もあるから寝る時はこちらに。

P6207628
うれしタオル

中央部がアカスリになってるというスグレモノ
小技がきいてますね。。。。(。-∀-)
普通の小タオルだと泡立たないし
これは便利だなーと思います。

P6207632
洗面台   シンプルなボウル

P6207633

P6207634
基礎コスメはドクターシーラボのパウチ
(クレンジング・洗顔フォーム・オールインワンのゲル)
手ぶらでもまあ大丈夫ですね~(´∀`)

アメニティはしっかり揃ってます。

P6207636
使用しませんでしたが、バスルームがあります。
こちらは一切改装してない感じ。
壁面の模様がご家庭用のユニットバスみたい。

P6207618
鍵は二つ!

出歩き放題です《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛


全体的にシンプルだけれど
私達にとって必要な物は全て揃ってました


お安いプランでの宿泊なので
充分でございますょ(●´ω`●)


大浴場・貸切風呂編に続きます~

【伊東遊季亭の基本情報・予約プラン】 



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ブログランキングに参加してマス


2013.6 伊東遊季亭 お部屋 ①


伊東の街中、
以前どこかの帰りに通りかかった時から

気になっていたお宿。

「くつろぎ日和 伊東遊季亭」さんへ
宿泊してきました。

伊東駅より徒歩10分、川沿いに建っていて
外見はホテルのような雰囲気。

P6217803

P6217802
車寄せにつけると、
スタッフさんがすぐ出てきてくれます。

宿泊の決め手の一つは 
14時インの12時アウトという長時間滞在


小田原で早めのランチをして

いそいそと時間ぴったりに到着ですε=ε=(・ω・)

P6207595
ロビーラウンジ

広々です(´∀`*)

私達が前のめり過ぎたのか、
まだ誰もいなくて静かでした^^;

P6207598

P6207599
よく冷えたお茶と 
温州みかんわらび餅 (売店で販売してました)

P6207593
棚に 観光情報誌や割引券などがたくさん置いてあります。

蒸し暑い日で (確か台風が来るかも、と予報があった)

館内もまだ冷房がいきわたってなくて、若干もわっと。


今回の予約は「和モダンツインルーム」なのですが
お部屋への案内の前にスタッフさんから
「源泉掛け流し檜風呂付きプレミアムルーム」に空きがあるので
数千円プラスで変更できますが、とオファーがあったのでした(・ω・)
外見だけでなく、システムもホテル的。

とりあえずショールームしてもらって。。

浴槽も大きいし、悪くはなかったけれど
何となくベッドルームのあたりが暗く感じたので今回はパス。
(連れは乗り気のようでしたが。。)

これが後々良い結果に(*≧m≦*)♪
大浴場にせっせと通ったおかげで
素敵な方とお知り合いになれたのでした

P6207614

P6207603
予定通り「和モダンツインルーム」へ。

入ると絨毯ですがこちらで靴を脱いで
竹フローリングへ上がります。

滞在中はスリッパに目印を書いて
大浴場にもお食事にも履いていきました。

絨毯だもんね。。。。
草履や下駄じゃなんかしっくりこないのでしょう。

P6207613
はい。 ほぼ全貌( ´∀`)

あっさりしちゃってますね~。

こちらは新しめなお部屋だそう。

確かに床などがぴかぴかでした

P6207615
窓が大きめにとられてるので
まずまず開放感あります(・∀・)

カーテンではなく、ロールスクリーンでした。

P6207620
目の前は大きな公園、という眺望。

ちなみにこちらは5階の客室になります。
(客室は3~6階まで)

P6207621
そして松川遊歩道がすぐ下にあります。

犬の散歩やら 
ウォーキングしてるおばちゃんなんかを観察できます(●´ω`●)

P6207640
釣りしてるおっちゃんも目撃

何が釣れるのだろう? もう海も近いのですが、、。

P6207616
ここに座ってるか  ベッドでごろごろしてるか

広くはないけど、ごろ寝ラブの私達には充分な環境


他に 
コーナーツインルームや和室などもあるそうです。



このあたりで誌面(容量)の都合が。。
お部屋編②に続きます。。

【伊東遊季亭の基本情報・予約プラン】          



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ブログランキングに参加してマス


記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド