夕食は18:30にお願いしました。

1階のダイニング「楪(ゆずりは)」でいただきます( ´∀`)

P3141941
さりげない入り口(・ω・)

お食事の時間帯はドアが開いてました。

P3141965
P3141966
「桜」という文字がちらほら

春めいてきた季節のお品書き

dc0319144
P3141982
連れはビール 
(チェックイン時に聞かれて頼んでおいた)

ワタシは 
紫蘇ジュース
を氷なしで

紫蘇成分たっぷり、
甘さ控えめで美味しかった

P3141963
最初のセッティングはこんな感じ。

横たわる空豆が気になるわあ

P3141967
穴子寿司    
焼き空豆   
河豚の煮こごり
         
蕗の薹当座煮  
袱紗卵  若鮎南蛮漬け

蕗の薹  目が覚めるような苦さ
昔は得意じゃなかったのに 
いつのまに好ましく思えるようになったのだろう

河豚の煮こごりも 袱紗卵も 
実に上品なお味

P3141970
ふっくら空豆    
笹の香りのついた穴子寿司

P3141968
先付け   飯蛸煮付け  

下にはゼンマイとキノコ

柔らかく炊いてあって 
まさに「酒のつまみ」な一品

dc0319153
P3141971
それぞれの テーブルマット

ほっこりしちゃうわ(●´ω`●)

P3141972
お椀     桜豆腐    
甘鯛道明寺
  桜花  菜の花

春がつまったようなお椀

菜の花のほろ苦さと 
桜豆腐の優しい甘さ

香りと共に味わうのだけど

淡くてすぐ消えてしまう桜の風味。。

P3141947
P3141948
P3141973
P3141976
ビール・日本酒・ワインはもちろん

カクテルの種類も豊富

充実のドリンクメニューなんでした。

お値段もお手頃(・∀・)

足利ココファームのワインも魅力的だったけど、、、、、、、、

P3141979
ここはやっぱり日本酒でしょう

地元の純米酒を1合
それから
鳳凰美田を1合
ちびちびと

P3141977
御造     
  カツオ  生湯葉  雲丹

さっきから盛り付けがね

繊細にして大胆(☆゚∀゚)

このミニ大根、しっかりピリ辛。

甘めのお醤油でいただきます。

カツオ、美味し

P3141981
焼物    
鱒と筍の挟み焼き   独活藩椒煮

これまたアートなお皿がきたわあ

緑のは ほうれん草のソース。

鱒と筍、ガッチリくっついてた

ちょっと焼き過ぎたのかしら?と思ったけど

薄くスライスしてある鱒と筍が

絶妙にマッチしてます

P3141984
蒸物    海山籠蒸し

いろんな食材が入ってます

ハマグリとか、蕨、雲子、たらの芽、
牛肉、サツマイモ、海老、、、、


P3141988
奥のほうに 蟹足

こういう箱蒸し、たまにお目にかかりますが
こんなに食材が多いのは初めて

楽しいわあ

ポン酢でいただきます

みんな美味しかったけど
雲子を蒸しすぎちゃって、
とろっと感がなくなっちゃった( ̄▽ ̄;)

P3141991
煮物     
塩角煮の沢煮
  お野菜いろいろ

ほんとに色々

カラフルですー

地元の三元豚の角煮だそうで
ボリュームたっぷり(*゚∀゚)

一味や柚子胡椒もちょい足しして、、、、
お酒がすすむわあ

P3141995
やっとご飯です。

那須産のコシヒカリ、
つやつやで水分を含んだ美味しいごはん

おしんこも自家製なのだって

dc0319203
蕗の薹味噌

コレ食べてると、ご飯がさらに甘く感じる(*´ -`)。。
めちゃめちゃ後引きますー

苦味は胃の薬というし
お土産に買いたいぐらいだわあ

P3141997
水菓子    
地元の卵を使ったブリュレ  
桜と小豆のアイス


卵黄の濃さがわかるブリュレ
おいしい。。。。。。。。

とちおとめやオレンジも
糖度が高くて あまあま

幸せな夕食でした~


担当してくださった女性スタッフさんに
例の「牧草ジェラード」の話をしてみたら

「気にはなってたんですけど、食べた事ないんです~
 どんな味でした??

って聞かれたから

「牛さんの気持ちになれますよ。。v( ̄∇ ̄)v」

とだけ答えておいたんでした。
食べてみたかしら~


次回、朝食と感想編でラストです~。


【onsenryokan の山喜基本情報・予約】
スポンサーリンク


ブログランキングに参加してマス♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗