うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

赤湯温泉 森の湯 (山形)

赤湯温泉 森の湯 朝食・感想 ⑤

赤湯温泉 森の湯 夕食④
赤湯温泉 森の湯 大浴場③
赤湯温泉 森の湯 客室露天②
赤湯温泉 森の湯 露天風呂付客室①


朝食は7:30~8:30の間で選択。

ワタシ達は8時でお願いしました

昨夜と同じ食事処でいただきます

珍しく、12時前に就寝したせいか
6時過ぎに目が覚めたんでした
よく寝たわあ・・( ´∀`)

お部屋の露天で
朝風呂して
鼻歌フンフン


お腹すいてきたんでした

P1317098
明け方にまた積もったみたい

dc0203171 (Custom)
朝食   
ほとんど準備されてます

BGMがオルゴールに変わってた。

P1317066
お目覚めジュースは リンゴ

P1317075
P1317074
ご飯は かまど炊きです

dc0203178 (Custom)
小さいおかずたち    

二人分になります( ´∀`)

P1317080
P1317079
P1317078
P1317077
P1317081
P1317082
P1317083
P1317084
焼鮭  明太子 など定番もありつつ

黄色い器の アケビの皮と豚肉の甘味噌

緑の器の 結構ピリっとくる南蛮漬け  

などなど

今朝もご飯がすすんでしまいますー(・∀・)

そして ベーコンと大根とブロッコリーという、
中身洋風な味噌汁(・◇・)

味噌が良いのか、異常に美味しい

dc0203175 (Custom)
温泉玉子アケビ甘味噌 
南蛮漬け を
ご飯に混ぜていただくのがもう・・・(*´艸`)

なんともシアワセ

P1317085
長芋  凍み豆腐  蕨 椎茸  の煮物

味がしみてます

P1317067
サラダ

P1317088
湯豆腐

P1317089
温めたつけダレでいただきます

連れ、3杯飯

ワタシもお代わりしてしまった

ホントによく食べる旅だったわあ。。。。。。。
毎度の事ですが(* ̄∇ ̄*)

P1317068
P1317069
オレンジ  キウイ   
ブルーベリー  ヨーグルト

朝食も充実なんでした

お部屋に戻って
大浴場の露天に入ったり
部屋風呂に入ったり
チェックアウトまで 
まったり過ごしたんでした

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

チェックイン 15時   アウト 11時

山形牛プランで
一人21600円

露天付き客室にしては
非常にリーズナボー

ワタシ達はその辺あまり気にならない方ですが
掛け流しなのは客室のお風呂だけで
大浴場は循環と併用のようでした
ちょっと硫黄の香りがする、
とっても温まる温泉です

例の「ゴロゴロ肉味噌プラン」
がどうにも魅力的( ̄m ̄〃)

お料理説明引用
↓ ↓ ↓
白ワインと白味噌、
生クリームなどで作ったスープに、
厚切り肉を投入。
まろやかなスープと肉の甘味が好相性。
揚げたゴボウとタマネギをのせると、
また違ったおいしさに。

デザートは地元洋菓子店「白いくも」と
タイアップした「山形はえぬきと
バニラアイスのグラス季節のフルーツ添え」をお楽しみください。

(=゚ω゚)人(゚ω゚=)
食べたし!

スタンダード和室のプランなので
一人15000円ですょ

再訪時に悩むこと必至。。。。。(つω`*)
お部屋のお風呂が
思いのほか良かったので
露天客室でこのプラン出してくれたら
嬉しいんですが。

再訪が決まったらダメモトで
聞いてみようかと思いますー

やっぱり寒かったけど
山形まで行ったかいがありました(●´ω`●)
お風呂と風情・・・高見屋さん
居心地と美食・・・森の湯さん
といった印象です

我ながらナイスな組み合わせだった・・・・(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



いつもオツキアイ、ありがとうございました(●´ω`●)

【赤湯温泉 森の湯の基本情報・予約】





ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定☆〗

赤湯温泉 森の湯 夕食 ④


夕食は18時~19時の間で選択

スイーツ食べたし

19時にお願いしたんでした。

時間前にお部屋に電話してくれます

P1306993
個室の食事処でいただきます

ジャズが流れてた

P1306995
P1306999
最初だけ薄ら寒かった

もこもこストールが用意されてたので
連れの分ももらって
膝にかけてました( ´∀`)

dc0203116 (Custom)
最初のセッティング   

P1307009
お品書き

「洋菜」ってなんだろー

山形牛は 
ステーキとお鍋でいただけるようです

P1307003
食前酒、、、、、、かと思いきや

ローズヒップとカシスのハーブ酢カクテル

ノンアルコールです。  

めずらしい

P1307005
前菜  

P1307014
P1307015
P1307016
P1307017
赤鬼蟹爪みじん粉揚げ   
桝大根に浸し豆  
菜の花酒盗豆腐掛け 

鰯南蛮漬け     
南高梅みつ煮


菜の花のほろ苦さと
酒盗豆腐が合うわあ

桝に見立てた大根にも
しっかり味が染みてます

梅のみつ煮、瑞々しいジューシーさ

コレは良い予感(*゚∀゚)

P1307006
糧物

身欠き鰊うま煮   
セリの油浸し  
青菜漬けと打ち豆の煮物
  

地味な色味ですが、、、、、、
セリの油浸しは天かすが入ってたりして
小技が効いてます( ̄m ̄〃)

P1307007
先付け

海老芋と数の子のサラダ仕立て

P1307029
ワインなくしては始まらない

赤だけど 
何故かキンキンに冷やされてた

P1307030
P1307031
もちろん 酒井ワイナリーさん

バーダップの樽熟成

フルボトルでこのお値段、
お安いわあ

どっしりして、
連れの好みだったようです

後で金渓ワインの赤も
グラスで飲み比べたりした

金渓さんも森の湯さんの近所に
ワイナリーがあります

P1307040
P1307042
山形のワイナリーの話をしてたら

仲居さんが山形ワインの小冊子をくれた

小規模ワイナリーが多いけど
みんなリーズナブルなので
気軽に買えます
今回は2つ行けたから
次回来た時に他のワイナリーも
巡ってみよう( ´∀`)

遠くに来ると
こういう楽しみがありますね~

P1307018
強肴


山形牛フィレステーキ   
ミックスリーフ


何だかこのお皿、
箱根吟遊さんで使ってるのと
同じブランドっぽい(・ω・ )

P1307020
P1307022
P1307023
イイ焼き加減ですー

庄内塩  レモン  山葵  
お好みで

美味しい。。。。。。(*´ -`)

この量でもあっさりしてるから
それほどお腹にひびきません

P1307028
洋菜

焼野菜なんでした   
皮ごとの長芋 芽キャベツ 小蕪  レンコン など

自家製のタレがかかってます

真冬でもこんなに美味しい野菜がたくさん

P1307034
小鍋  山形牛ハリハリ鍋  

P1307039
こんな風にエノキやニンジン、
長ネギなどを まきまきしてあります

大き目   コレ、1人分ね。

P1307043
すきやき風のスープごと一緒にいただきます

美味しい~(つω`*)  

悶絶

なんともボリューミー
これが一番
「お肉食べてる」感がありました(・∀・)

お肉の旨味が染み出したスープも・・・・・・

絶品(*´ェ`*)

P1307037
酢物   鱈の白子   蛇腹キュウリ

さっぱりしてるけど
トロリとした白子

P1307049
帆立としらす干しの炊き込みご飯

大根と蟹の沢煮椀  三つ葉が良い香り

香の物

、、、スイーツ食べてる場合じゃなかったなあ。。。(;^ω^)

お腹パンパン

炊き込みご飯、もっと食べたかったんですが
さすがに入らない。。。。。。。。

P1307054
甘味  バニラのババロア   
ババロアって久しぶり 
ふわふわ食感が大好きなんですー

手前がチョコレート蒸し羊羹  
羊羹というよりは 濃厚なチョコムース

デコポンがなめらか~でゼリーみたい(・∀・)


大満足な夕食でした(●´ω`●)

何食べても美味しいのだもの

シアワセ。。。。。。。。(*´艸`)


次回の朝食・感想編でラストですー

【赤湯温泉 森の湯の基本情報・予約】





ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定☆〗

赤湯温泉 森の湯 大浴場 ③


大浴場のご紹介です

P1306864
ワタシ達のお部屋「かざぐるま」
と「つくし」のお部屋は
大浴場に近くて便利なんでした

(そのかわり、食事処は遠め

大体の大浴場というのは

内湯+露天風呂

という造りだと思うんですが

こちらは 露天は露天  内湯は内湯

それぞれ場所が分かれてます

なので露天にも入りたいけど
髪を洗ったりもしたいのよね~
って時に、ちょびっと不便かもです

どちらも 
深夜1:00~5:00を除いていつでも入れます

P1306902
dc020540 (Custom)
露天と向かい合ってるので
近いのだけどね(・ω・ )
一度着替えてから 
また入らなくてはならんのです

dc020542 (Custom)
内湯   カランが3つ  

dc020541 (Custom)
ゆったりだと  
やっぱり3人ぐらいまででしょうかね~

こちらもお湯は温めでした

正直ワタシはそれほど魅力を感じず。。
露天付きのお部屋にして正解だったなー
と思いながら、、、、、、、

P1306900
露天風呂 へ

P1306883
P1306894
こちらも こぢんまりとしてます(*・ω・)

到着してから夜までは
ほぼ貸切状態だったんですが
翌朝は何故か利用率高かった

P1306897
P1306867
バスアメニティも基礎コスメもお部屋と同じ

源泉温度は高いみたいだけど
どこも40~41℃ぐらいで適温

スバラシイ( ´∀`)

P1306884
模様入りのガラスの向こうが
露天風呂です

内湯より豪華な雰囲気

P1306895
.+:。(´ω`*)゚.+:。   あら綺麗

P1306886
P1306888
P1306889
P1306891
冬囲いの半分だけ開け放ってあります

ちょうど雪がはらはらと舞ってて

なんとも良い風情

雪が音を吸収するせいか
お湯の流れる
僅かな音だけ聞こえます(*´ -`)

エメラルドグリーンのタイルも
レトロ感があってステチ

気に入って、
何度か入りにきたんでした

(しかしこの端っこのカランで洗ったら
確実に浴槽に泡が入るよね

P1306880
内湯・露天の間の廊下に
ウォーターサーバーとベンチがあります

P1306881
P1306906
鍵を2つにしてくれて
あまり混まない日だったら
お風呂のない部屋でも良いなあ。。。( ・´ω`・ )♪

なんて、
都合良くいかないんでしょうが・・・

予約をする時にね、
「牛肉ゴロゴロ味噌鍋プラン」 ←確かそんな名前だった(;^ω^
というのがすごーく美味しそうで
それにしよう!と思ったら
何故かスタンダード客室にしかないプランだったんです(ノω`*)

悩んだ末に部屋風呂をとったわけですが・・・・・・

また来るときはどうしようかなあ。。。。


次回は山形牛満喫の夕食ですー

【赤湯温泉 森の湯の基本情報・予約】





ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定☆〗

赤湯温泉 森の湯 客室露天 ②


森の湯さんの客室露天は
陶器の浴槽です

陶器って
小さいイメージがあったんですが
こちらのお風呂はゆったりサイズでした~

P1306915
P1306916
洗面ボウルも陶器で いい色あい

バスタオルは1人2枚ずつ

大浴場にも持参

お部屋が乾燥してたせいか
交互に干しておくとすぐ乾いた

P1306925
洗面の上に 
小型ながら強力なヒーターが

ゴーゴー音がして
強烈な熱風が出ます

これつけて
座ってドライヤーかけてたら
ちょっとのぼせ気味に。。。。。。。(;^ω^)

P1306918
P1306919
P1306920
P1306924
基礎コスメは資生堂  
アメニティも一通りそろってます

加湿器用の給水カップがあった

お部屋にお風呂がある割に
すごく乾燥してるんですよね~

3回ぐらい給水したんでした

P1306929

P1306930
開閉できるガラス窓があるので
洗い場が寒くなくて良いです

そして、、、、
石のタイルが温かい

床下に温泉を流してるのかしら?
( ´∀`)

P1306951
P1306952
バスアメニティも資生堂

閉め切ってても
鏡が曇らなかったなあ。。。不思議(・ω・ )

P1306934
結構いっぱいいっぱいに
置いてます( ̄‥ ̄)=3

2人で余裕で入れるわあ
見た目より深いし・・・・

温泉は浴槽の中から出てるようでした

程よい温度で40℃ぐらい

温度調節は蛇口でできますが
ずっとそのままで入れた

P1306935
P1306940
P1306950
昼間は風が強めで
あんまり開けると寒いので・・・
窓はちょこっとだけ開けて入りました

P1307059
夜はがっつり開けた

街中のお宿なので
塀も目隠しもあるんですが
存分に雪見露天を満喫

P1317096
主室の方から見ると こんな感じ

P1306877
P1306874
鍵は一つ。  
そんなに別行動がなかったので無問題(・∀・)

お部屋のお菓子 「母想ふ」

懐かしい白餡が入ったお菓子で
美味しかった( ・´ω`・ )

ここで 
ハタと気付いたんですょ

昨日も今日も

カフェに寄ってない!

・・・・別に寄らなきゃダメってわけでも
ないんですが(≡ω≡.)
慢性的にスイーツ不足だったんでした

これはイカン(・ω・ )

調達しに行きましょう

P1306961
ということで  車で数分の所にある

菓子工房「白い雲」さん 

ちなみにお部屋のお菓子も
こちらのなんでした。

カワイイお菓子屋さんですー

P1306962
山形純生サンド

これ絶対買おう(・ω・ )

P1306964
広い店内に ぎっしりスイーツ

小さなサイズのプリンや焼き菓子が
プチプライスでたくさんあります

P1306966
P1306967
P1306976
P1306972
P1306969
目移りしちゃって、、、、、、

連れもワタシもしばし 店内を徘徊

P1306981
圧倒的な 物量感( ・Д・)

夢中になり過ぎて
店内全体を撮るの忘れてました。。(≡人≡;)

凄かったなあ・・・・・
スイーツ好きには
パラダイスです

P1306987
どうにか欲望をセーブしつつ
お部屋へ帰還

色んな物を少しづつ食べられる
シアワセ。。。(*´艸`)

「一掴(ひとつかみ)」がなめらかな食感で。。。。
美味しいわあ。。。。。。(●´ω`●)

滞在中にちょこちょこつまんでたら
帰る頃には無くなってた( ̄▽ ̄;)

たまにはこういうのも良いですね~


次回は大浴場のご紹介ですー

【赤湯温泉 森の湯の基本情報・予約】





ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定☆〗

2015.1  赤湯温泉 森の湯 露天風呂付き客室 ①


山形旅行の2泊目のお宿は

「赤湯温泉 森の湯」さん

全13室

露天風呂付客室スタンダード和室がございます

今回は

露天付きのお部屋に宿泊です

P1306791
フツウに住宅街なので
通り過ぎそうだった
そして例によって車中からの
ズボラ写真でスミマセン

P1306825
P1306826
結構雪が降ってたんですが
スタッフさんが傘を持って
すぐ出てきてくれたんでした

ミニ除雪車がかわいい

P1306815
P1306824
P1306821
P1306822
建物の大きさの割に
ロビーはこぢんまり。。

選べる色浴衣があります。

コーヒーマシンもあって
セルフでいつでもいただけます
お部屋へ持っていっても良いそう

P1306819
ウェルカム昆布茶

渋いなあ。。( ´∀`)
寒かったので
ホッとしますね。。。。。。。

P1306828
大きな館内図が壁掛けになってます

迷う人が多いのかしら?

客室は枝分かれして
ほとんど離れになってるんですね~

下の方の小さな個室は食事処です。

平屋建てなんて、、、、、
東京もんからしたら贅沢・・・( ̄m ̄〃)

P1306829
フロントから まあまあ歩きます

平らだけど距離が長い( ´_ゝ`)

P1306830
お部屋は 「かざぐるま」

露天付客室はほとんど同じスペックで
和洋室+陶器の露天風呂
「わらべ」というお部屋だけ少し広めのようです。

P1306833
踏込

館内は全体的にシンプルなんですが
ちょっとした季節のお花が活けてあったりして
ほっこりさせてくれます

P1306843
主室

フローリングに 琉球畳

すっごくキレイですー.。゚+.(・∀・)゚+.゚

P1306848
寝室に続いてます

めんどくさがりのワタシ達には 
うってつけの配置

12帖+寝室、とありましたが
広々だわあ

P1306851
窓の外は 大量の雪。。。。。。

積もってますねえ(*´艸`)
これ以上降り続けたら窓が
埋まるんじゃなかろうか(。-∀-)

P1306845
P1306841
P1306912
P1306914
お茶セット   爪切り  
何故かソーイングセットもあった

思わぬ時に 重宝しそう( ´∀`)

P1306854
P1306855
P1306858
読書灯に 「みつを」的な言葉が(・ω・ )

仕切りのない空間で
少し寝室が肌寒かったんですが
主室と襖で仕切れたんでした

両方にエアコンがあるので
夜はしっかり暖かかったです

P1306991
P1306990
ちなみに  
こんな感じにぴったり窓を閉じて休みました
カーテンがなくても 無問題

P1306837
廊下に 水屋

冷蔵庫は空です 
(後で大量のスイーツが入る事になりましたが・・
その話は後ほど)

P1306838
大抵の物にテプラが貼ってあるんでした
見た目的にはアレですが、、、
わかりやすいのは間違いない( ´∀`)

P1306861
P1306862
クローゼットに 浴衣と足袋と羽織

P1306834
お手洗いも広々 & 暖房あり

P1306846
ロッキングチェアっぽくて
座り心地良い椅子なんでした

2つ置いてくれたら
もっとウレシイのだけど・・・・

ほとんどワタシが独占状態

P1306847
はらはらと 舞い落ちる雪を見ながら
しばしぼんやり・・・・(●´ω`●)


次回はお部屋の露天風呂のご紹介ですー

【赤湯温泉 森の湯の基本情報・予約】





ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定☆〗
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド