うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

白骨の名湯 泡の湯 (長野)

白骨温泉 泡の湯  朝食・感想 ④

白骨温泉 泡の湯 夕食③
白骨温泉 泡の湯 大浴場(露天・内湯)②
白骨温泉 泡の湯 お部屋① 


ぐっすり~  は寝てないんですが、、、、

深夜も明け方も 内湯独占で

お湯満喫( ´∀`)

朝食は8:00から、
昨夜と同じダイニングでいただきます

P6113272
朝から お湯の流れる音が聞こえるんでした

朝食後にまた入ろうかしら

P6113256
あづみの牛乳   
とまとジュース  
のむヨーグルト

をセルフで。

P6113268
P6113269
P6113270
P6113271
キノコ炒め 
しばきくらげ   
蕎麦の実なめこ


なんかも  取り分けてこれます

きくらげのしば漬けって初めて
あの独特の食感が良いですね~

P6113259
P6113260
P6113261
P6113264

小芋    銀むつ    生ハムサラダ

お味噌汁に さつまあげ入ってる。

P6113262
温泉玉子  

P6113266
一番楽しみだった  温泉粥

温玉入れてみた

ほんのかすか~に  硫黄の香り。

朝からお腹にしみるお粥さん(●´ω`●)

お漬物入れたりして

気がついたら平らげてたんでした

飲むヨーグルトをおかわりして

まったり。。。。。。。。。

P6113274
お部屋のこの札をドアにかけておけば

お布団はそのままにしてくれます

さすがに寝不足だったから

朝食後に チョイ寝


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●

チェックイン 14時   アウト 11時

今回のプランは 一人23700円

急に決めた旅行だったから

ばたばた予約したんでした

なのでちょっとお高め。。

セールなどなら、
1万円台で宿泊できますよ~

なんといっても

風情ある浴場がスバラシかった

「温泉にきた~」気分が盛り上がります

あの内湯の生源泉は

もう一度入りたいなあ。。。。。。。

野趣溢れる混浴も楽しかったしね

お食事は、、、、、ぼちぼち?かな(・ω・)

食い意地の張ったワタシ基準だと

ちょっと物足りない気もしたけど

無理に土地の物にこだわらず

素材を大事にした、身体に優しいお料理

再訪するとしたら、お湯目当てになると思います。

白骨の他のお宿もまた良さそうなのよね~(*´ -`)

小梨の湯 笹屋さん

img_hime
HPからお借りしました。
こんなステチな大浴場。。。。
無料の貸切露天もあるそう
白骨温泉は日帰り入浴できるお宿もたくさん(*゚∀゚)♪


飛騨方面などのお宿とからめて

また浸かりにいきたいですっ。


今回も良い旅でした~( ´∀`)

いつもオツキアイ、ありがとうございます


【白骨温泉 泡の湯の基本情報・予約】

スポンサーリンク


ステキ温泉ブログがたくさん♪




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

白骨の名湯 泡の湯  夕食  ③


夕食は 18:00 か 18:30の選択。

ワタシ達は遅めの18:30にダイニングへ

P6103162
リニューアルしたばかり、
というようなピカピカ具合

通路の左右にある扉を入ると

更に左右に4つほどの個室に分かれてます。

P6103160
P6103161
入り口に なんでだか 
ノンアルコールビールが冷やされてた

五一ワイン

馴染みのあるワイナリーさんのワインを置いてると
嬉しくなるわあ

P6103167
さっぱりしたお品書きですが、、、、、、

品数はたくさんありそう

ちなみに今回のプランは
「泡の湯会席」というコースなんでした

P6103166
「まずは食前酒をどうぞ~」

って

色鮮やかな液体。。。。。。

なんでも 抹茶リキュールとのこと

果実系じゃない食前酒って初めてかも。

P6103168
P6103169
P6103170
P6103173
前菜   和え物  
甘い味噌(五平餅みたいな)がかかってる
炙りチキン 松の実 数の子 
あと、わらび餅みたいなの。

チーズ羽二重豆腐  
イクラがのってます。  
濃厚なチーズ風味 

じゅんさい  
コレは見た目通りの梅肉とじゅんさいのお味。

右下のは箸置  
ガラスの中にメダカが泳いでた

P6103174
お椀 と 凌ぎ 

何とも地味なんですが、、、、、、

お椀の方は 新ゴボウのすり流し  

コレが滋養のある、濃ゆいお味で、旨し

P6103175
凌ぎは  筑紫昆布にくるまれた雑穀

すり流しによく合います

P6103176
造り    カンパチ  はた  信州サーモン

ワタシの好物のツマ、天草
透明でプチプチした食感が良いのです

お刺身もさっぱりした新鮮なもの

無理に鮪など出さない所が好感もてるわあ。

P6103181
煮物     
茄子の含め煮  穴子豆腐  粟麩  

柚子がほんのりきいて
やわらかな味付け(*´ェ`*)

P6103171
ビール投入

ここで ちょびっとお得情報?
泡の湯さんブログ にあるキーワードを伝えたら
ビールを無料にしてくれました
常時行われてるサービスなのかはわからないけど
ご宿泊予定の際は、ちらっと見ておくと良いかもです。

P6103178
メインの焼物は  2つから選択。

連れは  黒毛和牛~

千葉産だそう( ´∀`)

黒胡椒が効いてそうでした。

P6103179
ワタシは  もち豚

あらなんか、、、、、、、、、、

豚の方がボリューミーね

岩手産で 
ビタミンが普通の豚の7~8倍あるのだって

いつもは苦手な脂身も 
抵抗なく食べられる

P6103183
続いて  揚物

温泉粥のコロッケ

これ、ちょっと楽しみだった

P6103187
野沢菜が入ってて 黄緑色

とろっと感は クリームコロッケみたい

岩塩とレモンでさっぱりいただきます

P6103184
P6103185
花まめ    箸休めかな

女将お手製だそう。

おかめの小皿がカワイイ

P6103186

強肴    岩魚塩焼き

さっきまで泳いでたのだそう

下に焼いた石が入ってて
ジュージュー音がする

生姜ダレでいただきます(・∀・)

ふわふわの身で 美味しかった

P6103190
お食事  赤出汁と香の物

お品書きはさっぱりして見えたけど
結構お腹いっぱい。。。。


仲居さんがとってもよく話す明るい方でした

この辺は冬なんかは特に陸の孤島で
少し前にコンビニがやっと出来たのだそう(それでも車で30分)
寒い日に、みんなで肉まんを買いにいったら
一つしか残ってなくて、すごーくガッカリしたそう
そしたらコンビニの店長さんが、事前に電話をくれれば
人数分ふかしておいてあげる、と言ってくれたのだって( ´∀`)
肉まんひとつ買うのも難儀だわあ。。

白骨温泉はインターからも随分あるし
まわりにホント何もないもんなあ(;´・ω・)

たまに来るぶんには秘湯感溢れて良いけど
働く人は大変そう( -д-)ノ

P6103193
デザートは  スイカ・メロン  と 別皿にバニラアイス

スイーツ好きにはちょっと寂しい。。。。かな( ´_ゝ`)

でもね、、、、、、、、

P6103196

P6103197
お部屋に戻ったら

夜食の 野沢菜おにぎりと、、、、、v( ̄∇ ̄)v

P6103198
P6103199
今回は スイーツ付きのプランだったから

可愛らしいケーキが置いてあった

深夜にいただきました

また内湯に行って、、、後はぐっすり

のはずが 珍しく眠れず

夜中じゅう開いてるお風呂へ行ったり

本を読んだりして過ごしたんでした。


次回の朝食・感想編でラストです~



【白骨温泉 泡の湯の基本情報・予約】

スポンサーリンク


ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

白骨の名湯 泡の湯   露天風呂・内湯  ②


泡の湯さんには

大きな混浴露天

男女別の大浴場がございます

P6103140
エレベーターで地下1階へ

P6103136
P6103137
卓球できるんですね~

ほぼ市価の自販機もありました。

P6103121
P6103125
混浴露天からご紹介( ´∀`)

棚があるだけの小さな脱衣所に

湯浴み着が用意してあるので

体に巻きつけて 
横のスナップボタンをパチパチとめていきます

ボタンの位置でサイズ調整が簡単にできるので

どんな体型でもしっかり巻けて

なかなかスグレモノなんでした

P6103122
階段を降りつつ、、、、、、、

P6103124
いざ入湯(*・ω・)ノ

このあたりからもう 
ワクワクしてきます~

P6103127
(*゚∀゚)うひょー

一面 パウダーブルー

P6103128
源泉が滝のように落ちてきます

ドドドドって けっこうな音がするわあ

P6103132
うっすらと 
真ん中で二つに分かれてるのが見えた

右がわが少しあいてて  
奥の方にも行けます

P6103134
左が女性用  右奥が男性用 の出入り口

暖簾もあるので

お湯に浸かったまま出入りできます

混浴露天は秋田の 鶴の湯さん 以来ですが
こちらも女性が入りやすいように工夫されてて
抵抗なく混浴デビューできそう(・∀・)

P6103126
光の加減や 気温などによって

色が変化するようです

座ると肩まですっぽりな深さ

下は岩がごろごろしてて

温泉成分なのか、かなり滑りやすくなってます。

ほとんど しゃがんだまま移動。。

P6103135
源泉の温度がちょうど体温ぐらいなので

混浴露天は 非常にぬるめ

初夏だったのでちょうど良かったけど

寒い時期は先に内湯で暖まってからが良さそう

ぬる湯好きなワタシは

いつまでも入ってられそうなんでした

P6103143
P6103142
エレベーター前に お休み処

山の自然水 と お茶

P6103144
自家製らしい 大根のお漬物

塩分と水分をたっぷり補給です

P6103204
大浴場入り口に 飲泉所もあります。

マグネシウムとか入ってると

苦いようなえぐみがあって飲みづらい

でも滞在中に ちょびちょび飲んでました

P6103210
P6103205
大浴場入り口

銭湯みたいな下駄箱

居酒屋さんでもよく見かけますね、こういうの( ´∀`)

P6113217
P6103209
脱衣カゴタワーが二ヶ所あって

意外と広かった

ドライヤー、麺棒などはあれど
基礎コスメ関係は皆無なので
持参すると良いかもです。

P6103207
成分表をまじまじ見ると

付けたし・変更が多いなあ

「新 泡の湯源泉」とありました

すごい湧出量

でもやっぱり温めですね~。

いかにも温泉、な色味の割に

肌あたりはとてもマイルド

同じ白濁した温泉でも

草津あたりの酸性泉とは全く違います。

P6113219
お気に入りになった 内湯

左が そのまんま掛け流しの 「生源泉」

空気に触れる前は 
透明なんだそうです

右の小さい方は加温してあって、
すっかり白くなってます。

箱根の松坂屋さん のお湯みたい

うすーく グリーンがかったお湯は

ほのかに甘いような匂いがして

37~38℃の不感温度

やわらかくて、全く身体に負担のない感じ

P6113220
浴槽の縁はすっかり白くなってます

この 白い 湯船 (白船)が 変化して 
白骨という名前になったとか

P6113244
P6113224
かなり年季の入った浴場

湯治場的な雰囲気もあって

落ち着くわあ。。。。。。。。。。。。(●´ω`●)

P6113221
数分置きに  
加温したほうへ少し浸かったり

こちらも縁に白い堆積物がびっしり

P6113230
P6113232
カランは5つ。

鏡が前に置かれてますが
すっかりハゲちゃって何も見えません~v( ̄∇ ̄)v

そして今時珍しい、
自力温度調節な蛇口

ワンストップで温度目盛りのある蛇口に慣れすぎて
しばし時間を要したんでした

お湯はしっかり出ますよっ

P6113233
可愛らしい露天風呂もあるんでした

浴槽ギリギリまで植物が生えてるのよねー

温泉の成分で枯れたりしないのだなあ(´・ω・)

P6113237
こちらもウツクシイ パウダーブルー

いつも独占状態でした

混浴が落ち着かない方は

こちらでゆっくり入れます

やっぱり足元がすべるのでご注意を。

P6113246
ワタシのイチオシは 

やっぱり生源泉の内湯なんでした(*´ェ`*)

入浴目線です(* ̄∇ ̄*)

ホントに気持ちよくて

珍しく明け方にも入りにきてしまった

(夜通しいつでも入れます)

P6113252
木の枕がついてて  
寝湯っぽく首を楽にして入ったり

居心地良いお風呂なんでした

また入りたくなるわあ。。。。。。。。。。

P6113242
ちょうどテルマエ・ロマエⅡが公開中だったので
脱衣所にこんなポスターが
さわんど、白骨あたりは
海外からのお客さんが多いからかしら?

P6113243
いくらなんでも 
こんな奴はいないだろう・・・・・(≡ω≡.)



ちょっと更新遅れましたが
次回は夕食編です~ヾ( ´ー`)ノ

【白骨温泉 泡の湯の基本情報・予約】




ステキ温泉ブログがたくさん♪




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

2014.6  白骨の名湯 泡の湯   お部屋  ①


いつかは入ってみたいお湯、と思いつつ

なかなか機会が巡ってこなかった

白骨温泉へやってきたんでした

P6103100
長野県でも 岐阜よりで

松本IC降りてから けっこう距離があった

「泡の湯」さん

。。。。立派な門構えだな~
とぼんやり見てたら
スタッフさんが さささっと荷物を持って
ずんずん入ってしまった

P6103099
おお( ´∀`)

パウダーブルーのお湯

噂の混浴露天だね~

って

ここ、宿の正面駐車場から

ガン見えΣヽ(゚Д゚○)ノ

ご、豪快だなあ。。。。。

はたぼーさんのブログで見たまんまだ( ̄ー ̄)

まあ 女性はしっかりした湯浴み着があるので
見えても無問題なんです

露天もスバラシイんですが、
泡の湯さんの真価は
内湯に有り
だと後に知ったんでした

P6103101
P6103102
ちなみに ロビーからも 
お部屋からも見えます(・ω・)

混浴露天を見下ろすように建ってるんでした。

P6103139
館内図

本館は今はあまり使われてなさそうだった

P6103141
予約サイトなどでは 
ほぼこの「萌黄」というお部屋のプランばかり。

ワタシも こちらのカテゴリのお部屋

1室だけベッドのあるお部屋があったんですが
出足が遅くて取れず

BlogPaint
10畳の和室に広縁がついてます

P6103108
P6103119
灰皿があったから 喫煙可能みたい。

でもお部屋が煙草臭い事はなかったです

この椅子に座って

外を見やると

新緑と共に・・・

P6103114
やっぱり露天が見えます( ̄ー ̄)

夕食前の時間に

ダンナさんが外国人、奥様が日本人の
小さな子供を連れたご家族が入ってて

とっても楽しそうだったんでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚

P6103109
P6103111
お部屋は とーっても シンプル

テレビに金庫に加湿機。

必要な物はほとんど揃ってます

P6103112
タオルは一人2枚

たくさん入りました~

浴衣、足袋、フェイスタオル。

P6103150
洗面も非常にシンプル   

キレイだし、鏡も大きくて使いやすかった

P6103146
P6103147
アメニティー   
基本的な物は全部用意されてます。

基礎コスメは、、、、、、

何故かこの 手作り感溢れる

花梨のお化粧水のみ

お湯が良いのだから
何もつけずとも大丈夫、という事かしら

P6103151
P6103152
ユニットバスもありましたが 使用せず。

木苺のバスアメは大浴場もおんなじ。

P6103156
お茶セット

P6103157
P6103154
冷蔵庫の中は有料。旅館価格でした。

P6103104
仲居さんがお茶をいれてくれた

杏子をつまみつつ

ほっこり(●´ω`●)


鍵の写真が見当たらなかったんですが
ちゃんと2つありました

おかげで深夜の内湯を独占しに行けた

次回にお風呂編を書きます~



【白骨温泉 泡の湯の基本情報・予約】




ステキ温泉ブログがたくさん♪




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド