うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

箱根料理宿 弓庵 (箱根)

箱根料理宿 弓庵 朝食・感想 ④

箱根料理宿 弓庵 夕食③
箱根料理宿 弓庵 お部屋の露天風呂②
箱根料理宿 弓庵 露天風呂付客室①


朝食は8:00~9:00の間に行きます
ワタシ達は8:30に

P1010981 (Custom)
行ってみると   
椅子が横並びになってた

P1010982 (Custom)
窓からのサワヤカな眺めを
お二人で楽しめるように、って

こういう配慮が  
弓庵さんのスバラシイところですー

もともと対面より 
角×角や横並びが好きなので
朝から嬉しかったんでした

地下一階なんだけど
崖地に建ってるので景色が見えるわけです

P1010986 (Custom)
三島山麓野菜  柚子ドレッシング

シャキシャキのお野菜
生で食べられるトウモロコシが甘かった

P1010987 (Custom)
人参ジュース   仙石原黒納豆

黒たまごはわかるけど、、、、
納豆も黒いんですねえ

半熟の卵黄がのってます

P1010996 (Custom)
あ。 朝食もお品書きあったんだった

さすがに朝は筆文字ではなかったですー

P1010995 (Custom)
P1010999 (Custom)
ごはんは  長野の 「雪米」

契約農家があるのだそう

つややかで 上手く炊けてます

P1020004 (Custom)
見た目にインパクトあったコレ( ・Д・)

金目の味噌漬け   
ちょっと焼き過ぎたかしら?

下は 黒はんぺん

P1020002 (Custom)
フカヒレ茶碗蒸し

かなり大きな器

朝から豪華ですー

静岡の地養卵を使ってるそうで
立派なフカヒレの他に
百合根などが入ってます

出汁餡が 
泣きそうに美味しい

茶碗蒸しって
それほど好きでもなかったんですが
コレはまた食べたいわあ

P1010994 (Custom)
P1020008 (Custom)
しじみの味噌汁のお椀も 
どんぶり?
と見紛う巨大さ。

汁物をこよなく愛する連れは
嬉しそうでした

フカヒレ茶碗蒸しと味噌汁で
かなりお腹いっぱい

昨夜も食べたからなあ。。。。。。

P1020012 (Custom)
P1020014 (Custom)
スイーツ豆腐    
きな粉とベリーソース
でいただきます

そのままでも ほんのりした甘さがあって
なめらかなお豆腐

こういうデザート、好みですー


お部屋に戻って
再びゴロ寝と部屋風呂三昧

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●

チェックイン 15時 アウト  11時

本館のお部屋おまかせプランで
1人 31000円

ふるさと割クーポンを20000円分使えました
(箱根のふるさと割クーポンは大人気で、
配布開始5分で瞬殺どうにか1枚ゲット)

一度見送った宿だったので
どうかなー という気持ちで訪ねてみたんですが

とにかくお料理が口福・眼福の嵐で
スバラシイの一言

おこもり好き&お食事重視派さんは
気に入るのではないかなーと思います

帰りに別館3室を見学させてもらいました

インテリアのテイストは似通ってて
シックで重厚な感じ。

広くて それはそれはゴージャスでございました

room3-slide2









room3-slide3









room1-slide2









※お写真お借りしました

お風呂も 広々

「金時」のお部屋が一番好みだった

・・・・・・・・・めったな事がないかぎり、
泊まる事はない思うけど(≡ω≡.)
(お値段、倍ぐらいだもの)

別館はお食事も更にグレードアップするそうですー

そういえばコメントくださった宿ブロガーさん情報で
料理長さんがまた変わられたそう。

新料理長さんのお料理も
変わらぬクオリティを保ってるようなので
いずれ再訪したいです



いつもお付き合い、ありがとうございます(●´ω`●)


【箱根料理宿 弓庵の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ステキ温泉ブログがたくさん♪


箱根料理宿 弓庵 夕食 ③


夕食は18:00~19:00の間で選択
ワタシ達は間をとって18:30から

時間になると 例の携帯に電話をくれて
部屋まで迎えにきてくれます

P1010972 (Custom) (Custom)
P1010969 (Custom) (Custom)
食事処は 地下1階になるんですが
傾斜地に建てられてるので
普通に窓があって閉塞感はなし

広い個室ですー( ´∀`)
どっしりしたテーブルに
回転する椅子

この椅子、座面が広くて
肘置きもついてて
とっても快適だった

P1010895 (Custom) (Custom)
お品書き

達筆だけど、
ワタシでも何とか判読可能

いつもの懐石料理の流れと
少し違ったから
ペース配分に迷ったけど(←もちろんお酒のことです
詳細が書かれてるので
見ててわくわく

P1010901 (Custom) (Custom)

湯葉菜萩ムース  美味出汁

弓庵さんの料理は
器と盛り付けがお見事
彩もウツクシくて 
いちいちため息がでたんでした(*´ -`)

なめらかな舌触りのムースに
本当に「美味」なお出汁

P1010906 (Custom) (Custom)
蕪ら饅頭 清まし仕立て

柚子の良い香り
お出汁も上品ですー

松茸、南瓜のイチョウ、人参の紅葉
飾り包丁もお見事

P1010898 (Custom) (Custom)
P1010900 (Custom) (Custom)
日本酒とワインのメニュー

予想はしてたけど
なかなかいいお値段

P1010925 (Custom) (Custom)
P1010946 (Custom) (Custom)
最初に 瓶ビール 
後から日本酒 
いづみばし青ラベル   
まんさくの花

錫の酒器(右)が
手触り良くて好きです

P1010908 (Custom) (Custom)
造里   ふたり分です

平目 あおり烏賊 カンパチ

あおり烏賊が
すごくとろっとしてますー

P1010913 (Custom) (Custom)
土佐醤油に菊花でいただきました

菊花って 
美肌とか眼精疲労に良いと聞くけど
生のままでも効果あるのかしらねえ

わざわざ買わないので
お宿で出ると必ず食べます
口にいれると
ほんのり菊の香り

P1010914 (Custom) (Custom)
迫力の八寸  

P1010918 (Custom) (Custom)
ススキまで画面におさまらず
立って、引きで撮りました(;^ω^)

秋らしい お月見な八寸
でもまだ9月初旬だったので
ススキを入手するのが大変だったみたい

季節先取り献立は苦労がありますねえ。。

でもこういう盛り付けって
テンションあがりますー

盛り上がるワタシ達を見て
嬉しそうなスタッフさん

料理長さんはまだ40代半ばだそうで
「とっても愉快な方」なのだって

P1010926 (Custom) (Custom)
P1010928 (Custom) (Custom)
手前の杉板に乗ってるのが 

カマスの幽庵焼き 
サツマイモの千切り揚げ 
海老芋田楽 伏見唐辛子

黄色の器が 
柳松茸紅葉和え
 
ぴり辛です

右のお皿の奥から 
満月牛蒡  
月兎百合根  
子持ち鮎煮  
石垣金子
←むかごと雲丹の練り物

どれから食べようかな~
って迷う時間が楽しい

P1010935 (Custom) (Custom)
P1010944 (Custom) (Custom)
葉に包まれてたのは 
栗の赤ワイン煮

一つずつ 
お皿にとっていただきます

もう 何食べても美味しくて。。(●´ω`●)

P1010940 (Custom) (Custom)
甘鯛の飯蒸し

豊作を願ったお料理なのだそう
餅米がふわりとして
出汁餡とあいまって 至福

中に海老と甘鯛が入ってますー

P1010947 (Custom) (Custom)
黒毛和牛ヒレ朴葉焼き

P1010950 (Custom) (Custom)
P1010951 (Custom) (Custom)
牛ヒレの上に 
舞茸 平茸 丸茄子 

松の実とまったり濃い味噌が 
たまらん

赤ワイン投入

P1010955 (Custom) (Custom)
釜炊きご飯は  秋鮭菊花飯

イクラがのってます

P1010960 (Custom) (Custom)
鮭がごろごろ入ってる

赤出汁も一緒に出ます

炊き込みご飯大好き
でも
さすがにお腹くるしい

P1010963 (Custom) (Custom)
香の物  
これもすごく良いお味。

ちびちびと口に運ぶも
さすがに満腹なんでした

食べきれなかったご飯は
おにぎりにしてくれますー

P1010968 (Custom) (Custom)
焼芋プリン  柿の珈琲コンポート

柿とコーヒーがこんなに合うなんて!
不思議な組み合わせだけど
大人っぽいお味

柘榴の実が散らしてあった
とことん季節の食材を使いますねえ

文句なしの夕食でした(●´ω`●)
ぜひとも他の季節にも食べにきたいですー

よく食べる我々でも
「もう米粒ひとつはいらない」状態

P1010976 (Custom) (Custom)
お部屋へ戻って
しばし休んで
再びお風呂三昧

P1010974 (Custom) (Custom)
深夜には お腹もこなれて

しっかりお夜食いただいたんでした


次回の朝食・感想編でラストですー

【箱根料理宿 弓庵の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ステキ温泉ブログがたくさん♪


箱根料理宿 弓庵 お部屋の半露天風呂 ②


水回りや部屋風呂のご紹介ですー

P1010793 (Custom)
P1010796 (Custom)
P1010798 (Custom)
P1010799 (Custom)
illyのエスプレッソマシーン

コレかわいいデザインですよね

星野施設でも採用されてた気がする

しかし
最初は全く動かず
ウンともスンとも。。。。
そのうちエラーのサインが

スタッフのお姉さんを呼んだら
四苦八苦してました
どうやらよく故障するらしい(;^ω^)

普通にネスプレッソが
ベターかもしれません
カプセルの種類も多いしね。

P1010802 (Custom)
冷蔵庫の中には  
アイスマンゴーティー

コレ、南国マンゴーのフルーティーな香りで
美味しかった

湯上がりにゴクゴク飲んだんでした

後は水差しに冷水があるだけなので
飲みものは仕入れてからいらした方が良いですー

P1010891 (Custom) (Custom)
お茶セット   
もちろんポットもあります

P1010815 (Custom)
お部屋→洗面→半露天風呂  な造り

P1010834 (Custom)

P1010838 (Custom)
洗面     
ボウルと椅子の色が合ってる

金の蛇口がレトロですー

P1010839 (Custom)
P1010846 (Custom)
バスタオルが1人一枚だったんですが
夕食の時に交換してくれた

言えばいつでも交換してくれるようです

P1010856 (Custom)
半露天風呂    

小さく見えますが
入ってみると案外深くて広かった
2名でも余裕で入れます

チェックイン少し前に
源泉を張っておいてくれたので
激熱(源泉温度は70℃)

しばし冷まします(。-人-。) 。。

源泉100%に入りたいであろうと
配慮してくださったのねきっと(≡ω≡.)

単純泉ですが
すこーし硫黄の香り

P1010880 (Custom)
P1010870 (Custom)
調整は蛇口で簡単

シンプルに 源泉と水 が出ます

温度計があったので
常時40℃ぐらいになるよう蛇口を絞ったりして
なるべく加水しないよう入ったんでした

P1010884 (Custom)
P1010872 (Custom)
すごい勢いで注がれる源泉

冬季など うっかりさめちゃっても安心ですねー

P1010866 (Custom)
箱根連山を見ながら
ぼへーっと入ったんでした

すぐ下が結構な交通量の道路です
窓際で立ち上がると見えるかも?
わざわざ上向いてる人がいればですが

寒い時はガラス戸を閉めれば ほぼ内風呂に

P1010861 (Custom)
大浴場がないので
洗うのも全部ここ

完全露天だとつらいと思います
最近は 開閉できる窓のついた
半露天が一番好きですー

P1010863 (Custom)
P1010864 (Custom)
バスアメが2種類あった

オーガニックハーブ系で好みですー
良い香り

P1010849 (Custom)
P1010853 (Custom)
基礎コスメも同ブランドのと
使い切りタイプのもの

フェイシャルマスクもあって
なかなか楽しめたんでした

P1010842 (Custom)
そしてナノイオンスチーマー

わあい ゚+.(・∀・)゚+.゚
さっそく 寝室に移動させて
夜はしっとり肌に。。。。

P1010886 (Custom)
浴衣と 
ホテルにあるような薄手のナイトウエア 

足袋ソックス

食事処に行くほかは
部屋から出ないので充分です

ああでも
バスローブがあったら
もっと良かったかも


次回は 悶絶の夕食編ですー

【箱根料理宿 弓庵の基本情報・予約】


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ステキ温泉ブログがたくさん♪


2015.9 箱根料理宿 弓庵  露天風呂付き客室 ①


箱根は仙石原へやってまいりました

思えばこちらのお宿、
数年前に一度予約した事があるんですが
諸事情により
「きたの風茶寮」さんに差し替えたんでした

それでもやっぱり心に引っかかってたみたいで
数年越しの訪問が叶いました

P1010760 (Custom) (Custom)
「箱根料理宿 弓庵(きゅうあん)」さん

露天風呂付が全9室  (本館6室・別館3室)

丘陵地に
横長に建てられてます。

立派な門構え

車寄せがなくて
とりあえず門の前に車を置いたら
スタッフさんが飛んできて
荷物を運んでくれて
車も動かしてくれるとの事だったのだけど
道路に停めっぱなしなのはちょっと気になった

私道なのかなー?
他のゲストの車も数台道路に並んでた。

P1010742 (Custom) (Custom)

P1010740 (Custom) (Custom)
本館のエントランス

脇にフロントがあったけど
記帳も清算もお部屋で済ませました

P1010741 (Custom) (Custom)
P1010743 (Custom) (Custom)
小さなラウンジ

とっても眺めが良いですー( ´∀`)

弓庵さんには大浴場がないので
パブリックスペースはあまりなくて
お籠り系のお宿

館内は畳敷き

家具調度がどっしり落ち着いた色味で
サイトで見た感じより
高級感ありました

P1010749 (Custom) (Custom)
ラウンジの隣に ステチなバーが

でも クローズしてたっぽい

P1010748 (Custom) (Custom)
P1010755 (Custom) (Custom)
せっかく良さそうな雰囲気なのになー

P1010768 (Custom) (Custom)
P1010770 (Custom) (Custom)
2階にライブラリーもあった
蔵書は
おぢさま受けしそうなラインナップ

P1010892 (Custom)
今回は 
「本館のお部屋指定なしプラン」
で予約

本館6室の中で
一番狭い「小湧」を除いた
5室の中からの おまかせ

「小湧」は眺望もいまひとつなようなので
それを除いてくれてるのは 
優しいなーと思います

直前までどのお部屋かわからないのって
ワクワクしますー

案内されたのは 「大湧」 のお部屋

角部屋です

P1010772 (Custom) (Custom)
P1010781 (Custom) (Custom)
P1010804 (Custom) (Custom)
二面採光で  すごく明るい

主室が和室なので
ソファーや椅子はないんですが
食事処は椅子だったので
ワタシ達的には無問題

何より  開放感があるのが良いですー

P1010810 (Custom) (Custom)
P1010818 (Custom) (Custom)
P1010833 (Custom) (Custom)
バルコニーに出ると  
箱根の山並が一望

P1010736 (Custom) (Custom)
そんな中で  
ウェルカム生ビール
ですょ

なみなみと注がれてきたので
連れ、嬉しそうだった

P1010737 (Custom) (Custom)
もみじ最中の中は  抹茶アイス

意表をついてて良いですー

P1010782 (Custom) (Custom)
寝室

P1010792 (Custom) (Custom)
P1010788 (Custom) (Custom)
板の間ベッド   

テレビもあり
朝日が入らないので
ぐっすり眠れたんでした

どのお部屋も
寝室はこんな感じに窓がなくて
小さ目みたい

寝るだけなので充分ですー

P1010779 (Custom) (Custom)
お手洗い  玄関脇にあります

P1010827 (Custom) (Custom)
P1010826 (Custom) (Custom)
お部屋に電話はなくて
この携帯から連絡します

ちょっと変な感じだったけど
電話するとすぐ出てくれますー
持ち歩いてらっしゃるのでしょうね~(;^ω^)

この日は平日だったせいか
スタッフさんはワタシ達が接触した
男女2名のみでまわしてたんだと思う

2人とも 若いのだけど
人として好感の持てる方たち

会話のバリエーションが豊富で
食事のときもすごーく楽しかった


お籠り小規模宿は
スタッフさんの印象によって
だいぶ変わったりするので
意識の高い方がいると
ぐっと印象が上がりますねえ

鍵は1つですが
ほぼ出かけないので無問題

P1010829 (Custom) (Custom)
なんでだか 
京都の旅本がお部屋に

旅に来て 
旅の本読むのって結構楽しかったりします


次回にお部屋の露天風呂をご紹介しますー

【箱根料理宿 弓庵の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ステキ温泉ブログがたくさん♪


記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド